*All archives*



”6th International Conference on Tinnitus (TRI 2012)”
"6th International Conference on Tinnitus"(6th Tinnitus Research Initiative (TRI)conference:TRI 2012)が、6月13日~16日にベルギーのBruge(仏語:ブリュージュ、オランダ:Brugge(ブルッヘ))で開催される。
会議のプログラムやPoster Sessionの概要が公式ホームページで公表されている。

 "TRI 2012"の公式ホームページ
 Scientific Program(概要):スケジュール、講演タイトル・講演者名、poster sessionの研究名・研究者名を記載
 Poster Session:分野別の研究結果(抄録)。Pathophysiology、Auditory and Cognitive sciences、Treatment、Functional Imgagingの分野に分かれている。(Posterとは研究概要をパネル(90×120cm)表示したもの)
 Program and Abstracts : Sixth International Conference on Tinnitus:会議中に行われた研究報告&Poster Sessionの抄録集


下記のリストは、治療法に関係する研究テーマを中心に、その一部をキーワード的にピックアップしたもの。
----------------------------------------------------------------------------------
講演(研究発表)
----------------------------------------------------------------------------------
<Treatment>
- 薬:Clonazepam(クロナゼパム)、L‐BACLOFEN(動物実験結果)、naltrexone(ナルトレキソン)、AM‐101
- サプリメント:イチョウ葉エキス(Ginkgo Biloba)、亜鉛(Zinc)
- drug‐loaded nanoparticles(薬を運ぶナノ粒子)
- (Transcutaneous) Vagus Nerve Stimulation((経皮)迷走神経刺激)、rTMS(反復経頭蓋磁気刺激)
- Virtual reality exposure therapy (バーチャルリアリティによる曝露療法)
  ※暴露療法:心的外傷(トラウマ)による恐怖の連想を無効化するために、安全な環境でトラウマ的体験を再体験する。
- Hyperbaric Oxygen Treatment (HBOT)(高圧酸素療法)

<Functional Imagingの研究対象(例)>
- fMRI、Resting‐state fMRI、diffusion tensor imaging(DTI:拡散テンソル撮像法)
- Neuromodulaiton(ニューロモジュレーション):rTMS、neurofeedback

<Auditory & Cognitive Changes>
- computerized selfadministered tinnitus measurement system(コンピュータによる自己管理式耳鳴評価システム)


----------------------------------------------------------------------------------
"Poster Session"
----------------------------------------------------------------------------------
<Treatment>
- 薬:amitriptyline(アミトリプチリン)、Cyclobenzaprine(シクロベンザプリン)、Memantine(メマンチン)(動物実験)
- Antioxidant(抗酸化剤):N-acetylcysteine(NAC)とmagnesium(マグネシウム)
- Nanotheranostics(ナノテラノスティクス)
※テラノスティクス:Therapy と Diagnostics を合わせた造語。治療方法を決定するための診断方法の開発を基軸としたビジネス戦略。
- Neuromodulation(ニューロモジュレーション)
- Transcranial direct current stimulation (tDCS)(経頭蓋直流刺激)
- rTMS(反復経頭蓋磁気刺激):Multisite(多部位)、bilateral(両側)
- Acoustic CR neuromodulation(coordinated reset (CR) neuromodulation)

- インターネットベースの音響療法(IBST))
- TRT療法:音の種類やカウンセリング方式(個人カウンセリングとグループカウンセリング)の違いによる効果の差
- 周波数判別トレーニング(frequency discrimination training)
- 耳鳴マスカー
- ReSound Live TS combination(サウンドジェレネーター付き補聴器)
- “TAILOR-MADE NOTCHED MUSIC TRAINING (TMNMT)”とtDCSとの複合療法(下記に要約)

P48. Combining “TAILOR-MADE NOTCHED MUSIC TRAINING (TMNMT)” with left auditory cortex tDCS: an explorative study
(Teismann H., Wollbrink A., Okamoto H., Pantev C.)
短期型"Tailor-made notched music training"とtDCS(経頭蓋直流刺激)との複合療法により、耳鳴緩和効果があった。
tDCSが"脳の可塑性への扉を開く"という前提に基づき、 短期型TMNMTの治療効果向上のためtDCSも実施。
TMNMT療法コース:トーナル(Tonal)型慢性耳鳴りの被験者30人に対して、10日連続で1日あたり2.5時間、合計25時間。
tDCS:TMNMTコースの当初5日間、治療用音楽を聴いている最初の30分間に、左聴覚野に対してtDCS実施。(anodal、cathodal、shamの被験者は各10人、電流の強さ:2mA)


<Functional Imaging>
- PET studies、fMRI study、qEEG analysis
- 聴性定常反応(ASSR)

<Pathophysiology>
- biomarker(plasma BDNF):耳鳴の客観的評価指標としてのバイオマーカー
  ※BDNF:Brain derived neurotrophic factor


----------------------------------------------------------------------------------
備考
---------------------------------------------------------------------------------
日本語訳は、英文情報を抜粋、要約、編集したものです。
正確な内容については、リンク先の原文情報をご確認ください。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。