耳鳴り治療薬情報(6) 最近の研究開発トピックス 

2012, 07. 22 (Sun) 12:10

現在、研究・開発中の耳鳴治療薬としては、耳鳴り抑制作用があるといわれるGABA受容体の機能を亢進する薬や、すでに臨床試験段階にあるAM-101、TINAXなど。

----------------------------------------------------------------------------------------------
University of California, Berkeley
----------------------------------------------------------------------------------------------
Helen Wills Neuroscience Institute(ヘレン・ウィルズ神経科学研究所),Molecular and Cell Biology department at the University of California, Berkeley(カリフォルニア大学バークレー校分子細胞生物学部)
 「Tinnitus discovery could lead to new ways to stop the ringing」(UC Berkeley NewsCenter)
 「Homeostatic plasticity drives tinnitus perception in an animal model」(Proc Natl Acad Sci U S A. 2011 Sep 6;108(36):14974-9. Epub 2011 Sep 6.)
助成機関:American Tinnitus Association(米国耳鳴協会),National Institutes of Health’s National Institute on Deafness and other Communicative Disorders(米国国立聴覚・伝達障害研究所)

-耳鳴りは抑制性神経伝達物質であるGABAのレベル低下と関連しており、興奮性神経伝達物質のレベル変化とは関連性がない。
-難聴状態のラットを使った実験では、GABAのレベル上昇をもたらす2つの薬剤により、ラットの耳鳴りが消滅した。この薬剤は深刻な副作用があるため人間には適用できない。
-現在、GABAの作用亢進をもたらす薬剤研究のために、複数の研究助成を申請中。研究目的は、GABA受容体の作用亢進、GABAの合成促進、神経細胞周囲のGABAの再取り込み抑制、または、酵素分解の抑制作用を持つ薬剤のスクリーニングである。(研究者のなかには、難聴ラットの耳鳴り行動を測定する新技術の開発者も参加)


----------------------------------------------------------------------------------------------
University of Pittsburgh Schools of the Health Sciences
----------------------------------------------------------------------------------------------
UPMC/University of Pittsburgh Schools of the Health Sciences(ピッツバーグ大学医療センター/ピッツバーグ大学健康科学大学院)
 「Tinnitus Caused by Too Little Inhibition of Brain Auditory Circuits, Pitt-led Study Says」(April 18, 2011)
助成機関:National Institutes of Health(米国国立衛生研究所), U.S. Department of Defense(米国国防総省), American Tinnitus Association(米国耳鳴協会), Albert and Ellen Grass Faculty Award

-特定の興奮性および抑制性受容体を阻害する様々な薬を投与し、脳中枢の反応を実験。
-抑制性神経伝達物質GABAを生成する抑制経路をブロックすると、耳鳴り切片標本よりも中枢部の脳切片標本でDCN周囲の領域の反応が亢進した。(DCN:dorsal cochlear nucleus,背側蝸牛神経核。耳鳴り引き起こしている重要な聴覚中枢)
-これは、耳鳴り切片標本では、すでにDCN回路がdisinhibited(非抑制状態)、または、ブロックされている状態であることを意味している。通常の脳切片標本で可能なように、誘発反応を拡大するために抑制を阻害することがそれ以上できなかった。
-神経伝達物質グリセリンを介したもう一つの抑制性回路をブロックした時、また複数の興奮性経路をブロックした時には、両群の間で反応の違いはなかった。
-GABAを介した抑制活動を増大させる薬が、耳鳴りに効果的な治療につながるかもしれない。
-研究チームは、現在そのような薬物が何か特定しようとしている。


----------------------------------------------------------------------------------------------
備 考
----------------------------------------------------------------------------------------------
日本語訳は厳密な精度を期したものではありません。
正確な内容は英文原文をお読みください。