ブラームス/ハイドンの主題による変奏曲(2台のピアノ版) 

2012, 02. 20 (Mon) 18:00

ブラームスの《ハイドンの主題による変奏曲》は管弦楽曲とばかり思っていたけれど、2台のピアノ版の方が先に作曲されている。
ブラームスは交響曲や協奏曲を作曲するときに、先に2台のピアノ版を書いて、小さな集まりで試演して反応を確かめていたことも多い。

《大学祝典序曲》と《悲劇的序曲》は好きな曲なのでよく聴いていたけれど、《ハイドンの主題による変奏曲》はCDはいくつも持っているのに、あまり記憶に残っていない。
2台のピアノ版は室内楽的な曲でちょっと地味かも。とてもシンプルな響きで、旋律も和声も明瞭。ピアノの柔らかい音色でちょっと女性的な優しげな雰囲気。オケにような色彩感はいけれど、曲の骨格がよくわかる。

Duo KONTARSKY @ BRAHMS Haydn Variations Op.56b - 1978




こちらは管弦楽曲版(アバド指揮ベルリンフィル)
Johannes Brahms - Variations on a Theme of Haydn for orchestra Op. 56a



タグ:ブラームス

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。

0 Comments

Leave a comment