*All archives*



インド人シェフのレシピ 「チャパティ」と「ナン」
"インド家庭料理ラニ"のオーナーシェフのブログ、「インド人シェフのブログ」は、インド料理のレシピや作り方の動画がいろいろ載っている。

インド料理と言えばカレー。いつもココナッツミルク入りのタイカレーを作っているので、一緒に食べるナンも手作り。
インドでもナンが日常食なのかと思っていたら、ナンは、レストランで食べるか、テイクアウトで買ってくるものなんだそう。
家庭で普段食べるのは、北インドではチャパティ、南インドではライスが多いという。
インドのパンはベーカリーショップで見かけないけど、他にもいろいろ。
菓子パンの類ではなく、カレーやスパイシーな料理に合いそうなシンプルなパンが多い。
 「インドのパン」

タイカレーと一緒に良く食べるナンは、いつもホームベーカリーで生地を作って、後は手で成型。
最後に、ガスコンロのグリルでささっと焼けば、出来上がり。
ラニで作っているナンのレシピを見ると、牛乳と卵を使っていて、かなりリッチな生地。
Cookpadとかで良く見かけるレシピには、牛乳と卵を使っていないものが多い。ヨーグルト入りはたまに見かける。
これがインドで標準的なもの..というわけではなくて、コックさんやレストランによって、いろいろ違うらしい。
  ナンの作り方

強力粉を使っているのに、ベーキングパウダーと重曹を入れて、発酵させている。
いつもは、ドライイースト使っているんだけど...。
イーストなしでも「発酵」というらしい。
それにしても、発酵時間が長い。イーストを使っていないので、時間がかかるのかも。

ナンの三角形の形は日本特有。インドでは普通の円形。
いつどこで、三角形に変形したんだろう?

タンドールはインドでも家庭にはないものなので、ナンを焼くのはオーブンで。
ガスグリルでも条件つきで、そこそこ上手く焼けるという。
実際、ガスグリルで焼いているけど、そんなに悪い出来ではない。
オーブンは予熱するのが面倒だし、時間がかかるので、ガスグリルなら、予熱2分後、数分で焼きあがる。
自分で食べる分には、ガスグリルでも充分。

フライパンやオーブントースターで焼く..という方法もあるけれど、それは焼き上がりが悪いそうなので、NG。
ポップアップトースターしか持っていないので、試したことはないけど、ガスグリルの方がトーストでも美味しく焼ける。
  トースターで焼いたナン

いつもはプレーンなナンしか作っていないけれど、「ガーリックナン」や「レーズンナン」というのもあるらしい。
「ガーリックナン」は、プレ-ンナンの生地の上にガーリックのみじん切りをのせて、タンドールで焼く。
「レーズンナン」は、ナンの生地にココナッツとレーズンを入れて、タンドールで焼いた甘いデザート。
ナンの生地を油で揚げると「バトゥラ」というパンになる。


こちらは、チャパティ。発酵なしで良いので、とっても簡単。
ただし、普通の小麦粉ではなくて、全粒粉を使う。
チャパティなら、油を引かずにフランパンで焼いて大丈夫。
  チャパティの作り方
  チャパティの作り方(動画)

Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。