*All archives*



メシアン/七つの俳諧-日本の素描
こう毎日暑いと、音楽を聴いたり、本を読む気もあまり起こらない。
こういうときには、情感べったりのロマン派音楽よりも、音だけの抽象絵画ならぬ抽象音楽みたいな現代曲の方が多少は涼しく感じるので良いかも。

メシアンのとっても摩訶不思議な《七つの俳諧》(1962)。正式な曲名は、”Sept Haikai: Esquisses japonaises pour piano et orchestre”(七つの俳諧-ピアノと管弦楽のための日本の素描)。
1962年、メシアンがピアニストのイヴォンヌ・ロリオと再婚時に初来日。
東京で「トゥランガリラ交響曲」の日本初演に立会い、ロリオ夫人とリサイタルで「アーメンの幻影」や「幼子イエスにそそぐ20のまなざし」も演奏した。
メシアン夫妻は、日本滞在中に奈良、宮島、山中湖、軽井沢などへ立ち寄り、その時の印象を音楽としてまとめたのが《七つの俳諧/Sept Haïkaï》。
献呈者は、ロリオ、ブーレーズ、Fumi Yamaguchi, 小澤征爾、松平頼則、別宮貞雄、Mitsuaki Hayama、星野嘉助(野鳥研究家・日本野鳥の会軽井沢支部長)。

Olivier Messiaen * Sept haïkaï
Netherlands Wind Ensemble,Reinbert De Leeuw(direzione),Peter Donohoe(pianoforte)


1. Introduction/導入
2. Le parc de Nara et les lanternes de pierre /奈良公園と石燈籠
3. Yamanaka cadenza/山中~カデンツァ
4. Gagaku/雅楽
5. Miyajima et le torii dans le mer/宮島と海の中の鳥居
6. Les Oiseaux de Karuizawa/軽井沢の鳥たち
7. Coda/コーダ

フランス風雅楽とでも言えばよいのか、音色・旋律・リズムとも、雅楽と西洋音楽を融合したような曲。
雅楽風とはいえ、最初から最後までメシアンの音楽。
標題音楽のように、各楽章のタイトルに書かれたイメージをこの曲から想像できるかというと、???。
それでも、音色や色彩感がカラフルで綺麗だし、7つのセクションは似たようなところはあっても、それぞれ違っているので、結構面白く聴ける。
私にとっては、もともとメシアンの音楽とは、(オルガン曲以外は)相性がとても良い上に、ピアノが使われているし、メシアンのピアノ独奏曲で出てくるような旋律がいろいろ聴こえるので、この曲もやっぱり好きな曲だった。


「Introduction」のパカポコという管楽器の音は、神社のお神楽で鳴っている和楽器の音に似ている。
「奈良公園と石燈籠」は、いろんな情景が移り変わっていくみたいで、石灯籠の不思議な雰囲気も混ざっているような。
「山中~カデンツァ」は、独奏ピアノが弾く旋律は、聴いたことのあるメシアンらしい旋律がいろいろ出てくる。
「雅楽」は、西洋楽器で演奏した雅楽風。音価が長く、延々と続くような平坦な旋律なので、雅楽のように聴こえる。
「宮島と海の中の鳥居」は、どこか神秘的。「軽井沢の鳥たち」は、鳥たちが戯れているように賑やか。

<参考情報>
軽井沢の野鳥の歌を、音楽に再現した作曲家

tag : メシアン

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。
Secret
(非公開コメント受付中)

とても抽象的ですね
こんにちは。

お久しぶりです。
ちょっと興味本位で聞き始めたら、最後まで行ってしまいました。正直、面白いとか、つまらないとか、そのような感じではなく、戸惑い、不安、混迷を覚えるとでも言えば良いでしょうか。
暑さもいっとき忘れそうでした。
摩訶不思議な音楽ですが
Hiroshi様、こんにちは。
お久しぶりです。体調も大分良くなられたようで、何よりです。

現代音楽のなかでも、メシアンはわりと聴きやすい方です。
バロックからロマン派までの音楽のように感情でシンクロして聴こうとすると、難しいですね。
それよりも、純粋音楽(とでも言うのでしょうか)のように音そのものを聴いて楽しむか、自分の好きなように色々なイメージを膨らませて聴いた方が良いように思います。
メシアンは、音を聴くと色が見える”色聴”の持ち主であるせいか、彼の作品は色彩感がとてもカラフルです。
この摩訶不思議な雰囲気は、現代音楽でしか表現できないものがありますから、こういう音楽だと思って聴いていれば、(好きかどうかは別として)そのうち慣れるでしょう。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。