2013_11
19
(Tue)12:00

小川典子『ドビュッシー/ピアノ独奏曲全集』 

『武満徹:ピアノ作品集~Rain Tree』がとても良かったので、ディスコグラフィをチェックしてみると、ドビュッシーも凄く良い。
ドビュッシー録音は、分売盤と『ピアノ作品全集』の両方が出ている。
全集を試聴してみると、一番最初に収録されている《アラベスク第1番》が素晴らしく良い。
いつもは退屈する曲なのに、耳が惹きつけられてしまった。
小川さんの《アラベスク第1番》は、柔らかく温かみのある音色と夢見るような雰囲気で、砂糖菓子のように甘い。こういうドビュッシーははじめて聴いたかもしれないくらい。

Claude Debussy - Arabesque No. 1 in E Major



全集のなかでは、特に最初の2枚(DISC1とDISC2)がその音色にぴったり合った曲が多い。
収録曲を見ると、DISC2=分売盤Vol.1 が好きな曲が一番多かったので、次の分売盤を早速購入。

ドビュッシー:ピアノ作品集 Vol.1ドビュッシー:ピアノ作品集 Vol.1
(2002/01/26)
小川典子

商品詳細を見る


どの曲も、優しさと温かみのある音色がとても心地良い。タッチ自体は硬質で一音一音クリアに響き、強弱のコントラストも明快で、全体的にすっきりと引き締まり、明晰で見通しがとても良い。

《映像第1集》1.水の反映/2.ラモーを讃えて/3.運動
「水の反映」があまり好きな曲ではないけれど、硬質な響きなのに優しく温かみ音色の輝きが綺麗。時々ルバートがかかったようなリズムが単調さを打ち消し、盛り上がるところはかなり力強くてダイナミック。
単に音がスラスラと流れるのではなくて、テンポが微妙に変化し、リズムに少しひかっかりがあるので、平板や単調さが消えて、ニュアンス豊か。
「運動」は、メカニカルな動きなのに、情感がこもっていて、表情がくるくると移り変わっていく。まるで、「運動」自体が生き物のように思えてくる。


《映像第2集》1.葉ずえを渡る鐘の音/2.荒れた寺にかかる月/3.金色の魚

どの曲も音のもつニュアンスがとても豊か。標題の情景が浮かび上がってくるようなイメージ喚起力が強くて、苦手な第2集でも、とても面白く聴ける。

《忘れられた映像》1.レント、メランコリックにやさしく/2.ルーヴルの想い出/3.「いやな天気だから、もう森へは行かない」の諸相
「ルーヴルの想い出」はどこかで聴いた旋律なのに、すぐには思い出せない。調べてみると、『ピアノのために』第2曲「サラバンド」だった。
「いやな天気だから、もう森へは行かない」の諸相」の方は、タイトルで《版画》第3曲「雨の庭」に出てくる有名な童謡だとわかるし、曲を聴いてもやっぱりよく似ている。
でも、この曲の方が可愛らしいタッチでずっと童謡風。

《版画》1.塔/2.グラナダの夕暮れ/3.雨の庭
「塔」は、ハープのような音色が、どこか東洋風な響きを帯びて、とても綺麗。日本の黒っぽい神社仏閣というよりは、水中に浮かぶおとぎ話の龍宮城みたいな色とりどりの美しいお城。
その甘くて夢を見ているような甘い響きに、幻惑されてしまいそう。
「グラナダの夕暮れ」はちょっと妖しげでエキゾチックな雰囲気。
とても好きな「雨の庭」も、雨のの移り変わる様子を映像をみているような。

《仮面》は、最初は柔らかいタッチだったけれど、徐々に力強さを増し、線の太めな音でリズムを折り目正しくしっかり刻み、かちっと固めの構築感がある。


ドビュッシー:ピアノ曲全集 (Debussy : The Solo Piano Works / Noriko Ogawa) [6CD BOX]ドビュッシー:ピアノ曲全集 (Debussy : The Solo Piano Works / Noriko Ogawa) [6CD BOX]
(2012/02/10)
小川典子

