*All archives*



大豆製品摂取による甲状腺機能への影響
ネット上の医療情報(医療専門家や個人)を探すと、”大豆製品を多量に長期間食べると、甲状腺機能低下や甲状腺腫を発症させる”と言う情報が結構多い。

”○○を摂取すれば、健康に良い/悪い”という情報はネット上には山ほどありが玉石混交。
そのなかで(動物実験ではなく)人間の臨床実験データで科学的に証明された信頼性の高いものは少ない。

文献を調べてみると、少なくとも、
1)大豆の中には抗甲状腺作用があるといわれている成分がある
2)甲状腺機能低下症患者については、大豆製品の大量摂取は避けるべき
という点は事実だと思える。

大豆の発酵食品(味噌、納豆、醤油)は、(少量であれば?)甲状腺機能低下をもたらすことはないという説もある。
健常者への影響については、「健常者甲状腺機能への大豆の効果 ―大豆投与実験―」という、1990年発表の古い医学論文で、1日30gの酢大豆を3ヶ月摂取した場合、甲状腺の腫大と甲状腺機能が軽度抑制が見られた..という臨床試験結果がある。

ということは、豆腐、厚揚げ、おから、豆乳、きな粉、大豆原料のお菓子などを長期的に大量摂取すると、甲状腺機能に深刻な問題が発生するのだろうか?
大豆30gは、それほど大量というわけではないので、普段豆腐を半丁くらい食べていれば、該当してしまいそう。
調べてみると、大豆30gというと、おおよそ豆腐100g相当。
※農水省のウェブサイト「大豆のまめ知識」によると、豆腐一丁を300gとすると、77~90gくらいの大豆が必要。

豆腐100gなら、毎日食べている人もいるだろうし、高野豆腐、大豆水煮、がんもどき、厚揚げ、納豆、味噌などの大豆製品を合わせれば、大豆製品好きの日本人なら軽くオーバーする。
でも、日本人に、甲状腺機能の低下や、甲状腺機能低下症が多いという話は聞いたことがない。(単に私が知らないだけ?)
日本人は昆布などヨウ素含有食品の摂取が多いので、大豆の悪影響を中和しているいう説もある。

糖質制限食で有名な江部江部康二医師のブログ「ドクター江部の糖尿病徒然日記」の「甲状腺機能低下症などについて」という記事では、甲状腺機能低下症の原因を列挙した上で、「食事療法で甲状腺機能低下症を起こすことは、そもそもあり得ないのです。」と書かれている。この場合は、(ただし、「海草(ヨード)の取りすぎによる甲状腺機能低下症」はあり得る。)

私の場合は、毎日、未発酵の大豆製品を合わせて100g以上(豆腐、おから、きな粉(100g)、たまに豆乳)は確実に食べている。”大量摂取”に該当するのは間違いない。
健康診断では、甲状腺機能に異常があると言われたことはないけれど、普通の健康診断ではチェックできない機能なのかも。
甲状腺への影響について気になるところはあっても、”健康マニア”ではないので、大豆製品を食べるのを控えようとまでは思わない。

そういえば、最近TVの情報番組で”おからダイエット”が紹介されて、店頭やネットショップで生おから/乾燥おからを購入する人が急増して、ちょっと品薄気味。
大豆製品の継続的大量摂取(個人的には大豆30g相当が”大量”だとは思えないけど)が健康に悪い..という情報を見れば、にわか”おからダイエッター”は少なくなるのかな?


<参考文献・情報>
ダイズ - 「健康食品」の安全性・有効性情報 (国立健康・栄養研究所)
-ダイズを毎日摂取したときに甲状腺ホルモン治療効果が減弱する可能性が示唆されている。T4剤 甲状腺ホルモン、投与量100μg/日) と酢大豆 (10 g/日、2ヶ月以上) を併用した甲状腺機能低下症患者47名 (28~80歳) では、血中T4値、血中甲状腺ホルモンが低下し、甲状腺刺激ホルモンが増加したという報告がある (1992015264) 。
-大豆を長期間多量に摂取すると、甲状腺機能が低下する可能性が示唆されている。健常者37名 (22~76歳) を対象に、酢大豆 30 g/日を1ヶ月または3ヶ月摂取させたところ、いずれも甲状腺ホルモン値に変化はなかったが、甲状腺刺激ホルモンの増加は用量依存的で、甲状腺の腫大が見られ、甲状腺機能が軽度に抑制されたという報告がある (1993044553) 。

健常者甲状腺機能への大豆の効果 ―大豆投与実験―
健常者甲状腺機能への大豆の効果─大豆投与実験─
日本内分泌学会雑誌 67(5): 622 -629 1991/石突吉持他/石突甲状腺研究所(株),愛知医科大学第4内科, 名古屋大学環境医学研究所, SMIブリストル(株)北里バイオケミカルラボラトリー
※大豆が甲状腺に与える影響に関する国内論文で、ネット上の情報がよく引用している。

