*All archives*



”音楽耳鳴り”に関する概要と文献(2) 文献リスト改訂(2012年5月)
"音楽耳鳴り"の概要に関しては、過去記事「"音楽耳鳴り"に関する概要と文献(1)」を参照してください。

----------------------------------------------------------------------------------
"音楽耳鳴り"に関する文献リスト(2012年5月改訂版)
----------------------------------------------------------------------------------

音楽耳鳴り文献リスト[改訂版_20120511](更新日:2012年6月10日)



 音楽耳鳴り治療薬文献リスト[改訂版_20120511](更新日:2012年6月10日)


----------------------------------------------------------------------------------
改訂内容
----------------------------------------------------------------------------------

(1) Donepezilに関する臨床報告論文の追加
(2) Donepezilに関する既存論文の概要追記

Donepezil(ドネペジル)は、アルツハイマー型認知症進行抑制剤の一種で、アセチルコリン(認知機能の維持に関わる)を分解する酵素アセチルコリンエステラーゼの阻害薬。
日本のエーザイが開発し商品名「アリセプト」として販売されている。
ドネペジルを音楽型耳鳴(Musical Hllucinaion:MH)の治療に使った臨床研究報告は数少ない。

(1)新規論文(抄録なし)
 Successful treatment of musical hallucinations with the acetylcholinesterase inhibitor. 
(アセチルコリンエステラーゼ阻害薬投与による音楽幻聴治療の成功)
J Clin Psychopharmacol. 2012 Jun;32(3):422-4.
Zilles D, Zerr I, Wedekind D./Department of Psychiatry and Psychotherapy Georg-August University Goettingen, Germany


(2)既存論文の概要修正・追記
 "Donepezil in the treatment of musical hallucinations."[論文全文(PDF)]
UKAI,et al. /Psychiatry and Clinical Neurosciences (2007), 61, 190–192

-82歳の高齢女性で難聴があり補聴器を装着。MHが突然発症し、薬物療法を行う。
-当初は投与したのは、etizolam,nicergoline,fluvoxamine、さらに、carbamazepine。
-carbamazepine投与後、MHはいくぶん低減したが、消滅はせず。
-その後、antidepressant (fluvoxamine,milnacipran,paroxetineのいずれか)、anticonvulsant(carbamazepine またはvalproic acid)の組み合わせを変えていき、徐々にMHが低減。
-ただし、この変化は薬物療法による効果というよりも、患者の身体状況の自然な変化が原因のようだという評価。
-その後、再びMHが大きくなってきたため、etizolam, nicergoline,milnacipran,donepezilを投与し、MHが低減。この薬物療法を続けることで、その後症状に大きな変化はなかった。
-donepezilの投与がMH低減に最も効果があったが、donepezil単独投与の場合もMHが低減したかどうかはわからない。


(3)「アリセプト」に関する参考情報
アリセプトの話 [医療のトピック] (六号通り診療所所長のブログ)
認知症の治療とアリセプトの位置付けについての一考察 [科学検証] (同上)
アリセプトのジェネリック (kyupinの日記 気が向けば更新 (精神科医のブログ))


----------------------------------------------------------------------------------
リスト更新履歴
----------------------------------------------------------------------------------
2011/6/12 暫定版アップロード
2011/6/13 修正版アップロード(文献追加、記載内容の追記・訂正)
2011/6/18 確定版アップロード(文献追加、記載内容の追記・訂正)、参考資料アップロード
2012/6/10 文献リストおよび治療薬文献リスト(PDFファイル)を改訂


----------------------------------------------------------------------------------
備考
----------------------------------------------------------------------------------
記事本文および作成したリスト類は個人的な参考資料として作成したものであり、その内容・翻訳文・要約文・医学用語等については、厳密な正確さを期したものではありません。
この記事およびリストを参考にされる場合は、必ずご自身で論文原文・原典もお読みください。

tag : 音楽耳鳴り

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。