試聴ファイル


ドビュッシー:ピアノ曲全集 Vol.5 (Debussy : Piano Music Volume 5 / Noriko Ogawa) [輸入盤・日本語解説書付]ドビュッシー:ピアノ曲全集 Vol.5 (Debussy : Piano Music Volume 5 / Noriko Ogawa) [輸入盤・日本語解説書付]
(2011/08/10)
小川典子

試聴ファイル


MP3ダウンロードでは、全集版『Debussy: The Solo Piano Works』と抜粋版『Debussy: Music for Piano』(たぶんDisc1とDisc6を除いたバージョン)の2種類あり。


<参考情報>
イギリスを拠点に演奏活動を続け20年 欧米で高い評価を得ている実力派のピアニスト[日経ビジネス,2007年12月27日]
インタビュー/小川典子[伊熊よし子のブログ]


タグ:ドビュッシー 小川典子

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。

6 Comments

Kaz  

No title

アラベスクいい演奏ですね。2番めのビデオは著作権の問題で音が出ないみたいです。残念。
小川典子さんのフェースブックをさっき見たのですが,イラン旅行の記事が印象的でした。西側諸国のイラン敵視が早く終わってくれるといいですね。

2013/11/19 (Tue) 20:29 | REPLY |   

yoshimi  

イランの「日本週間」

Kaz様、こんばんは。

このアラベスクはとっても素敵です。
今までいろんな録音を聴きましたが、初めてこの曲はいいなあと思ったくらいです。

BBCのYoutube音源は、著作権者の申し立てがあったようですね。
たぶん今後聴くことはできないでしょうから、記事から削除しました。

イラン公演については、産経新聞のウェブニュースにも載っていました。
へジャブ姿で演奏されたそうですが、フェイスブックに載っている絵を見ている姿も似合ってますね。
イランと日本は数十年前から石油開発プロジェクトを通じて、外交関係は非常に良いので、「日本文化週間」というイベントも開催できたんでしょうね。
たぶん、欧米諸国と日本とは、ちょっと歩調が違うのだと思います。

2013/11/20 (Wed) 01:56 | EDIT | REPLY |   

Hiroshi  

MP3のアルバム

1曲150円なのに、全105曲のアルバムで3000円なんですねー。思わず、アルバム購入しようか、一番人気の曲だけにしようか迷ってしまいました。

2013/11/22 (Fri) 13:23 | EDIT | REPLY |   

yoshimi  

日本のMP3ダウンロードは高いですね

Hiroshi様、こんばんは。

普通は、アルバムごとダウンロードする方が割安ですが、それにしても、日本国内サイトでのMP3ダウンロード価格はかなり高いですね。
それなら、CDの全集版を買ってもあまり変わりません。
私は廃盤で入手不能なもの以外は、保管上便利なので、ほとんどCDの方を買ってます。

抜粋版の方なら、アルバムが1200円、1曲100円とお得です。
でも、抜けている曲があるので、それを聴きたいのなら、別途購入する必要がありますね。

ClassicsOnlineなら 全集アルバムが19.98ドル。
1曲あたりでは、曲の長さによって違い、5分未満が0.99ドル、5分以上が1.99ドルです。
このサイトは日本からでも購入できます。
http://www.classicsonline.com/catalogue/product.aspx?pid=1430530

2013/11/22 (Fri) 23:38 | EDIT | REPLY |   

Hiroshi  

ClassicsOnline

yoshimi様

こんばんは。
サイトの紹介、ありがとうございました。
とても沢山の曲があり、充実していますね。
クラッシック以外のジャンルでも楽しませて頂きました。

2013/11/23 (Sat) 23:19 | EDIT | REPLY |   

yoshimi  

こちらは便利ですね

Hiroshiさん、こんばんは。

ClassicsOnlineは、NAXOS系列なので安心です。
amazonとitunestoreの海外サイトは、日本からダウンロードできなかったのですが、こちらはそれができるのが不思議です。
とにかく、価格は海外の他サイト並に安いので、一曲だけ聴きたい時とか、CDが廃盤で入手できないときに、たまに使ってます。

2013/11/24 (Sun) 00:21 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment