*All archives*



【新譜情報】ジャン=ロドルフ・カールス ~ ドビュッシー&メシアン作品集
長らく廃盤になっていたジャン=ロドルフ・カールス(Jean-Rodolphe Kars)の録音が、相次いで再発売されている。
『リスト作品集(Liszt: Piano Works)』はすでに、昨年9月にリリース済み。(半分は、ロジェの録音。カッチェンの弟子同士という縁らしい)
カールスのドビュッシー&メシアン、シューベルト録音も、今年2月に同時にリリースされる。

ドビュッシー:前奏曲集第1巻、第2巻、幻想曲、メシアン:『20の眼差し』より、『イソヒヨドリ』 カールス、ギブソン&ロンドン響(2CD)ドビュッシー:前奏曲集第1巻、第2巻、幻想曲、メシアン:『20の眼差し』より、『イソヒヨドリ』 カールス、ギブソン&ロンドン響(2CD)
(2014年02月10日)
カールス、ギブソン&ロンドン響

試聴ファイル(amazon.uk)
<収録曲>
ドヴュッシー:
 《前奏曲集第1巻(全曲)》(1971年録音)
 《前奏曲集第2巻(全曲)》(1971年録音)
 《ピアノと管弦楽のための幻想曲》(1969年録音)

メシアン:
 《幼子イエスにそそぐ20の眼差し》より「悦びの精霊の眼差し」「沈黙の眼差し」(1968年録音)
 《鳥のカタログ》第1巻より第3曲「イソヒヨドリ」(1968年録音)


ジュリアス・カッチェンの弟子は、パスカル・ロジェだけだと思われているけれど、実際にはもう一人弟子がいたという。
それが、ジャン=ロドルフ・カールス。
カールスはインドのカルカッタで生まれたオーストリア人。
リーズ国際コンクール(1966年)とメシアン国際コンクール(1968年)に入賞。
1977年にカトリックに改宗し、宗教の道に進むため、コンサートピアニストとして公式な演奏活動を1981年を最後に終了。
1986年には、司祭となったという異色のピアニスト。
カールスは、1958年~64年の間パリ音楽院に在学し、カッチェンの元でも学んでいた。

ロジェよりもカールスの演奏にとても惹かれるものを感じるのは、どこかしら思索性や瞑想性を帯びた陰翳が漂っているからだろうか。
《前奏曲集第1巻》第1番の「デルフィの舞姫/Danseuses de Delphes」からして、まるでスローモーションを見ているよう演奏。他のピアニストとは違う独特なものを感じる。
「水の精/Ondine」や「月の光が降り注ぐ テラス/La Terrasse des audiences du clair de lune」を聴いても、その線の細さにはガラス細工のように脆い繊細さを感じるし、ファンタスティックというよりも神秘的なオ-ラが漂っているかのようでもあり。
今まで聴いたドビュッシーの前奏曲集のなかでは、とりわけ印象に残っているし、もしかしたら一番好きかも。

このアルバムは選曲がユニークで、珍しいドビュッシーのピアノ協奏作品《ピアノと管弦楽のための幻想曲》とメシアン作品をカップリング。
後に宗教家となるカールスは、すでにこの頃から宗教色の濃いメシアンの音楽に合い通じるものを感じていたのかもしれない。


Jean-Rodolphe Kars plays Debussy Ondine


Jean-Rodolphe Kars plays Debussy La Terrasse des audiences du clair de lune




2010年10月のカールスのスピーチ。
Père Jean-Rodolphe Kars [FR]
[27 Octobre 2010][Paray-le-Monial, France]


フランス語なので私はさっぱりわからない。動画についている概要説明をgoogle翻訳で読むと、ピアニストから司祭となった自分の半生を語っているものらしい。

- 1947年 オーストリアのユダヤ人の両親のもとに生まれる
- 1948年 フランスに定住。7歳でピアノを始め、パリの国立高等音楽院で勉強。
- 1966年のリーズ(イングランド)の国際ピアノコンクール(第4位)、1968年のオリヴィエ·メシアンコンクール第1位で、国際的なピアニストとしてのキャリアが始まる。
- 1976年 私生活に影響を与えた様々な出来事があり、カールスは神との内面的な出会いという強烈な経験により人生が変わる。1977年にカトリック教会で洗礼を受ける。
- 1981年 神学の研究を始め、ピアニストとしてのキャリアに終止符を打つ。
- 1986年 エマニュエルのカトリックコミュニティの司祭を叙階。

tag : ドビュッシー メシアン

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。
Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。