ドビュッシー/美しい夕暮れ 

2013, 07. 22 (Mon) 18:00

この暑苦しい夏の夕方は、疲れた一日にお別れするようにばら色に紅く染まった空がとても綺麗。
この夕暮れの風景にとても似合っていると思うのが、ドビュッシーの《美しい夕暮れ》。
蒸し暑い日中の疲れで気だるさを感じる夕暮れと、憂愁漂うこの曲の雰囲気とが妙にぴったり合っているような気がする。

美しい夕暮れ/歌詞[梅丘歌曲会館 詩と音楽]

Renne Fleming sings Beau Soir




この曲はヴァイオリン、チェロ、ヴィオラ(とピアノ伴奏)独奏用に編曲されている。
特に、ハイフェッツのヴァイオリン編曲版が有名。
このヴァイオリン編曲版は、歌詞がなくとも、憂いと儚さを帯びた原曲の雰囲気がよく出ていて、原曲の歌曲よりも好きかも。
Jansen - Debussy - Beau Soir





珍しくもピアノソロ編曲版があったけれど、この曲は弦楽器の演奏で聴いた方がずっと叙情深く感じる。
Debussy (arr. Berkowitz) "Beau Soir" - Eric Himy, piano (LIVE)



タグ:ドビュッシー

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。

2 Comments

Tea316  

美しい夕暮れ

蒸し暑い日が続くと、音楽で少しでも涼みたくなって、どの音楽が良いかな~と、色々あれこれ考えてしまいます。

私は歌曲のヴァージョンが一番好きです(単に歌曲好きだからかも・笑)。でもヴァイオリンも素敵ですよね。

私、フレミングはちょっと苦手なのです。You Tubeで他をちょっと聴いてみましたが、男声が歌う方が私は好きなように思います。

夕焼け空に蜩の鳴き声を聴きながら、この曲を聴くと、しばし暑さを忘れ去れそうです。

2013/07/23 (Tue) 08:04 | EDIT | REPLY |   

yoshimi  

疲れた一日の終わりに聴くと

Tea316さん、おはようございます。

紅に染まった夏の夕焼けには、1日の疲れが凝縮されて、ほんとうにお疲れさま~という気がしてきます。
この曲の気だるい雰囲気が、それにぴったり合っているせいか、ほっと一息つけます。

フレミングが特に好きというわけではなくて、女声好きなのと、たまたまYoutubeで再生回数が多かったので..。
歌曲は感情的なものがダイレクトに伝わってくるせいか、歌曲であっても、昔から楽器の編曲版の方が聴きやすいことが多いです。
特にヴァイオリンは人間の歌声のように抑揚がつけられるので、この曲の場合は、ピアノよりもイメージが膨らみやすいように感じました。

2013/07/23 (Tue) 09:33 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment