*All archives*



ベートーヴェン「葬送行進曲」 ~ 劇音楽『レオノーレ・プロハスカ』 と ピアノ・ソナタ第12番《葬送ソナタ》
私が持っていた数少ないアバドの録音のなかで、ちょっと珍しいのがベートーヴェンの『Incidental Music』(劇伴音楽)というCD。
すでに廃盤らしく、amazonのマーケットプレイスに出しておいたらすぐに買い手が見つかって、もう私の手元にはないけれど。

Beethoven;Incidental MusicBeethoven;Incidental Music
(1996/09/17)
Beethoven、Mcnair 他

試聴ファイルなし


このCD、全く買った覚えも聴いた覚えもなかったので、amazonに出す前にどんな曲なのかと思って聴いてみたら、《トルコ行進曲》や《葬送ソナタ》の聴きなれた旋律が流れてきた。
《トルコ行進曲》は、《「献堂式」のための音楽》の一曲。どうやら作曲する時間があまりなかったベートーヴェンが、《アテネの廃墟》を焼き直したものらしい。
《葬送ソナタ》の方は、《「レオノーレ・プロハスカ」のための音楽 WoO96》の一曲の「Funeral March」。
原曲は《ピアノ・ソナタ第12番(葬送ソナタ)》の第3楽章の「葬送行進曲」(副題”ある英雄の死を悼む葬送行進曲”)で、これを管弦楽曲版に編曲したもの。

ベートーヴェンの「葬送行進曲」というと、交響曲第3番《エロイカ》の第3楽章が有名だと思うけれど、私がすぐに思い浮かべるのは《葬送ソナタ》の方。
でも、どことなくエロイカの葬送行進曲と似ているところがあるので、時々どっちの旋律だったかこんがらがることも。


これは《レオノーレ・プロハスカ》の管弦楽曲版「葬送行進曲」
オケ演奏だと色彩感がカラフルでシンフォニックだし、葬送行進曲らしい荘厳さや哀感も強い。
ピアノ独奏で聴くのとは随分イメージが変わり、この管弦楽曲版は結構好き。(どちらかというと式典向きかも)

Ludwig van Beethoven - Funeral March from Leonore Prohaska WoO 96
Phyllis Bryn-Julsson, Soprano. Bach Society of Minnesota, David Laberge. Minnesota Orchestra, Stanislav Skrowaczewski.





こちらは原曲のピアノ・ソナタ第12番第3楽章「葬送行進曲」
演奏はアラウ(1960年代のスタジオ録音)。
このソナタは大好きだけれど、葬送行進曲だけは聴くのも弾くのも好きではないので、たいてい飛ばしている。
管弦楽曲版の後で改めて聴いてみると、ピアノのシンプルな音に、モノローグ的な淋しさと侘びしさが漂い、独りで心静かに英雄を偲んでいるような雰囲気がしてくる。
しんみりと心に染みてくるようなアラウのピアノを聴いて、ようやくこの曲の良さがわかってきた。
これがブレンデルの「葬送行進曲」となると、行進曲風に結構速いテンポでさらさらと弾いていくので、アラウのような情感深さはあまり感じない。(ブレンデルらしい弾き方ではあるとは思うけど)

Arrau - Beethoven sonata no.12 (III) - Marcia funebre sulla morte d`un Eroe




Brendel plays Beethoven Piano Sonata No.12, Op.26 (2/2)

tag : ベートーヴェン

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。
Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。