*All archives*



ヴァイオリンのためのソナチネ
件の代作騒動で有名になった《ヴァイオリンのためのソナチネ》。
以前、この曲が収録されている『シャコンヌ』のCDを試聴はしたけれど、あまり好きではない無伴奏と弦楽四重奏曲が入っていたので、購入せず。
《ヴァイオリンのためのソナチネ》は聴いたかどうかも覚えていない。

Youtubeで、《ヴァイオリンのためのソナチネ》のフィギュア・スケートSP用バージョンがあったので、どんな曲だったかな?と思って、改めて聴いてみると、これが情熱的でロマンティック。
ロマン派のヴァイオリン曲の名曲の一つ..と言われたら、本当だと思ってしまいそう。
実際の作曲者自身の話では、サン=サーンスとブルッフのコンチェルトなどの旋律&ポピュラー音楽の要素を加えているとのこと。
の作曲者がこの曲の出来栄えにはかなり自信を持っているだけあって、聴けば聴くほど素敵な曲。


ヴァイオリンのためのソナチネ(フィギュア・スケートSP用のバージョンを編集したもの)


現在、この曲が収録されているCDでamazonで入手できるのは、DENON盤の『氷上のクラシック』。
SPバージョンとフルバージョンの2曲が収録されている。
フルバージョンをコロムビアのホームページで試聴してみたけれど、やっぱりとても良さげな感じ。少なくとも、私の好みにぴったり。

氷上のクラシック~CLASSICAL MUSIC ON ICE氷上のクラシック~CLASSICAL MUSIC ON ICE
(2013/10/23)
V.A.

試聴ファイル(コロムビアサイト)
 この前見たときは新品が1500円くらいだったのに、今ではプレミアムが乗っているので、HMVやTowerrecordで取り寄せるか(在庫があるかどうかはわからない)、原盤の『シャコンヌ』をオークションやBOOKOFFで入手した方が安い。

もともと、この曲が収録されているクラシックアルバムの『シャコンヌ』は、オンラインショップやCDショップでは販売中止。
ヤフオクで新品・中古が多数出品中。新品はプレミアムが乗った価格でほとんど出品されているので、定価より高い。
新品を数点(なかには10点以上)出品している人もいるので、CDショップが販売中止にする前に、店頭在庫をごっそり買い占めたのかも。
ブックオフでも、以前は『交響曲第1番』と『シャコンヌ』かなりたくさん在庫があったのに、先日のぞいてみると、ほとんど消えている。
店舗によっては、『シャコンヌ』だけ残っていたりする。ただし、価格は定価とあまり変わらないので(以前は3割引きくらいだったのに)、買う人がいないらしい。
まあ、この騒動のほとぼりが冷めれば、わざわざプレミアムを出してまで買う人も減るだろうから、そのうちオークションの落札相場も下がるだろう。(私は、この《ヴァイオリンのためのソナチネ》を聴きたいがために、新品をほぼ定価で落札したけれど)


こちらは、最近見つけたフルバージョン。やっぱり素晴らしく素敵な曲。
ヴァイオリンのためのソナチネ/佐村河内 守、新垣 隆

Secret
(非公開コメント受付中)

話題の曲ですね
こんにちは。
高橋選手の演技を見なかったので、この曲を聴くのは初めてです。メロディーが甘くてよいですね。
ゴーストライターの件、世間ではかなり話題になっていますが、書物についてはよくあることですし、音楽についてもおそらくあるのだろうと思い、あまり気にしていません。

それにしても羽生選手のSPは素晴らしかった!!
とても気に入っています
ポンコツスクーター様、こんばんは。

そうです、今話題の曲です!
私は例の記者会見の時まで、この曲がSPで使われるとは全然知らなかったので、興味があって聴いてみました。

ロマン派のヴァイオリン曲((少しブラームス風?)と言っても通るようなロマンティックな曲ですが、メロディは日本語で口ずさみやすいです。
やっぱり日本人の作曲家が書いた曲だからかもしれません。

ゴーストライターが書いたということであれば、名義を変更するなりすれば済むことで、曲自体が良ければ別に気にもなりません。
今回の場合は、当初の作曲名義人がとんでもない人だったので、逆に、ゴーストライターさんの作品という方が、曲に変なケチがつかなくて良かったです。

確かに、羽生選手のSPの演技は凄かったですね!(でも、使っている曲はあまり好きではなかったのですが..)
良い曲です
こんにちは。

確かにこの曲、いい曲ですよね。
ただ、自分にはすごくシューマン風に聞こえます。9割シューマンで、残り1割がドヴォルザークというところかな。
どちらも大好きな作曲家なので、それで良い曲に感じるのだと思います。

新垣氏はあんな事件に加担しないで、曲を正式に発表してくれていたら良かったと思えてなりませんね。
カムバックされますように
ハルくん様、こんばんは。

私はシューマンもドヴォルザークもほとんど聴かないので、近いところでブラームスっぽく聴こえたようです。
ロマン派風に情熱的で、クラシックらしい格調高さがあって、いい曲ですね。

新垣さんの現代音楽や「鬼武者」・「バイオハザード」も聴いてみましたが、ゲーム音楽はシンフォニックで、特に「鬼武者」は好きですね。
彼の名前では、代作した一連の曲のような作品を手がける機会はなかったでしょう。
「災い転じて福となす」が如く、この騒動が決着したら、表舞台にカムバックして、ご自身の名義で作品を発表して欲しいですね。
良い曲です
yoshimiさん、おはようございます。

少なくとも自分が知っている曲の中では、シューマンのヴァイオリンソナタ第2番に最も似ているように思うのです。曲想も似ていますが、音の動きなんかとても良く似ていると思います。
ヴァイオリンソナタ第2番
ハルくん様、こんにちは

シューマンは、ピアノ・ソナタもヴァイオリンソナタも、ほとんど聴いたことがなかったと思います。
第2番に似ているのなら、その曲も好きになるかもしれないですね。
後で聴いてみます。
教えてくださって、どうもありがとうございました。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。