*All archives*



松村禎三/ピアノ協奏曲第2番
「日本の作曲家によるピアノ協奏曲リスト」という珍しいリストを見てみると、知らない作曲家(と作品)が多い。
日本人作曲家の作品は録音が少ないし、CDも廃盤になっていることも多いので、このリストに載っている曲のうち、聴く機会がある曲はそう多くはないに違いない。
それでも、動画サイトに音源が登録されているものもあるので、まず名前を聞いたことbのある作曲家の作品から聴いてみることに。

松村禎三といえば、吉松隆のお師匠さん。といっても、作曲技法自体を事細かに教えてもらったわけではないらしい。
ピアノ協奏曲は第1番と第2番の2曲。松村作品は今まで聴いたことがないので、どんな作風の人かわからない。
吉松隆が師について語った文章を読むと、多少なりともわかる部分はある。

故松村禎三氏のお別れ会に行く[隠響堂日記/作曲家:吉松隆の21世紀音楽界諦観記]


一応、交響曲第1番を聴いてみたところ、金管が多用された騒然とした作風は、(たぶん)ストラヴィンスキー風。(でも、ストラヴィンスキーはあまり聴かないのでよくはわからない)
ピアノ協奏曲は、Youtubeには第2番だけ音源が登録されている。
第2番は、第4回民音現代音楽祭より委嘱・初演。この年の尾高賞および第10回サントリー音楽賞を松村禎三が受賞した際の対象曲。
第2番に限って言えば、ストラヴィンスキー(とプロコフィエフも?)に、ラヴェルが少しブレンドされたところはあるような...。
一貫して峻厳な雰囲気で、とっつきやすい作風とはあまり言えないとしても、調性感があるので聴きやすいし、和洋融合した壮大・深遠な世界。
まるで、襖絵にかかれた水墨画のように、黒光りしたモノトーン的な幽玄なイメージ。

第1楽章は、ピアノパート自体は単純な音型が転調しながらオスティナートされるという、かなりシンプルな書法。
和声の響きが神秘的で、時に先鋭的になったりして、(《火の鳥》みたいに)何かが蠢いて密かに生起しつつあるような。
技巧華やかというよりは、オーケストラの一パートみたいに聴こえる。

第2楽章は、ピアノ独奏、トゥッティとも幽玄。終盤になると、同じ音型が徐々にクレッシェンドしていくところはラヴェル風かも?
エンディングは、ピアノソロのまばらな音がぽつぽつと響いて、武満のピアノ独奏曲を連想する。
ピアノが使われている交響曲第1番(交響曲第2番でもピアノが入っている)に比べて、ピアノ独奏部分が多いけれど、やはり普通のピアノ協奏曲というよりは、ピアノ独奏付き管弦楽曲に近い気がする。

今まで聴いた日本人作曲家の作品とは作風がかなり違って、妥協を感じさせない峻厳な作風は、”孤高の芸術家気質”が生み出した曲というのも納得。
シンフォニックな響きと、単音/ユニゾンの音型のオスティナートを多用したシンプルなピアノは、全然メロディアスではないけれど、神秘的だったり騒然とした響きが面白くて、これは意外と私好みの曲。
第1番のコンチェルトもどんな曲なのか、かなり興味が沸いてきたので、そのうち音源が見つかれば聴いてみたい。


松村禎三 - ピアノ協奏曲第2番 (1978)
野島稔(Piano)、岩城宏之指揮東京都交響楽団
録音:1992年1月30日、サントリーホール(ライヴ録音)

第1楽章(1:14:35~)、第2楽章(1:26:40~)



ピアノ協奏曲を収録しているCDはカメラータ盤(2種類)とビクター盤。
ビクター盤がピアノ協奏曲を2曲収録しているので、これが良いのだけれど、残念なことに廃盤らしい。

松村禎三 : ピアノ協奏曲松村禎三 : ピアノ協奏曲
(1995/09/21)
東京都交響楽団, 野島稔 指揮: 外山雄三

商品詳細を見る




結局、買ったのはこのCD。
《ピアノ協奏曲第2番》に加えて、同時期の代表作《交響曲(第1番)》と《管弦楽のための前奏曲》が収録されている。
《交響曲第1番》をYoutubeの音源で聴いてみたところ、これも《ピアノ協奏曲第2番》と作風が似ていて、私好みの曲、
松村禎三作品選集I松村禎三作品選集I
(1996/05/21)
東京都交響楽団, 野島稔、指揮: 岩城宏之

商品詳細を見る


《ピアノ協奏曲第1番》を収録。このCDもそのうち手に入れるつもり。
チェロ協奏曲&ピアノ協奏曲チェロ協奏曲&ピアノ協奏曲
(2007/12/15)
野平一郎, 上村昇, 東京都交響楽団, NHK交響楽団、指揮: 下野竜也, 外山雄三

商品詳細を見る


tag : 松村禎三

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。
Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。