*All archives*



耳鳴り治療のための音響・音楽療法 (7) Serenity System™ therapy (アップデート版)
---------------------------------------------------------------------------------
Serenity System™ therapy
---------------------------------------------------------------------------------
米国テキサス大学のDr Michael Kilgardが提唱した治療法で、高周波の音と迷走神経への電気的刺激を併用し、聴覚皮質を耳鳴発生以前の正常な状態に戻すもの。

療法名の"Serenity System™ therapy"(正式にはSerenity Neurostimulation System therapy)は、専用デバイスを開発したmicrotransponder社が2012年3月に名づけたもの。

耳鳴り患者に朗報!? 脳をリブート(再起動)すると耳鳴りが解消する{日本語記事]
How high-pitched music could cure tinnitus by 're-booting' the brain[英語原文]
「足りない音信号を補完している脳の状態を、以前の耳鳴りのない正常な状態に戻すこと、つまり脳のリセットで耳鳴りの根本原因を取り除く」という治療法。
音響外傷により難聴となったラットの聴覚皮質を元の正常な状態に戻すという動物実験を実施。
無線の電極装置を首にある左側の迷走神経に外科手術でつなげ、迷走神経を電気的に刺激し、同時に高周波数の音を流す。

"Cure for Tinnitus Has a Nice Ring to It"[Washington Examinerの紹介記事]
記事中のほかの医師のコメントでは、"そもそもラットが耳鳴りを持っているかどうか自体が不明。人間の被験者に対する臨床試験の結果を見ないと何とも言えない、方向性は妥当"。

Dr Kilgardの論文"Externally Directed Neural Plasticity for the Treatment of Neurological Disease"
この療法の研究リーダーであるテキサス大学のDr Michael Kilgardの論文。
療法の原理とラットによる動物実験の結果などが記載されている。
-脳の奥深くに刺激を与える方法に代って、迷走神経を短時間刺激することにより、脳の可塑性を導き、聴覚皮質ニューロンの情報処理システムに信頼性の高い変化を引き起こすことができる。
-この変化の内容は、音刺激によって引き起こされる活動パターンに依存する。
-ラットを使った実験では、”Pairing rapid trains of sounds”が、耳鳴りとそれを引き起こしている病理学的可塑性を反転(reverse)させる効果があった。

microtransponder社のホームページ
米国のバイオテクノロジー企業microtransponder社(テキサス大学からのスピンアウト)は、この療法に使用する専用のスティミュレーターを開発。


-----------------------------------------------------------------------------
臨床試験
-----------------------------------------------------------------------------
臨床試験などの進捗状況は、microtransponder社CEO Will Rosellini氏のブログに掲載されている。

tinnitus-update 2011.9.19

sbirs-and-tinnitus 2011.11.8 
現在、ベルギーの臨床試験結果の要約作成中。
米国では最初の3ヶ所の臨床試験が完了。さらに次の臨床試験と器具の商業化プランを作成し、NIDCD(国立聴覚・伝達障害研究所)に助成金を申請予定。
9人の被験者の試験結果について、2012年に論文公表予定。

MicroTransponder’s Q1 2012 Newsletter 2012.3.29
臨床試験結果の一例が報告されている。
10人の被験者に対する臨床試験で、医学的観点から耳鳴が改善された。THQ(Tinnitus Handicap Questionnaire)による評価では、患者の70%が有意な耳鳴緩和を示した。
これは臨床試験のポジティブな結果の一つ。今年6月にベルギーで開催される"Tinnitus Research Initiative Conference"において、完全なデータをプレゼン予定。

MicroTransponder Presents Positive Tinnitus Clinical Trial Results at Tinnitus Research Institute Conference in Europe(Press Release,7/5/12)
Dr.Engineer が最近実施した調査では、耳鳴りが1/2に緩和するのであれば、調査対象患者のうち85%が永続的なインプラントが必要な侵襲性のある外科手術を希望すると回答した。

---------------------------------------------------------------------------------
進捗状況
---------------------------------------------------------------------------------
Tinnitus Awareness and Our $2M Investment Round 2011.12.1
microtransponder社は、同社が2012年に計画しているEUの臨床試験を実施するために、自ら資金調達する必要に迫られている。(NIHは、米国外での治験に対して助成は行わない。)
米国の臨床試験は、FDAの要求基準を同社が達成することが2012年中は不可能なため、2013年に願わくばNIHの助成を得て、実施することができる。
EUの臨床試験の結果により、ベンチャーキャピタル等が同社へ投資すると示唆しており、この投資が実現すれば、EUでの機器販売および米国でのより大規模な臨床試験実施が可能となる。
SECの規定により、資金調達のためには、10万ドルの投資家10人が必要である。

MicroTransponder’s Q1 2012 Newsletter 2012.3.29
- 今年6月にベルギーで開催される" Tinnitus Research Initiative Conference"において、臨床試験結果を報告予定。
- 昨年末から行っていた研究資金調達活動の終了も間近。これで臨床試験・商業化用に準備された完全なインプラント機器を使用して、臨床試験に集中できる見込み。


---------------------------------------------------------------------------------
備考
---------------------------------------------------------------------------------
医学的文献については、大意要約のため訳文の精度は高くはありません。
正確な内容については、英文原文で確認してください。

---------------------------------------------------------------------------------
更新履歴
---------------------------------------------------------------------------------
2012.4.20 改訂、臨床試験結果追加


tag : 音響・音楽療法

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。