*All archives*



『Mingus Plays Piano』
”怒れるベーシスト”という枕詞がつくチャールズ・ミンガスのとても珍しいピアノソロアルバム『Mingus Plays Piano』。
弾力のあるピアノの音で弾かれる旋律と和声は、叙情的でとても美しい。なのに、建築物のような堅牢な骨格の構造感があるし、ミンガスのピアノの弾きぶりは、ごつごつとして硬く骨太で、ピアニストの強い意志を感じさせるような力強いタッチ。
特に、ミンガスのオリジナル曲をピアノソロバージョンで聴くと、旋律や和声が研ぎ澄まされたように純度が高くなり、くっきりと細部まで明瞭に聴こえてくる。

ミンガスの音楽を初めて聴いた『MONEY JUNGLE』も、口当たりの良さとか甘さのない荒々しさが渦巻いているようで、なぜか魅かれるものがあったし、私の好きな(若かりし頃の)大西順子が影響を受けたのがミンガスなので、もともと相性が良いらしい。

ただし、ミンガスのピアノを聴いてリラックスできるかというと、そうとはいえない厳しい何かがある。
ピアノソロというスタイルはモノローグ的で、ミンガスのピアノは強い意志が張り詰めているようで、聴く側にも集中力が必要。
それでも、気骨のある男気を感じさせる硬派なリリシズムが美しい。
最近のジャズピアニストはほとんど聴いていないけれど、こういうピアノを弾く人はあまりいないような気がする。

ミンガスのプロフィール[Wikipedia]
おんがく日めくり/04月 22日 アメリカのジャズ・ベーシスト、チャールズ・ミンガス誕生(1922〜1979)怒りん坊の“チャーリー”ミンガス[YAMAHA]
「チャールズ・ミンガスに志す」 ~ 最高の破壊力を持つ2枚[ジャズ定番入門/YOMIURI ONLINE]

プレイズ・ピアノプレイズ・ピアノ
(2015年06月03日)
チャールス・ミンガス




試聴する
<収録曲>
1. Myself When I Am Real
2. I Can't Get Started
3. Body And Soul
4. Roland Kirk's Message
5. Memories Of You
6. She's Just Miss Popular Hybrid
7. Orange Was The Color Of Her Dress, Then Silk Blues
8. Meditations For Moses
9. Old Portrait
10. I'm Getting Sentimental Over You
11. Compositional Theme Story: Medleys, Anthems And Folklore


Myself when I'm real - Charles Mingus
このアルバムのなかでは、一番エキゾチックでファンタスティックで、パッショネイト。
内面への求心力・凝集力がとても高く感じるせいか、一番惹かれる曲。
雨だれのようなオスティナートや旋律がスペイン風(?)。繰り返し現れる連打は、内面で何かが波立っているようでもあり。
"Meditations For Moses”でも、似たようなフレーズが使われている。
”Myself when I'm real”というタイトルが意味深げ。




Charles Mingus - Orange Was the Color of Her Dress, Then Silk Blues
ミンガスの有名なオリジナル曲《オレンジ色のドレス》のソロバージョン。



Charles Mingus - I Can't Get Started
これは普通にムーディで聴きやすい。


Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。