*All archives*



ジャン・フランチェスコ・マリピエロのピアノ作品
ブログ<Le plaisir de la musique 音楽の歓び>の記事”マリピエロへの興味が再燃”で、紹介されていたジャン・フランチェスコ・マリピエ(Gian Francesco Malipiero,1882-1973)。
イタリアの現代音楽というと、レスピーギやノーノくらいしか聴いた記憶がなく、マリピエロは名前も知らず。

マリピエロのプロフィール・作品リスト・CD評[知られざる近代の名匠たち]

管弦楽曲が多く、ピアノ作品はそれほど多くはないけれど、ピアノ協奏曲は第1番~第6番、ピアノ独奏曲も10曲くらいはありそう。
ジーノ・ゴリーニのピアノ独奏曲のCD評では、「モンポウ風」で「少ない音数と無窮動的なリズムと,北欧的な冷たい和声,素朴で飾らないメロディ」。あまり好きな作風ではないかも。

Youtubeにピアノ曲の音源がいくつか登録されている。
ピアノソロはたしかにモンポウに似ている。
《Preludio autunnale No.1 》は温度感の冷たいクールで硬質な質感、静寂で内省的な雰囲気の曲は現代音楽にしてはとても聴きやすい。東洋風のエキゾチズムもそこはかとなく漂っている気がする。
作風が変遷しているらしいので、モンポウ風ではない曲もある。
《Risonanze》の終盤は、現代音楽的な厳めしさと幾分前衛的で無調的な荒々しさ。どちらかというと、こういう作風の方が面白い。
1968年の作品《5 Studi per domani》になると、モンポウ風のところは消えて、アルバン・ベルクの濃密な情念を稀薄にして、とても快活にした曲といった感じ。
モチーフが変幻自在に移り変わって練習曲とは思えないようなところが面白い。

独奏曲とピアノ協奏曲をいくつか聴いてみた限りでは、モンポウ、ラヴェル、レスピーギ、ブロッホを連想させるような音楽と、いかにも現代音楽的な無調的な音楽とが混在しているところがあり、特に後年になると無調的な部分が強くなっている。
作風・作曲年代に関わらず、どの曲も自然にすっと耳に入ってくるので、マリピエロとは相性が良いらしい。


Preludio autunnale No.1 (1914年)

Gian Francesco Malipiero: Preludio autunnale No.1 (1914) (Victoria Terekiev, pianoforte)



Risonanze(1918)

Gian Francesco Malipiero: Risonanze/相貌, per pianoforte (1918年) (Daniele Lombardi, pianoforte)



5 Studi per domani

G. F. MALIPIERO - 5 Studi per domani/明日への5つの練習曲(1959年)Gino Gorini, piano.




ピアノ協奏曲第3番(1948年)
第1楽章Allegro:古典主義風。ブロッホの《コンチェルトグロッソ》に似ているし、レスピーギの《ミクソリディア旋法のピアノ協奏曲》も少し連想する。
第2楽章Lento:180度作風が変わり無調的で、暗く不安げな雰囲気が融合したような曲。中盤になると、《ミクソリディア旋法のピアノ協奏曲》風な典雅な雰囲気に。
第3楽章Allegro agitato:前半の方は古典主義的なブロッホ風。ピアノの旋律は色彩感がカラフルで響きは綺麗。印象に残るような歌謡性はなく、終盤はコラージュのように次から次へと旋律が舞うように切り替わっていく。ここはラヴェルのピアノ協奏曲に似た感じ。

G. F. MALIPIERO - Piano Concerto n. 3. Aldo Ciccolini, piano.




ピアノ協奏曲第6番(1964年)
第3番よりもずっと現代音楽的。第に第2楽章は無調的で重苦しいけれど、和声自体は美しいせいか、意外に聴きやすい。
この曲の第3楽章もラヴェルのピアノ協奏曲にちょっと似ている(特にエンディングの部分)。

Gian Francesco Malipiero: Concerto per pianoforte e orchestra n.6 (1964) (1/2)


Gian Francesco Malipiero: Concerto per pianoforte e orchestra n.6 (1964) (2/2)





『マリピエロ:ピアノ作品集』(Decca (UMO)/ASV)
Piano MusicPiano Music
(1995/07/18)
Sandro Ivo Bartoli

試聴ファイル

※甥の作曲家リッカルド・マリピエロのピアノ作品全集もリリースされている。(フルネームで確認しないと紛らわしい)


『マリピエロ:ピアノ協奏曲全集(第1番~第6番)』(Cpo Records)
マリピエロ:ピアノ協奏曲全集マリピエロ:ピアノ協奏曲全集
(2007/11/14)
Gian Francesco Malipiero,Sandro Ivo Bartoli,Saarbrücken Radio Symphony Orchestra

試聴ファイルなし


Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。