人間が食べる大豆は発酵したものに限る [Natural News Network]
「大豆には、ゴイトロゲンが豊富である。この物質は、甲状腺腫を形成するだけでなく、甲状腺ホルモンの生成を妨害することもありうる。」

大豆は本当に健康食?[kanaの栄養ノート]

<関連記事>
きな粉に関するトピックス ~ 活用レシピ、イソフラボン&グルタミン酸

Secret
(非公開コメント受付中)

No title
どうもはじめまして。
大豆製品 甲乗船機能低下を調べていてここへ辿り着きました。
私は100gの豆腐を1日2~3丁食べたり納豆を食べたり
豆乳を飲んだりと大豆製品が大好きです。
だからか分かりませんが、甲状腺機能の検査(普通の血液検査とは別料金でした)でTSHが高く橋本病(甲状腺機能低下症の一種)との診断を2回されました。
ところが再検査でいずれも基準値内に収まり医師も首を傾げておりました。
もしかしたら大豆製品の取り過ぎでそうなっていたのかもしれません。
ちなみに現在非常に疲れやすくコレステロール値も高くなっており
甲状腺機能低下症の症状にそっくり当てはまる気がするので
しばらく大豆製品はやめてみようと思いました。
やめることでいい結果が出るといいのですが・・・。
 
みらの様、はじめまして。
ご訪問&コメント、どうもありがとうございます。

甲状腺機能低下症といっても、一過性のものがあるようですので、大豆製品のとりすぎが一時的に甲状腺機能に影響しているのかもしれませんね。
それにしても、大豆製品を多量に食べている人は昔から結構いるでしょうから、体調が著しく不調になるなら、すでにかなり問題になっているようにも思えます。

カロリーベースで考えると、私は大豆製品をみらのさん以上に食べていると思いますが、健康診断ではコレステロール値はどれも低く、その他のデータも全て正常値です。
甲状腺機能検査をすれば異常が発見されるのかもしれませんが、今のところ大豆製品をあまり食べなかったときよりもはるかに体調が良いくらいです。
大豆製品の大量摂取の影響には、個人差があるのでしょうね。

カロリー摂取不足による「Low T3 syndrome(低T3症候群)」ではないでしたら、大豆製品の摂取をしばらく止めてみて、体調不良との因果関係がはっきりわかるといいですね。
何事も”過ぎたるは及ばざるが如し”ともいいますので、大豆製品(に限りませんが)を食べるにもほどほどにするのが良いのでしょうね。(でも、私は今のまま食べ続けると思いますが)
yoshimi様
お返事ありがとうございます。
大豆の甲状腺ホルモンへの影響には個人差があるのかもしれないですね。
たしかに再検査2回とも正常でしたので一過性のものだと思います。
ちなみに最近は豆腐の食べすぎなので、今検査をすればまた橋本病と診断が出るかもしれません。
とにかく大豆製品は一時やめてみようと思います。
2~3ヶ月して体調の変化をお知らせしますね。
何も変わらない可能性もありますけど・・・(苦笑)
 
みらの様、こんにちは。

とりあえず大豆製品を止めて、体調変化を観察してみるしかありませんね。
毎日豆腐3丁(300g)くらいなら、特に食べ過ぎと思いませんが、その上に豆乳と納豆を常食しているのであれば、やはり多いですね。

私はきな粉100g~150gと乾燥おから5g~10g、お味噌汁1杯(味噌6g)は毎日食べていて、さらに豆腐100~200gまたは厚揚げ1/2枚を食べることが多いです。
これだけで600kacl~800kaclほどになるので(乾燥大豆に換算したら150~200g弱)、自分でも食べ過ぎだと思ってますが、鉄分摂取量がかなり多いために持病の酷い貧血が治ったので、イソフラボンのとりすぎなのを除けば、今のところ問題なさそうです。
yoshimi様、こんばんは。
体調が良く、甲状腺検査で異常もなければ特に気にしないでも大丈夫だと思います。
大豆にはよい面もたくさんありますしね。

それでは、3ヵ月後くらいに体調をお知らせしますね。
失礼します。

大豆製品を食べずにいた結果は・・・
yoshimi様、こんばんは。
遅くなりましたが結果をご報告いたします。
大豆製品を禁止してからの体調ですが、特に変わりませんでした。
疲れやすいのは大豆のせいではなく別の問題のようです。
なお、甲状腺の検査は異常無しでした。
値も前回と大差なしでした。
血液検査もなぜかコレステロールが少しだけ下がりましたが
前回と大して変わりませんでした。
もし、大豆が甲状腺ホルモンの効きを抑制するとしても
ごくごく僅かなのかもしれませんね。
甲状腺ホルモンが元から少ない人以外は
特に気にする必要はないのかもしれません。
貴重な実験結果です
みらの様、こんばんは。

貴重な実験結果を教えて下さってどうもありがとうございます。
大豆製品が体調不良の原因ではなかったようですね。
大量(というか過剰)摂取している私としては、安心してしまいました。

私も毎年健康診断と、年2回ほど献血時に血液検査をしてもらうのですが、前回も両方問題ありませんでした。
でも、"過ぎたるは及ばざるが如し"とも言いますので、大豆製品ばかりではなく、他のお豆(小豆、ひよこ豆、キドニー豆、緑豆、ピーナッツなど)やナッツも食べるようにしてます。
大豆また食べ始めました
yoshimi様、こんばんは。

大豆製品は美味しいですし、良い効果もたくさんありますからね。
私も実験が終わったので先週から大豆製品をまた食べ始めました♪
おっしゃるとおり、極端はよくないとも聞きますし(極端に同じ物を食べるとアレルギーを発症するとの見解もある様です)
色々なお豆を食べるのがいいのかもしれないですね。
私もそうすることにします。

お豆、美味しいです
みらの様、こんにちは。

さすがに毎日大豆製品を大量に食べていると、他のお豆も食べたくなります。
お豆は乾物でも缶詰の茹で豆でもいろんな種類がありますし、食べ方のバリエーションも多いので、飽きずに食べられますね。
小豆と緑豆はデトックス効果があるそうなので、豆ご飯とかチェーにしたり、冷凍した茹豆を少し解凍してアイス代わりに食べてます。
ピーナッツとそら豆(いかり豆)も大好きなのですが、特に、自家製燻製ピーナッツが美味しいです。
そういえば、ピーナッツは大量に食べるとアレルギーを起こすと言われていますね。
今まで一回で150g~200gくらい食べても大丈夫でしたが、炒り・茹で大豆と同じく、かなり消化に悪いです。
お豆、おやつにいいですよね
yoshimi様、こんばんは。

都合によりお返事が遅れました。
すみません。
豆ご飯、ピーナッツ、そら豆美、味しいですよね♪
私も大好きです。
あと、最近はチーズにアーモンドを挟んで食べたりしてます。
なかなか美味しかったですよ。
おやつによい感じです。

>ういえば、ピーナッツは大量に食べるとアレルギーを
>起こすと言われていますね。

どういう原因だか分からないのですが急にアレルギーになってしまう
人もいますよね。
芸能人でも元CCBの関口誠人さんが急に豆乳アレルギーになり
アナフィラキシーショックを起こしたらしいですし、叶姉妹も咳止め薬でアナフィラキシーショックに・・・。
俳優の豊川悦司さんは牡蠣でアナフィラキシーショックになったようです。
でも、大多数の人がたくさん食べてもそうはならないので
やはり最初からどこかアレルギー体質だったのではないかと私は思います。
ナッツとチーズ、美味しい組み合わせです
みらの様、こんにちは。

チーズとナッツは相性いいですね。
チーズのなかでは、クリームチーズが好きなので、くるみパンにつけたり、燻製して食べたりしてます。
チーズもナッツもカロリー高いので、食べすぎ注意ですね。
チーズを過食することはないのですが、ナッツ・豆類は止められない止まらない...みたいな状態になるので、摂取カロリーがバカになりません。

アレルギーには昔から縁がありません。
小麦・卵に牛乳アレルギーは多いようですが、豆乳アレルギーは珍しいですね。
薬を飲んで蕁麻疹出た..という話はよくききます。薬にはいろんな成分が含まれていますから、アレルギー起こしやすそうです。
止まらなくなりますね
yoshimi様、こんばんは。
たしかにお豆は止まらなくなりますよね。
以前、ピーナッツが止まらなくなりお腹を壊したことあります…。
そういうこともあって、私は小さい袋に(10粒ほど)
入っているものを食べるようにしてます。
1袋分のカロリーや糖質などが記載されておりますので目安になります。
1回のおやつに5粒、一日に10粒程度(70kcal)食べてます♪
買わないのが一番なんでしょうが
みらの様、こんばんは。

胃腸は丈夫なので、ピーナッツでもお菓子でも、一度に150gとか200g以上食べても全然平気です。なので食べ過ぎてしまうんですよね。
小袋タイプは私には抑制効果がなかったので、まあ買わないのが一番です。
でも、禁断症状?には勝てず、無駄な抵抗するのは止めました。
1日のトータル摂取カロリー1400kcalが目標なので、他の食べ物と合わせて、概ねそれくらいで収まれば良しとしてます。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。