ハンドクリームに「ワセリン」

2013.11.13 18:00| ・ 医療全般
そろそろハンドクリームが必要な季節。
寒くなって空気が乾燥すると、水で手が濡れた後だけでなく、普通の時でも手指の肌が乾燥して、ささくれてくる。
数年前から肌が乾燥しやすくなったことに加えて、3年前にいわゆる「主婦湿疹」のために手指の肌が随分荒れて以来、冬はハンドクリームが必需品。
今までよく使ってきたハンドクリームは、メンタームやメンソレータムの「ビタミンクリーム」、「ユースキンA」。
ほかにもいろいろ試してみたけれど、「ビタミンクリーム」が適度に油分があり、肌への刺激も少なく、比較的落ちにくいので、一番使いやすかった。
「ユースキンA」もかなり良いけれど、すぐに乾いた感じがするので、何度も塗り直さないといけない。

もっと良いハンドクリームがあったら使ってみたいと思っていたところ、定期的にチェックしている湿潤療法の夏井医師のブログ<新しい創傷治療>に、ハンドクリームとワセリンの話が載っていたのを思い出した。

手荒れ用ハンドクリームは手にどう作用するのか?
手荒れ・主婦手湿疹の治療,クリーム,尿素など
質問【ワセリンが鉱物油というのが気になります。保湿や保護の目的ならば,植物オイルでも代用できるのでしょうか?】

【ハンドクリームは使っちゃ駄目(・・・だと思う)】という説明は、なるほどと思い当たることはある。
手指の乾燥は、てっきり寒さと手洗い・水仕事(の後の水分蒸発)のせいだと思っていたけれど、クリーム自体が肌の油分・水分を除去してしまっていたらしい。
実際、水で手を洗った後は、クリームがすぐに流れ落ちてしまうので、肌がざらざら乾燥する。水で手を洗うたびに、クリームをつけ直さないといけない。

【尿素クリームは最悪(・・・だと思う)】というのは、全くその通り。
一昨年、肌の乾燥がひどくなってかゆみが止まらず、かゆみ止めには尿素入りクリームが良いといろんな情報で読んだので、使ってみたところ、余計に悪化。
肌がひりひりして、使う前よりもさらに乾燥して肌荒れがひどくなったので、一度使っただけで、捨ててしまった。
以来、尿素入りクリームだけは使わないことに。

数ヶ月前、夏井医師のブログで推奨されていた通り、サランラップを使ってスリキズがちゃんと治ったことがあるので、今度はワセリンをハンドクリームがわりに使ってみることに。


《ワセリン製品》
近くのドラッグストア数店で取り扱っているワセリン製品は少ない。
amazonで探すと、日本で販売されている白色ワセリン製品がほとんど見つかる。
イオンが販売している白色ワセリンだけは、イオンの店頭とオンラインショップで見つけたもの。


<酸化防止剤入り>
ヴァセリン(ユニリーバ、製造国:インド製、ボトルのみ)
ワセリン(イオン、チューブのみ)

<酸化防止剤無添加>
ヴァセリン ペトロリュームジェリー(インターブランドなど、製造国:米国、ボトルのみ)
白色ワセリン(健栄製薬)(ボトルチューブ
ワセリンHG(太洋製薬)(ボトルチューブ
プロペト(丸石製薬)(ボトルチューブ
サンホワイトP-1(日興リカ)(ボトルチューブ


ワセリンといっても、純度の違いから、「白色ワセリン」と「黄色ワセリン」の2種類があり、純度の低い「黄色ワセリン」は工業用で、化粧品・医薬品には使われていない。

「白色ワセリン」でも、製品によって精製度が異なり、色も品質も違う。純度が低いと黄味がかった色になり、純度が高いほど白く、価格も高くなる。
調べた限りでは、純度の高い製品から並べると、サンホワイト>プロペト>白色ワセリン・ワセリンHG・ワセリン(イオン)>ヴァセリン、という順番になるのではなかろうかと思う。(それが正確かどうかはわからない)

日本の製薬会社の「白色ワセリン」は数種類あり、すべてワセリン100%。
ボトルとチューブの2種類があり、チューブ式の方がソフトで塗りやすい。
ユニリーバとイオンPB製品には、酸化防止剤(BHT)が含まれている。

イオンのワセリンは、日本製で、「ヴァセリン」と「プロペト」の中間くらいの純度らしく(ワセリンHGと同等レベル)、そのわりには価格がかなり安い。テスターで試すと、「ヴァセリン」に比べて、柔らかくて伸びが良いけれど、少量塗ってもベタベタするので、ティッシュで拭き取った方が良い。
元々肌が弱いため、酸化防止剤が入っているので、使うかどうか少し迷うところ。

「ヴァセリン ペトロリュームジェリー」には、ユニリーバ社と他社の輸入製品がある。
ユニリーバ社の製品はインド製で酸化防止剤添加。
輸入品は、ドラッグストアでも売っていた(輸入元はインターブランド社ではない)。いずれもアメリカ製で酸化防止剤無添加。

ユニリーバ製の「ヴァセリン」は、やや黄色がかった色味。原料は「白色ワセリン」と記載されている。
ワセリン製品に関するユニリーバ社のプレスリリース[2012年6月]

「サンホワイト」は、類似製品のなかでは一番純度が高い(らしい)。価格も一番高い。
不純物を排除した「サンホワイト」誕生物語 [日興リカ社ホームページ]


