武満徹/死んだ男の残したものは 

2013, 10. 28 (Mon) 18:00

今年の秋は、随分昔に聴いて挫折した武満徹の音楽をまた聴いたり、著作・対談集を読んだり。
武満作品独特の不協和音の不安げで濃密な響きは、秋や冬に聴いた方が身体にしっくりと馴染むような気がする。

かなり集めたCDはほとんど処分してしまったので、今度はYoutubeや音楽配信サイトで全曲聴いてから、聴けそうな曲が入ったCDを集めている。
なんとも便利な世の中になったおかげで、昔のように聴いたことのない曲のCDを買って後悔することがほとんどないのが嬉しい。

昔聴いた武満作品で一番とっつきやすかったのは、映画音楽を除けば、合唱曲。
中でも一番好きだったのが、《死んだ男の残したものは》。
昔この曲を聴いたがために、武満徹の曲をいろいろ聴くようになったし、今でも忘れた頃にまた聴きたくなる。

《死んだ男の残したものは》の歌詞は、谷川俊太郎の詩。これは原曲版。
無伴奏 混声合唱曲 死んだ男の残したものは



さすがに名曲だけあって、原曲以外に、いろんな人の手による編曲バージョンがある。

林光編曲の合唱曲は、無伴奏ではなく、ちょっと洒落たポップな感じがするピアノ伴奏。
原曲よりも、声部が重層的でシンフォニックに聴こえて、ずっとポジティブな雰囲気で力強い。
原曲は、当時の政治・社会状況と色濃く結びついているイメージがするので、今の時代には、林光の編曲版の方が私には聴きやすい。

武満徹 死んだ男の残したものは / 林光編曲版 東京混声合唱団


<参考映像>「死んだ男の残したものは」に関する林光のお話



ソロバージョンも多数。
私が好きなのは、ギター伴奏で歌った森山良子。
いくつか録音があり、一番好きなのはYoutubeで見つけたこのアニバーサリーバージョン。(CDが見つからなかった)
昔歌っていたフォークソング風ではなく、詩を朗読しているような語り口がしみじみと心に染み込んでくる。

死んだ男の残したものは 森山良子 My Memories -Ryoko Moriyama 25Th Anniversary-




いろんな楽器を使った伴奏で、ポップでちょっとレトロな雰囲気の石川セリの歌も、一風変わっていて面白い。

死んだ男が残したものは(谷川俊太郎 × 武満徹) - 石川セリ



翼 武満徹ポップ・ソングス翼 武満徹ポップ・ソングス
(1995/11/21)
石川セリ

試聴ファイル



<過去記事>
谷川俊太郎作詞・武満徹作曲/死んだ男の残したものは

タグ:武満徹

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。

0 Comments

Leave a comment