手作りイングリッシュマフィンとコーンミールのレシピ 

2012, 11. 14 (Wed) 12:30

----------------------------------------------------------------------------------------------
手作りイングリッシュマフィンのレシピ
----------------------------------------------------------------------------------------------
成形パンは発酵させるのが面倒なので、たまにベーグル、フォカッチャ、ナン(それにピザ)を作るくらい。
500gパッケージのコーンミールがたくさん残っているので、初めてイングリッシュマフィンを作ることに。
レシピを探してみると、大判焼(「今川焼」とも言う)のような、厚みのある円盤状にオーブンで焼き上げるには、普通はセルクルを使う。
セルクルを持っていない場合は、手作りの型を使ったり、オーブンではなくフライパンで焼いたりと、作り方もいろいろ。

★型も手作りHBイングリッシュマフィン★[Cookpad]
図画工作は昔から好きではないので、セルクルを手づくりするのはパス。

❤イングリッシュマフィン❤セルクル不要〰 [Cookpad]
以前使っていたオーブンレンジ用の天板は、今のオーブンには大きすぎて入らないので、この方法は無理。

フライパンで出来るパン!イングリッシュマフィン。[大変!!この料理簡単すぎかも... ☆★ 3STEP COOKING ★☆]
イングリッシュマフィン[おうちパン職人!vivianの手づくりパンレッスン♪]
セルクル・上置き天板なしで、フライパンで焼く方法が簡単。


フライパンで焼くのは簡単。コーンミールをまぶして焼いたので、市販のイングリッシュマフィン風。
ただし、火が強いと底面だけが焦げやすいので要注意。弱火でゆっくり火を通さないと、表面は速く焼き色がついても、中身までよく焼けていなかったりする。
それに、焼いているときにヘラで生地を平たく押し付けすぎると、ふんわり感がもう一つ。

もう少しもちもち感を出したいので、次回は米粉を少し混ぜてみようかと。
Pascoの超熟イングリッシュマフィンの原材料表示を見ると、米粉が入っていた。
ベーグルと同じく、作るのはとっても簡単。配合や焼き方を改良したら、市販のイングリッシュマフィンにかなり近づけそう。

今回使った強力粉は、初めて買った北海道産小麦粉「ゆめちからブレンド」(江別製粉)
タンパク質14%という国産小麦粉初の最強力粉(超強力粉)で、よく膨らむので薄中力粉「きたほなみ」がブレンドされている。
実際、ライ麦食パンを焼いても、ふわふわもちもち食感が出て、加水も輸入小麦と変わりなくて、とても扱いやすい粉。
あまりボリュームを出さないイングリッシュマフィンを焼いても、もちもち。
「北海道からのめぐみ」という楽天ショップで買った「ゆめちからブレンド」は2.5kg680円とかなり安い。
国産小麦粉の価格は銘柄やショップによっても違うけれど、2.5kgで800円~1000円くらい。
粉の味自体はあまりしないけれど、他の粉ともブレンドしやすいし、価格も輸入小麦並に手頃なので、使いやすくはある。
もっと味わいが強い国産小麦粉を使いたい時は、やっぱり「キタノカオリ」か「はるゆたかブレンド」で。



----------------------------------------------------------------------------------------------
コーンミールを使ったレシピ
----------------------------------------------------------------------------------------------
コーンミールをイングリッシュマフィンに使うだけでは、なかなか減らない。
ホームベーカリーでコーンミール入り食パンを焼くのも、月に1回あるかないか。
このコーンミールの使い道を考えてみても、コーンブレッド、パンケーキ、トルティーヤ、トルティーヤチップスくらい。

コーンブレッドとパンケーキを焼くときは、水分にココナッツミルクを混ぜると、味にコクが出てとっても美味しい。
トルティーヤとチップスは、コーンミール100%だと熱湯を使ってもまとめるのが難しいので、小麦粉を半分混ぜると扱いやすい。

 コーンミール湯種食パン
熱湯で湯種にしたコーンミールを入れると、さくさくしたコーンミール食パンと違って、もちもち感とほんのりした甘みが出て、定番の食パンにしたいくらい美味しい。
水分の一部をココナッツミルクに代えるか、ココナッツパウダーを入れると、ちょっとクリーミーな食感になる。

 ノース・コーンブレッド

 ハワイ流☆パニオロ・コーンブレッド  (ココナッツミルク使用)

 コーンミールパンケーキ
普通のパンケーキとはかなり違った風味で、とっても香ばしい。



 コーントルティーヤ de メキシカン
(参考レシピ)コーンミールを使わず強力粉だけで焼いた”柔らか☆トルティーヤ”
 
 コーンチップの作り方(カリフォルニアのばあさんブログ)
小麦粉とコーンミールを同量で作ったコーンチップは、塩味とコーンの味がほんのり、薄いのでパリパリ食感。これはかなり美味しい。油で揚げていないのでヘルシーなところが◎。



レシピを探していて見つけたのが、イタリアの伝統食「ポレンタ」。どんな味がするんだろう?一度作ってみよう。

 ポレンタ(伊polenta) [フレンチとイタリアン]
マッシュポテトのように、焼いたソーセージや煮込み料理の付け合せに。冷えて固まったポレンタをバター焼きにしたり、揚げたりすると美味しい。

 イタリア人もビックリ!?レンジでポレンタ[大変!!この料理簡単すぎかも...]
数十分や1時間も鍋でぐつぐつ煮るのが面倒な人は、電子レンジで。

タグ:ホームベーカリー

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。

0 Comments

Leave a comment