*All archives*



『アシュトンマニュアル』日本語版、ウェブサイトで無料公開
英国のニューカッスル大学神経科学研究所ヘザー・アシュトン教授が著した『アシュトンマニュアル』は、ベンゾジアゼピンの作用、副作用、離脱症状、減薬法などをまとめた本。
英語など10カ国語のマニュアル全文が、”benzo.org.uk”のウェブサイトで公開されている。
今月8月19日には、日本語版(PDFファイル)が同サイト内で新たに無料公開された。
この日本語版は、ベンゾジアゼピンの常用量依存で苦しんだ経験のある患者さん2人が、ボランティアで日本語への翻訳作業を行い、2人の医学専門家(神経内科、神経生理)が医学監修している。


『アシュトンマニュアル』日本語版(PDF)
 『ベンゾジアゼピン - それはどのように作用し、離脱するにはどうすればよいか』(通称アシュトンマニュアル)(ヘザー・アシュトン教授 (DM, FRCP)2002年8月改訂) ※「補遺」も含む。

<関連記事>
「抗不安・睡眠薬依存(8)マニュアル公開記念・アシュトン教授に聞いた」[佐藤記者の「精神医療ルネサンス」/yomiDr.(ヨミドクター)]
記事中で、離脱を目指す際の注意事項について、アシュトン教授が6項目あげている。


<参考記事>
『アシュトンマニュアル』の日本語版公開に関しては、読売ONLINEの「yomiDr.(ヨミドクター)」の下記の連載記事”佐藤記者の「精神医療ルネサンス」”で告知されていた。
抗不安薬・睡眠薬依存… 離脱症状減らす『やめ方』
抗不安・睡眠薬依存(2)ベンゾジアゼピンの害

<追記 2012.10.10>
抗不安・睡眠薬依存(9)うつ病学会も漫然処方批判
- 日本うつ病学会の「大うつ病治療ガイドライン」でも、ベンゾジアゼピンの漫然投与を戒める記述が何か所も盛り込まれた。
-「大うつ病治療ガイドライン」のなかに「抗うつ薬とBZDの併用は治療初期4週までは脱落率を低下させるなど有用性がある」と記載されている。執筆者の一人の解説によると、この文章の意味は、「4週までは有用性があるというのは、それ以上は有用性がないということ。そう読んで欲しい」。


<追記 2012.11.13/参考ブログ記事>
”読売新聞 抗不安薬依存の記事” [化け猫ゼロと、メンヘラおかん]
”読売新聞 ベンゾジアゼピン系のネガキャン?” [双極性障害ブログ]
”「抗不安薬依存  深刻」に・・アシュトンマニュアル・ベンゾジアゼピン系薬剤” [なんとか「gooブログ」やっております]

<追記 2014.6.4>
向精神薬 多剤処方を制限…診療報酬認めず[2014/2/18,日経メディカル]
NEWS◎2014年度診療報酬改定 向精神薬の多剤処方は厳しく規制へ [2014年3月7日,読売新聞/yomiDr.]



『アシュトンマニュアル』英語版
 ”Benzodiazepines: How They Work & How to Withdraw ”(aka The Ashton Manual)(著者:Professor C Heather Ashton DM, FRCP,2002年8月改訂)
 ”Benzodiazepines: How They Work & How to Withdraw (2002)”への補遺(2011年4月7日)

<関連記事>
冨高辰一郎 『なぜうつ病の人が増えたのか』 
日本うつ病学会が公表した国内初の「うつ病治療ガイドライン」


カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。