映画『武士の献立』 

2013, 10. 21 (Mon) 18:00

クックパッドのバナー広告で、たまたま目にとまった映画『武士の献立』。
映画の公式サイト

『武士の献立』予告篇


特報・予告編を観ると結構面白そう。
食生活や食の文化史といった歴史的な話はわりと好きなので、韓国の宮廷料理人のTVドラマ『チャングム』は、DVDを買って何度も観ていた。

『武士の献立』の公式サイトに載っているあらすじを読んだだけでも面白い。
何度か出てくる料理の腕前比べのシーン以外に、藩政改革をめぐる軋轢など、映画が単調にならないような話もいろいろ挿入されている。

舟木伝内・安信親子は実在の人物。
安信の妻であるヒロインの春は、架空の人物か、実際に妻ではあったが、設定を変えているのか、わからない。
料理人の家に生まれた春は、血筋のせいか、天性の料理上手。(そういえばチャングムの母も、優れた料理人だった)
勝気な性格と料理の腕の良さでしっかりものの春が、年下の料理ベタな夫を一人前の料理人にするべく、頑張るというストーリー。

キャストのなかで知っている役者さんは少ない。
西田敏行が加賀藩屈指の包丁侍・舟木伝内役、鹿賀丈志が藩の保守派で悪役の立場。

公式サイトに載っている武家の饗応料理の写真を見ると、御茶請、本膳、二の膳~七の膳、引菜料理、後御菓子と、お膳の数が滅法多い。
映画のなかで作られる料理の監修は、石川県の老舗料亭「大友楼」の16代目当主、大友佐俊さん。
創業天保元年(1830)の老舗で、代々加賀藩の料理方、御膳所としてつかえてきたという。伝統ある「加賀料理」を味わえる唯一の料亭。
ホームページに載っているお弁当・駅弁類は種類が多く、1000円前後と価格も手頃。(大友楼ホームページ

クックパッドとのコラボサイト:「映画「武士の献立」に学ぶ、ひと手間で驚くほど美味しくなる和食のコツ! 」


<関連書籍>
包丁侍 舟木伝内: 加賀百万石のお抱え料理人包丁侍 舟木伝内: 加賀百万石のお抱え料理人
(2013/10/11)
陶 智子、綿抜豊昭 他

商品詳細を見る


武士の献立 (小学館文庫)武士の献立 (小学館文庫)
(2013/11/06)
大石 直紀

商品詳細を見る


0 Comments

Leave a comment