*All archives*



カニーノ ~ バッハ/ヴァイオリンソナタ第6番BMV1019 第3楽章(ピアノ独奏)
バッハが作曲した6曲のヴァオリンソナタ集(BWV1014~1019)のうち、最後の第6番BWV1019が他のソナタと違うところは、5楽章構成で、珍しくも第3楽章が鍵盤楽器による独奏楽章になっている。
この独奏楽章は前半・後半に分かれていて、それぞれリピート指示がある。
チェンバロ演奏だと、リピートして2度目に弾くときは、かなり装飾音を使って凝った演奏をする人が多い。(ピノックの新盤ではそうはしていなかったけど)

数少ないピアノ伴奏(演奏)版の録音では、ブルーノ・カニーノが(チェンバロ奏者ほどに凝ってはいないけれど)リピート部では演奏を少し変えている。
カニーノがバッハを弾くときは、このヴァイオリンソナタ集の他の曲でも、ゴルトベルクのソロ録音でも、装飾音やアーティキュレーションに凝ったところがあって、(ラレードとデュオしているグールドを除いて)他のピアニストの録音では聴けない面白さがある。
今では廃盤になっているムローヴァ&カニーノ盤を探し回って手に入れたのは、カニーノのピアノが聴きたかったため。

カニーノがヴァイオリンとデュオしているときは、ヴァイオリンにぴったりとあわせて、音色も多彩で表情づけも細やか。
ちょっと穏やかなというか控え目な感じがしたけれど、ソロになると、開放されたように生き生きと動き回っている。
速いテンポでひたすら前へ前へと向かっていくような直線的なところはあるけれど、音質が軽めでタッチも歯切れ良く、きびきびとした躍動感がとても気持ちよい。(もう少ししっとりした叙情感のある方が好きだけど)

Bach. Sonata BWV 1019. Mov.3 Allegro (Bruno Canino, piano)




Bach: Sonatas for Violin & PianoBach: Sonatas for Violin & Piano
(1993/08/10)
Mullova,Canino

商品詳細を見る



<関連記事>
 ムローヴァ&カニーノ ~ バッハ/ヴァイオリンソナタ集
 バッハ/ヴァイオリンソナタ第6番第3楽章

tag : バッハ カニーノ

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。
Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。