波多野睦美 & 高橋悠治 『ゆめのよる』

2014.05.13 18:00| ♪ 高橋悠治
高橋悠治と波多野睦美による歌曲アルバム『ゆめのよる』。
叙情美しいフランス歌曲とモンポウ歌曲、それに高橋悠治作の歌曲というユニークな選曲。
高橋悠治のピアノソロによる《3つのジムノペディ》が収録されているのも、このアルバムの聴きどころ。

ゆめのよるゆめのよる
(2009/10/07)
波多野睦美&高橋悠治、波多野睦美 他

試聴ファイル


<収録曲>
モンポウ:《夢とのたたかい》より
  きみの上には花ばかり
  ゆうべおなじ風が
  きみは海のよう
モンポウ:
 鳥さん、かわいい鳥さん
 魂をうたう
 牧歌
プーランク:平和の祈り
アントネッロ・ド・カゼルタ:完璧な美
サティ:ダフェネオ
高橋悠治:むすびの歌
ブランジェ:
 反映
 帰還
サティ:帽子屋
サティ:3つのジムノペディ第1番~第3番
高橋悠治:ゆめのよる
プーランク:水差しの赤ちゃん
サティ:あなたがほしい
プーランク:ギターによせて
高橋悠治:
 さざんか
 時計草
 おやすみなさい

                    

収録した作曲家は、フランス歌曲のなかでも、お洒落なサティとプーランク。ドビュッシーとサティの影響を受けたモンポウ。(知らない作曲家の)リリ・ブランジェ(ナディア・ブーランジェの妹)とカゼルタ、それに高橋悠治。
どれも聴いたことがない曲ばかりなのが新鮮。現代曲とはいえ、調性感があり叙情的で美しい曲が多い。

モンポウ歌曲は、泡い哀感が深く響いてくるような叙情感。スペインの異国情緒は薄く、”スペインのサティ”と言われるだけあって、フランス歌曲を聴いているみたいな気がする。
プーランクの《平和の祈り》は、プーランクにしては生真面目(?)なタイトルで、曲はとても美しい。
ブランジェの《帰還》はピアノ伴奏がちょっと面白くて、ふわふわした浮遊感がある。
作風として異質なのが、高橋悠治作曲の歌曲。日本語の歌詞で響きも発声も歌いまわしも、他の曲とは全然違って、突如場面転換したみたいな雰囲気。
それでも、彼の室内楽曲よりは歌曲の方がかなり聴きやすいし、ピアノ伴奏が結構凝っているので、伴奏だけ聴いていても面白い。

サティの《あなたがほしい》がとても素敵。訥々感のあるタッチとフレージングのピアノ伴奏には、温かみとユーモアがある。
《3つのジムノペディ第1番~第3番》は、高橋悠治のピアノソロ。
若い頃にDENONに録音した同曲の演奏とは随分違っている。
インテンポで硬質のクールなタッチの旧盤は、”客観的”とでも言いたくなるような趣き。フレージングは直線的で、アクセントもかなりきつかった。
この再録音では、タッチもフレージングにも柔らかみがあり、余韻の響きが豊かで、包み込みような温かみもある。
拍子のとり方が面白く、ルバート気味にテンポが揺れて、両手の拍子を揃えずにわざとずらして、規則性を崩している。
旧盤の演奏は特に好きというわけではなかったけれど(サティ自体が好きではないし)、この《ジムノペディ》の力みのない融通無碍の雰囲気と洒落た味わいは好きになれそう。

これは昔のスタジオ録音の音源。
Satie: Gymnopédies -- Yuji Takahashi, piano


タグ: 高橋悠治 波多野睦美 モンポウ サティ プーランク

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。

コメント

非公開コメント

◆カレンダー◆

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

◆ブログ内検索◆

◆最近の記事◆

◆最近のコメント◆

◆カテゴリー◆

◆タグリスト◆

マウスホイールでスクロールします

◆月別アーカイブ◆

MONTHLY

◆記事 Title List◆

全ての記事を表示する

◆リンク (☆:相互リンク)◆

◆FC2カウンター◆

◆プロフィール◆

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

◆お知らせ◆

ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿と思われるコメントや、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。