《使用感》
試しに小さい容量のワセリンを買おうと、近所のドラッグストアで販売していた「ヴァセリン」(米国製、酸化防止剤無添加)の49gボトルを購入。
気温が低いせいか、ちょっと固い。少量を手指にのばしながら摺り込むようにしていくと、全然ベタつかず、さらっとしている。(たくさん塗ると、ティッシュや布で拭き取らないとべたつくらしい)

この「ヴァセリン」は、輸入元は違うけれど、amazonで販売している製品と同じもの。
ヴァセリン ペトロリュームジェリー(大)368gヴァセリン ペトロリュームジェリー(大)368g
()
インターブランド

商品詳細を見る


ワセリンを夜寝る前か朝に手指の肌にすり込むと、夕食の炊事後くらいまでは、ほとんど水に落ちずに残っている感じ。
特に手指の先は水に濡れる回数が多いので、ワセリンが落ちやすい。そこだけ少量塗り直せば、今のところ1日2回も塗れば十分。
ワセリンが落ちた後でも、手指の肌がざらざらと乾燥した感じがそれほどしない。
肌に浸透するのではなく、肌に薄~くコーティングした感覚。かなり薄くのばして塗ったので、何かを塗っているような違和感が全然なく、すべすべして気持ちが良い。
しばらく使ってみて、特に肌に異常がなければ、今冬のハンドクリームはワセリンに変える予定。
ワセリンは安定した物質なので、1~2年くらいは使えるという。でも、ボトル式は雑菌が入る可能性もあるし、この「ヴァセリン」には酸化防止剤が入っていないので、1シーズンで使い切った方が良さそう。
そういう点ではやはりチューブ式の方が衛生的。次に使うときは、「ヴァセリン」よりも柔らかくて、ボトルよりも衛生的なチューブ式の方を試してみようかと。

それに、ワセリンは、顔用の保湿クリームやリップクリームとしても使えるらしい。
夏井医師のブログ記事には、医療用には純度の高いものを使うように..と書かれていたし、顔に塗る場合は、「ヴァセリン」よりも純度の高い「プロペト」や「サンホワイト」を使った方が良いかも。
試しに、リップクリーム代わりに塗ってみると、唇がぷるぷるする感じ。口紅を上に塗っても、少量ですむしノリも良く、当分使って様子を見ることにした。

<参考情報>
ワセリンの保管方法[ワセリンで乾燥肌をやっつけよう]

コメント

No title

こんにちは、はじめまして。
プラン・ジャパンから流れ着きました。

ワタシも感想湿疹で悩んでいて、ワセリンがいいというので半信半疑で試してみたらみるみる完治。結局殆ど使わず治ってしまいました。
高価だけどいかにも効きそうに見える宣伝の力ってすごいんだなぁと。

ワセリン、いいですよね

ろりつね様、こんにちは。
ご訪問、コメントありがとうございます。

今は炊事用手袋を使っているので、主婦湿疹は出なくなったのですが、肌がかなり弱ってしまったので、元の状態に戻るのに3年くらいかかりました。
冬になると、水仕事をしなくても、肌荒れとひびが出るのは毎年同じです。

ワセリンを使い始めたところですが、使い心地がとても良いですね。
ハンドクリームみたいにいろんな成分が入っていなくて安いし、もっと早くワセリンを使えば良かったです。
高価=効き目が高い・・・とは限らないのがよくわかりました。実際に試してみて、実感できることですね。

ワセリン

こんにちは!

私も冬季は乾燥が強くて難儀しています。
尿素入りハンドクリームを使っていますが、私はピリピリしたりはしないけど、効果が良いということも無くて…。

冬は目の周りが乾燥して、よく腫れたりするので、最近皮膚科でクリームを貰いました。それがたぶんワセリンと思われるんですが、この冬それで症状が和らぐかな?と期待しているところです。

私もハンドクリームをやめて、ワセリンを試してみようかな。

かなり使えます

Tea316さん、こんにちは!

たしかに皮膚科で出す保湿クリームは、ワセリンが多いらしいですよ。
たぶん日本薬局方の白色ワセリンやプロペトあたりではないでしょうか。
ユニリーバのヴァセリンは、@コスメの殿堂入りコスメになっているようですから、悪い製品ではないようですが、肌の弱い人にはもっと純度の高い製品の方が良いと思います。

私は酸化防止剤無添加のヴァセリンを使ってますが、今までのハンドクリームよりも、すべすべして、塗り直す回数も減り、とても使用感が良いです。
薄く伸ばしてベタつかないようにすれば全然問題なし。この冬はヴァセリンだけで、手の方は大丈夫そうです。

お顔の方は、スクワランオイルを使っているので、ワセリンに代えるか、併用するかは思案中です。
唇に塗ってみると、リップクリームとしては使えました。
私の場合は鼻と口周辺が特に乾燥するので、ポイント的に塗ってみるのが良いのかもしれませんね。
非公開コメント

◆カレンダー◆

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

◆ブログ内検索◆

◆最近の記事◆

◆最近のコメント◆

◆カテゴリー◆

◆タグリスト◆

マウスホイールでスクロールします

◆月別アーカイブ◆

MONTHLY

◆記事 Title List◆

全ての記事を表示する

◆リンク (☆:相互リンク)◆

◆FC2カウンター◆

◆プロフィール◆

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

◆お知らせ◆

ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿と思われるコメントや、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。