*All archives*



食べ物あれこれ ~ マルちゃん正麺<冷やし中華>、タニタ食堂の金芽米、焙煎丸大豆きな粉、大阪産(もん)名品
「マルちゃん正麺<冷やし中華>」

「マルちゃん正麺」の発売当初に試食した時には、インスタントラーメンにしては麺が美味しいかも..と思ったけれど、インスタントラーメンやカップ麺は今は食べなることがないので、買わないまま。
先日、とある人気料理ブログで、この「マルちゃん正麺(冷やし中華)」が、”驚きの旨さ”と絶賛されていた。
生麺みたいな麺と濃厚のタレがとても美味しいらしい。
このブロガーさんがそれほど美味しいというインスタント麺なら、一度食べてみようと思って、早速イオンで一袋だけ買ってきた。

晩ご飯に作ってみたけれど、ラーメンの方を試食した時と同じく、インスタント麺にしては生麺にかなり近い感じはする。
茹でるためのお湯は1リットル必要。
タレはかなり濃い味なので、私には塩気が多くてからい。
1食(乾麺は80g)366 kcalで、炭水化物(ほとんど糖質)が76.8g、塩分5.1g。
カロリー・糖質・塩分がこれだけ多いと、頻繁に食べるのは避けたくなる。
非常備蓄用にするとしても、茹でるお湯が1食1リットルも必要なので非常時には不向き。

作る手間は生麺もインスタント麺も同じだし、価格もあまり変わらない。(5食セットだと1食あたり単価は若干安いかも)
食べたい時に生麺を買ってきて、好みの味つけの自家製タレで食べれば良い気がする。

このブロガーさんのように、頻繁に食材の買出しに行けない辺鄙な場所に住んでいる場合は、これをストックしておけば、生麺風の冷麺がいつでも食べられるのは便利。
インスタントで生麺に近い冷麺を食べることができるなら、急病とかで料理ができない時の食料として、ストックしておいてもいいかも..。

調べてみると、「ラ王」も生麺タイプのインスタント冷麺を関東地区で限定販売中らしい。
「ラ王」のインスタントラーメン(冷麺以外のしょうゆ・塩・味噌味)はかなり美味しいという評判なので、この冷麺も一度食べてみたい気がしてきた。


マルちゃん 正麺 冷やし中華 5P×6個マルちゃん 正麺 冷やし中華 5P×6個
(2013/04/22)
マルちゃん

商品詳細を見る





「タニタ食堂の金芽米」

しばらく前から店頭にならんでいた「タニタの金芽米」。
ちょうど白米のストックがなくなったので、買ってみたところ、発芽玄米か胚芽米の親戚かと思っていたら、どちらかというとほとんど白米に近い胚芽米に似たお米だった。
炊いたご飯を試食した時は、味は甘みがあって美味しかったけど、やたらにベチャベチャしていた。
たまたま炊き方が悪かったせいかと思っていたけれど、自分で指定どおりの水加減で炊いてみると、やっぱりべちゃべちゃ。

こしひかりのような粘り気のあるお米はもともと好きではないので、なるべく粘り気の少ないお米を買って、さらに水加減を少なくしている。
それも、白米100%のご飯は食べないので、ビタバレー(押麦)と玄米(玄米、発芽玄米、特殊加工した玄米のどれか)を加えて、たまに五穀米や黒豆、小豆、緑豆なども加えたりして、とにかく食感がわりとしっかりした固めのご飯を食べるのが定番。
なので、「タニタの金芽米」もべちゃつくことなく、硬めに炊きたい。
お鍋(ル・クルーゼかストウブ)でご飯を炊いているので、いつも通り少なめの水加減-金芽米専用カップ1合(普通の計量カップで0.9合くらいに相当する)に対して、水180cc弱-まで減らして炊くと、ふっくらとお米が膨らんでもべちゃつくことなく、ちょうど良い柔らかさ。
金芽米、ちょっと大きい粒の押麦、ツブツブした食感の玄米の3つが混ざっていて、美味しい。
(お寿司の場合は、すし酢が絡みにくいので玄米は混ぜない)

「タニタの金芽米」は、0.9合のご飯でも、1合分のご飯並みの量に見える。
実際、ご飯粒はふっくら膨らんでいるので、いつも食べている白米(北海道産のきららやななつぼし、あきたこまち、きぬひかりなど)のご飯よりもご飯粒が大きく見える。

「金芽米」というのは、栄養価の高い胚芽の基底部と美味しく栄養機能に優れた亜糊粉層を残して、糠層だけを除去した無洗米。
無洗米は初めて買ったけれど、たしかに洗う手間が省けて便利。浸水も不要。(ただし、1時間くらい浸水させると、より美味しくなると説明に書いている)
栄養面から言えば、白米よりも栄養価が高く、玄米・発芽玄米よりは栄養価が低いのはわかるとして、胚芽米との比較データがあまり詳しくない。
一般的に言って、茶色いお米粒(胚芽米)の方が精製度は低いので栄養が高いはず。
多分「金芽米」を買う人は、白米がわりに使う人が多そうなので、胚芽米との比較データはあまり必要ないのかもしれない。

この「金芽米」が混ざったご飯を使って、ホームベーカリーでご飯パンを作ってみた。
生地はしっとりもちもち、甘みもかなりあって、この「金芽米」入りご飯パンはかなり美味しい。
お米パンもお米の種類によって、出来上がりが違ってくるというし、ご飯パンも同じようにご飯の粘り気とか甘みの違いによって、パンの焼きあがりもちょっと違ってくる。


金芽米とは[東洋ライス]
-従来の白米より1割少ないお米で、同じ量のご飯が炊き上がる。(なので、お米1袋4.5kgのパッケージで販売中)
-亜糊粉層(あこふんそう)は栄養価が高い。上質な甘味、旨味の元となる健康糖質を作る酵素が多く含まれる。白米に精米する時にヌカと一緒に除去されている部分。
-金色に見える胚芽の基底部一部分を「金芽(きんめ)」と命名。

【精米】タニタ食堂の金芽米 4.5kg (無洗米/ブレンド米)【精米】タニタ食堂の金芽米 4.5kg (無洗米/ブレンド米)
()
トーヨーライス

商品詳細を見る


東洋ライスの金芽米に自然治癒力向上成分[農業協同組合新聞]
香川大学医学部の稲川裕之准教授の研究グループによれば、金芽米には「自然免疫力活性化効果」があるという。
「金芽米の亜糊粉層には、優れた糖脂質(LPS)が多く含まれている。マクロファージ細胞は、体内の異物(死亡細胞や細菌、異物など)を貪食し排除する機能があり、免疫力や自然治癒力を向上させるが、そのマクロファージ細胞を活性化させるのが、糖脂質(LPS)だ」
亜糊粉層を露出含有している金芽米には、通常の精白米に比べ約5.9倍の糖脂質があり、マクロファージ細胞を活性化させる、脳組織のマクロファージは、アルツハイマーの原因であるアミロイドβを貪食除去する。
金芽米には生活習慣病、感染症、認知症、癌、アレルギーなどの疾患を予防し、治療する効果が期待される。

金芽米の生産・販売好調に推移
最近、急にお米の価格が安くなっている。そのわりにお米の売れ行きが芳しくない中で、高価格の金芽米(4.5kg2450円)は売れ行き好調。
金芽米はもともとトーヨーライスが開発・販売している無洗米。この金芽米を社員食堂用に採用しているタニタとタイアップして「タニタ食堂の金芽米」という商品名で発売したもの。ご飯パックも発売中。
タニタがオープンした一般向けの食堂”丸の内タニタ食堂”でも使われている。

[口コミ]タニタ食堂の金芽米を食べてみた[味は?][ダイエット廃人]



坂口製粉所の「焙煎丸大豆きな粉」

札幌のメーカー坂口製粉所が作っている北海道産大豆の「焙煎丸大豆きな粉」
郵便局の帰りに寄ってみたマックスバリュで見つけたもの。イオンとか近所のスーパーでは見かけたことがない。

北海道産大豆100%のきな粉にしては、価格はかなり安い。(1袋175g入で108円。メーカー直販オンラインショップで163円)
クリーンロースターで特殊熱風焙煎しているせいか、ミルキーな甘い風味で、さらさらと微細な軽い粉なので口どけもよくて、私の味覚から言えば、とっても美味しい。
他社のきな粉は、もっと濃い茶色っぽい色合で、かなり香ばしい風味の深煎りしたきな粉が多い。
それと比較すると、このきな粉はちょっと違っていて、色は白っぽくて、香ばしさは少ない。その代わり、牛乳のようなミルキーなまろやかな甘みがある。
焙煎方法に加えて、大豆の品種によって風味もそれぞれ違うのかもしれない。
ふりかけたり、混ぜたりするより、きな粉だけを食べると、独特のミルクのような甘い風味がよくわかる。

きな粉フリークの私は、このきな粉にすっかりはまってしまい、100gくらいはすぐに食べてしまう。
きな粉は「畑の肉」といわれるくらいに、栄養豊富。
きな粉をたくさん食べるようになってからは、指の爪にボー線が出ることも、指がささくれて荒れることも無くなった。重い貧血も多少は改善されているかも。
きな粉は100gあたりの糖質が15gと少ないので、おやつの甘味代わりに気兼ねなく食べられるのが良いところ。
悩ましいのは、カロリーが極めて高い点。100g当たりのカロリーが500kcal近い。
大豆製品のなかでも、乾燥・茹で大豆、豆腐、おからよりも重量あたりのカロリーが高く、主食の米・小麦粉(100gあたり350kcal程度)と比べても、はるかに高カロリー。
”過ぎたるは及ばざるが如し”と言うとおり、食べ過ぎには注意。


焙煎丸大豆きな粉 175g焙煎丸大豆きな粉 175g

坂口製粉所

商品詳細を見る


きな粉牛乳ブーム発祥の地 道産きな粉加工品で販路を開拓中




大阪の特産品(大阪産(もん)名品)

<大阪の特産品(大阪産(もん)名品)>は、大阪府が公開している特産品サイト「大阪産(もん)」の中でも、大阪の特産と認められる加工食品を紹介したもの。

大阪産(もん)名品事業者一覧(商品別)

今は食べていないけれど、昔よく買ったり食べたりしたものが結構ある。

今でもお料理に使う「上野焚黒糖」、お中元に度々いただいた「小倉屋山本」、昔は良く食べた「磯じまん」「都こんぶ」「満月ポン」(駄菓子屋さんで売っていた)、これも時々お土産にいただいた「銀装の青箱カステラ」は、懐かしい。

いずれも、このリストを見て、大阪の企業が作っていたものだと初めて知ったくらいに、メーカーのことは気にしていなかった、

絹笠「とん蝶」
ピクニックのお弁当によく買っていた「おこわ」。
国産餅米の白蒸しに、大豆、塩昆布、小梅を混ぜたもの。
普通の白蒸しと、七味唐辛子入りがある。最近は、黒豆入りもあるらしい。
この前、デパチカで見かけた時に、そういえば昔よく食べたなあと思い出した。

釣鐘屋「釣鐘まんじゅう」
祖父が戦死した長男(私の伯父)が奉られている四天王寺をお参りした帰りに、必ず買ってきてくれたのが、「釣鐘まんじゅう」と「釣鐘せんべい」。四天王寺の「釣鐘」を模した素朴なお菓子。

「蓬莱」
有名な(もしかして全国区?)豚まん、焼売、焼餃子、アイスキャンデーとか、時々買っていた。
今でも、デパチカのお店などで行列しているのをよく見かける。

Secret
(非公開コメント受付中)

残暑お見舞い申し上げます
マルちゃん正麺になんだか興味を持ちました。
わたしも『生麺タイプ』なら『生麺』を買えばいいんじゃないの?と思っていたのですが、
もしかしたらすごく美味しいのかな?試しに買ってみようと思いました。
ところでYoshimiさんの地域は冷やし中華にはマヨネーズを入れますか?
わたしは子供の頃から必ずたっぷり入れています。
この間会社で聞いたら上司に「福島でも浜の人だけだぞ」と言われました。
(@_@;)
ストック用冷麺に
Leaf Pie様、こんにちは。

お盆でお休みの方がわりと多いですね。
今日も暑そうなので、早朝の涼しい時に、往復数時間かけてお墓参りに行ってきました。

インスタント麺のストック用なら、『マルちゃん正麺』の冷やし中華は良いんじゃないかと思います。
マルちゃんは、生麺製品も出しているので、そちらを食べても良いような気がします。(どちらがより美味しいのかわかりませんが)

