*All archives*



インプラント型聴覚器の概要(メモ)
"人工聴覚臓器による難聴治療" [虎の門病院 耳鼻咽喉科 聴覚センター]によると、中耳・内耳・聴神経ごとに、インプラント機器が開発・導入されている。

 中耳 - 埋め込み型骨伝導補聴器
 内耳 - 人工内耳
 聴神経 - 聴性脳幹インプラント


---------------------------------------------------------------------------------
人工内耳
---------------------------------------------------------------------------------
現在、日本で使われている人工内耳は、コクレア、アドバンスト・バイオニクス、メドエルの3社の製品。

日本コクレア
Nucleus 5 人工内耳システム
参考映像:映画『Sound and Fury 音のない世界で』
聾唖者のために生まれた最新技術、コクリア・インプラントが起こす波紋をとらえるドキュメンタリー。

株式会社 日本バイオニクス (米国アドバンスト・バイオニクス社の日本法人)
バイオニックイヤー 人工内耳システム

メドエル社
MAESTRO™人工内耳システム(メドエルジャパン ホームページ)
人工内耳とは(日本光電ホームページ)
日本光電、人工内耳システム「メドエル人工内耳PULSAR FLEXSOFT 電極・FLEX24 電極」」を発売[日経プレスリリース 2012/02/27]
「人工内耳友の会東海」勉強会でのメドエル社のプレゼンテーション内容[「きこえとことばの発達情報室」 by Dr.Toshihiro Kuroishi]


<関連情報>
高度難聴と人工内耳[京都大学]
新しい聴覚器機開発に関する研究[京都大学]
外部電源を要しない新しいタイプの人工聴覚器機(人工聴覚上皮)を開発。
新しく開発された人工聴覚上皮は、振動刺激を電気信号に変換できる薄い膜からなり、自然に耳から入った音響刺激が内耳に挿入された人工聴覚上皮を振動させ、電圧を発生させ、聴覚が再生する仕組み。

特集:失われた音を取り戻す~人工内耳25周年[時事ドットコム]

<参考サイト>
振り出し 難聴、そして人工内耳へ[ブログ]
-埋め込み型機器の種類・特徴に関する記事(1)(2)

---------------------------------------------------------------------------------
残存聴力活用型人工内耳
---------------------------------------------------------------------------------
残存聴力活用型人工内耳(EAS: Electric Acoustic Stimulation);人工内耳と補聴器の両方を同側で装着することにより、聞こえを改善していく新しい補聴システム。
米国ではハイブリット型人工内耳、欧州等ではEAS人工内耳と言われている。

侵襲の少ない人工内耳手術(信州大学医学部耳鼻咽喉科)
高度医療承認で人工内耳挿入術の自己負担を軽減:信州大学 [2010/08/13]

<関連論文>
 残存聴力活用型人工内耳(EAS:electric acoustic stimulation)を使用した一症例:人工内耳手術における残存聴力保存の試み(Otology Japan
Vol.20(2010) No.3 P151-155 )
(宇佐美 真一, 工 穣, 鈴木 伸嘉, 茂木 英明, 宮川 麻衣子, 西尾 信哉/信州大学医学部耳鼻咽喉科)
 人工聴覚器の将来 人工内耳~低侵襲, 残存聴力温存へ向けた新たな取り組み(日本耳鼻咽喉科学会会報 Vol. 114 (2011) No. 10 P 801-806 )
(岩崎 聡 , 茂木 英明 , 工 穣 , 宇佐美 真一/信州大学医学部附属病院、信州大学医学部耳鼻咽喉科)

<関連情報>
「残存聴力活用型人工内耳挿入術(高度医療整理番号007)」の有効性・安全性にかかる評価について(平成22年6月24 日、高度医療評価会議)

<各メーカーの製品紹介>
Electric Acoustic Stimulation in the 2nd Generation(メドエル社)
Cochlear Hybrid system(コクレア社)


