*All archives*



グリーグ/チェロソナタ
アルフレッド・パールのディスコグラフィをチェックしていてたまたま見つけたのが、グリーグの《チェロソナタイ短調 Op.36》。
カップリングは、ラフマニノフの《チェロソナタ》。
グリーグはピアノ協奏曲以外はほとんど聴かないので、ピアノ作品でさえどういう曲があるのか、《叙情小曲集》以外はわからない。

グリーグが書いたチェロソナタは1曲のみ。(ヴァイオリンソナタは数曲書いている)
グリーグとラフマニノフというのは、作風が全然違うというイメージがあるけれど、グリーグのチェロソナタを聴いてみると、第1楽章と第3楽章の急速部分はかなりラフマニノフ風。
ロシア音楽のような粘着性のあるパッションではなくて、もっとストレートで後味すっきり。(ラフマニノフもあまり聴かないので、この印象はもしかしたら違うかも..)
ピアノ伴奏のヴィルトオーソ的なパッセージがとても華やか。
疾風怒涛の如くテンションが高くて、激しさが静けさと頻繁に交代し、ほの暗い情熱が燃え立つようなロマンティシズム溢れる曲。

第1楽章Allegro agitato
主題部分でピアノが和音で弾いている旋律は、一度聴くと記憶にしっかり残るようなとってもパッショネイトな旋律。
まるでラフマニノフの曲のように思えてきて、ラフマニノフのチェロソナタとこんがらがってしまった。
突然静まりかえったアダージョ風な第2主題になると、これはラフマニノフの世界とは違って、北欧の明るく透明感のある清々しい叙情感が漂っている。

楽譜を見ないで聴いていたので、中間部に入るところが少しわかりにくい。
最初は比較的テンションを抑えてほの暗い叙情感のある旋律だったのに、徐々にパッショネイトになっては、テンションが再び下がって、また激しさを増していき、再現部へ。
緩急・静動の差が激しく、それがたびたび(ときに突如として)交代する。
動的な部分は情熱を叩きつけるように激しい曲だったのに、緩徐部分になると全く雰囲気が変わって、大らかで伸びやか。
曲のところどころでピアノ協奏曲に出てきたような旋律(ピアノのアルベジオ伴奏とか)が聴こえてくる。

Grieg Cello Sonata Opus 36 Rostropovich Richter 1. Movement



第2楽章 Andante molto tranquillo
冒頭主題は、北欧の寒い夜に、暖かい家のなかでゆったりとくつろいでいるようなのどかさと静けさがある。
窓の外ではしんしんと雪が降っているような旋律のピアノ伴奏。と思っていたら、途中で感情が昂ぶったように激しくなる。

Grieg Cello Sonata Opus 36 Rostropovich Richter 2. Movement



第3楽章Allegro
第3楽章は序奏付き。主題に入ると、第1楽章のようにテンション高く、疾走感のある舞曲的な旋律。
馬が疾走するようにリズミカルで躍動的。ラフマニノフの《チェロ・ソナタ》や《パガニーニ狂詩曲》を連想するような雰囲気がある。
Allegroの最終楽章にしては緩徐部分がかなり多く、そこでは穏やかに始まるけれど、徐々にパッショネイトになっていく。
旋律自体はあまりメロディアスではなく、一気に疾走するかと思うと、急にテンポが変わって穏やかになったりする。(このチェロソナタはどの楽章もそういうところがある)

Grieg Cello Sonata Opus 36 Rostropovich Richter 3. Movement


tag : グリーグ リヒテル

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。
Secret
(非公開コメント受付中)

グリーグのチェロソナタを、アルゲリツチのピアノ・マイスキーのチェロで試聴していて、3楽章が見つからず、こちらにたどり着きました♫ そうしましたらナント! ロストロポーヴィチとリヒテルという、まさに鬼に金棒のような組み合わせの演奏じゃございませんか^^ なんて素敵な^^
アルゲリッチのピアノも素敵で、迫力―満点でしたが、こちらも凄い^^ うれしい記事、ありがとうございました^^
 
mimiha様、こんばんは。

このチェロソナタは、まるでラフマニノフを聴いている気分になります。
アルゲリツチ&マイスキーは聴いたことがありませんが、ロストロポーヴィチ&リヒテルの演奏はいいですね。
記事がお役に立てて何よりです。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。