マヨネーズですか?私はマヨネーズはあまり使わないですし(サラダ巻き、おからサラダ、お好み焼きには使います)、他の人が冷やし中華をどうやって食べているのか、そういう話はしたことがないので、ちょっと私には謎です。
ご報告
『マルちゃん製麺』冷やし中華、食べました!
麺は…インスタントにしては頑張った感じ。研究されたんですねぇ。
でも、タレはしょっぱすぎでした。
ストック用に、実家で購入。
マヨネーズはわたしもあまり好きではないのですが、冷やし中華には入れないと!という感じなのです。
学生の頃、家庭科でマヨネーズ作りの試験があって
分離して失敗し、先生にこっぴどく怒られた苦い記憶をときどき思い出します。(ToT)/
わりと人気があるのかも
Leaf Pie 様、こんばんは。

「マルちゃん正麺」は、インスタントとしては◎なんでしょうね。
それに、生麺よりも多少お安いし、賞味期限をさほど気にしなくてすむのが便利です。
ストック用に5食パックを買おうとしたところ、人気があるのか、近所のスーパー数店では、このところずっと品切れです。
きな粉
おはようございます。

きな粉大好きです。
最近甘いものを控えるようにしているので、食べる機会は減ってきましたが…。
きな粉のおはぎが好きで、砂糖ぬきのきな粉で食べています。
最近は低カロリーバニラアイスに、きな粉をかけて食べるのがお気に入りです。
以前富沢商店で深煎りきな粉(うろ覚えですが)とかいうのを購入し、美味しかったです。

坂口製粉所のきな粉、マックスバリュに行ったときに探してみます!
ミルキーなきな粉です
Tea316さん、こんにちは。

きな粉、美味しいですよね!
私は、きな粉は何にもかけずにそのまま食べることが多いので、消費量がばかになりません...。
おはぎの場合は、粒あんに入れる砂糖を大幅にカットしているので、きな粉の方にはお砂糖混ぜてます。
地方によっては、普通のご飯にきな粉(地域によっては砂糖も)をそのままかけて食べるところもあるそうです。

アイスクリームは、たまに買うことがありますが、ほとんど簡単な自家製です。
ヨーグルトを、何も入れずに凍らせてフローズンヨーグルト風にしたり、お豆腐ときな粉(または熟れたバナナ、ココアパウダー)をフープロで混ぜて冷凍したお豆腐アイスが気に入ってます。
両方とも、カロリー・糖質ともわりと低いので、安心して食べれます。

富沢商店のきな粉は買ったことがないのですが、深炒りしたきな粉は風味が良くてとても香ばしいですね。
坂口製粉所のきな粉は深炒りしていないようなので、白っぽくてミルキーで、風味がかなり違うと思います。
お店によって取り扱いが違うかもしれませんが、お近くのマックスバリュで見つかると良いですね。
一年越しに
こんにちは。
マルちゃん正麺の冷やし中華を食べました。予想以上に美味しかったです。近所のスーパーではたまに5袋入りが300円程度で売られているので、コストパフォーマンスはなかなか高いのじゃないかと。
家に置いておいたら、いつの間にかなくなっていました。。
ラ王の冷やし中華も食べてみたいです
ポンコツスクーター様、こんばんは。

去年は度々品切れだったのですが、生産量を増やしたのか、今年はいつも店頭で見かけます。
それに、ごまだれは今年の新発売ですね。
ラ王も、冷やし中華のごまだれとしょうゆだれを今年出しましたので、競争厳しそうです。

こちらでも、特売では5袋入り300円くらいです。ポイントが付くときはもっと安いです。
生麺の冷やし中華だと2人前200円前後のものが多いので、たしかにコストパフォーマンスがいいですね。
よく成分表示をみると、炭水化物と塩分がかなり多いので、乾麺を半分に割って食べてます。余ったタレは冷凍しているので、いつでも使えます。
ラ王の冷やし中華
こんばんは。
今日、ラ王の冷やし中華を食べました。一食分を一リットルの水が必要で5分間湯がくといったところ、また麺の感触やスープの濃さなど、あらゆるところで「マルちゃん正麺」と酷似しています。
黙って出されたら、違いはわかりません。。
試食レポ、ありがとうございます
ポンコツスクーター様、こんばんは。

早速ラ王を食べられたのですね~。
ラ王の冷やし中華は、1袋85円くらいで売っているので、試しに食べるならそれにしようかと思ってましたが、マルちゃん正麺とほとんど違わないなら、買う必要ないかも....。

数日前、マルちゃん正麺の5食パックが税込200円(!)で特売していたので、ごまダレ大好きな私はつい買ってしまいました。
タレが濃くて美味しかったです。まだ売れ残っていたので、もう1パック買いたくなってきました。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。