---------------------------------------------------------------------------------
人工内耳に関する情報・ウェブサイト
---------------------------------------------------------------------------------
- 人工内耳の情報[「きこえとことばの発達情報室」 by Dr.Toshihiro Kuroishi]
- 人工内耳の歴史[arsvi.com]
- 人工内耳の歴史・関連資料[日本バイオニクス]
- 人工内耳友の会[ACITA]
- 自立支援法と健康保険適応について


---------------------------------------------------------------------------------
骨伝導補聴器(埋込型)
---------------------------------------------------------------------------------
骨伝導補聴器は、ヘッドバンド型と埋込型の2種類。
埋込型は、従来はコクレア社の「BAHA」しかなかったが、最近スウェーデンのOticon社も「The Ponto System」を開発・販売している。

BAHA
コクレア社のBAHA情報[米国ウェブサイト]
BAHA Network:BAHAユーザーのホームページ。BAHA関連情報が豊富。
「薬事承認」の情報:2011年3月に厚生労働省がBAHA補聴器を薬事承認(製造認可)。片耳難聴は適応対象外。健康保険は適用外。手術費用等で約90万円ほどかかる。

Ponto System
Oticon社のPonto System情報(英文ウェブサイト)
Oticon社が骨伝導補聴器「The Ponto System」を販売[BAHA Networkのニュース]


<関連情報>
埋め込み型の骨導補聴器 目立たず音質よく (北海道新聞、2011年5月18日)
最新の補聴器とその価格 補聴器相談医委嘱のための講習会(平成18年1月15日) (岡山)

<参考情報>
骨導補聴器に関する国内論文リスト[CiNii,国立情報学研究所(NII)] (45件、2012年5月3日検索)


[2012.6.11 追記:参考情報]
軟骨伝導補聴器
リオン(株)の5/31付けプレスリリースによれば、耳漏や外耳道閉鎖症の難聴者でも使用できる軟骨伝導補聴器の開発に成功した。
耳漏がある難聴者や外耳道閉鎖症の難聴者は、通常の気導補聴器を使用できないため、骨導補聴器やBAHAを使用しているが、使用上問題があるため、その代替品となる軟骨伝導補聴器を開発したもの。
共同研究者は、奈良県立医科大学耳鼻咽喉・頭頸部外科の細井裕司教授。
薬事未承認品のため、販売・授与は行っていない。


--------------------------------------------------------------------------------
人工中耳
---------------------------------------------------------------------------------
Envoy Medical 「Esteem」
中耳機能を代替する人工中耳(インプラント型補聴器)は現在、Envoy Medical社の「Esteem」のみ。

この人工中耳をインプラントした聴覚障害者の動画が紹介されている。
聴覚障害の女性、インプラントで初めて自分の声を聞く[ITmedia]

VSB(Vibrant Sound Bridge)
「VSB」は、欧州を中心に臨床応用が進められている新しい埋込型人工中耳。人工内耳と同様、体内部と体外部からなり、アブミ骨あるいは蝸牛窓に固定した振動子が振動することにより、内耳に直接振動を伝えることが可能。伝音難聴、混合難聴(感音難聴も含む)に適用可。(耳鼻咽喉科学会資料)

メドエル社のVSB広報用映像(Youtube)
VIBRANT SOUNDBRIDGE Middle Ear Implant System for Hearing Loss Video | MED-EL


<関連情報>
リオネット補聴器・人工中耳の解説<植込型補聴器>
   (リオン社の人工中耳は販売中止になっている)
人工中耳(植込型補聴器)[技術報告(リオン株式会社) 小林理研ニュースNo40_4]
人工中耳 (植込型補聴器) に関するアンケート調査(日本人工臓器学会会誌「人工臓器」第30巻別27冊)


---------------------------------------------------------------------------------
聴性脳幹インプラント
---------------------------------------------------------------------------------
聴性脳幹インプラント(PDF)[日本人工臓器学会]

<参考情報>
聴性脳幹インプラントに関する国内論文リスト[CiNii,国立情報学研究所(NII)](16件、2012年5月3日検索)

<参考サイト>
聴性脳幹インプラントの現状[ブログ:お散歩日和]


カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。