素敵なクラリネット曲

2014.07.01 18:00| ♪ 管弦楽曲/声楽曲
管楽器の曲はほとんど聴かないけれど、たまたま聴いたクラリネット曲で好きなものがいくつか。

石毛里佳/クラリネット3重奏曲《ウェントス》(Ventus for Clarinet Trio)
吉松隆風の旋律と和声で、軽快でスマートな曲。吉松作品と言われても、私には違和感がないくらい。





ベラ・コバーチェ/ファリャへのオマージュ
「ファリャへのオマージュ」のとおり、スペイン風のパッショネイトな曲想。
異なる音域の旋律が交互に現われてくるせいか、クラリネット1本で弾いているのに、まるでクラリネットでアンサンブルしているかのように聴こえる。

Christoph Schneider, Klarinette: Béla Kovács - Hommage à Manuel de Falla (Zugabe)




高橋宏樹/クラリネット3重奏曲《3つの魔法》 I. 風の魔法 II. 海の魔法 III. 月の魔法
第2楽章「海の魔法」がとても面白い。ゆら~りゆらゆら~みたいな感じで、ファンタジー映画に出てくるような摩訶不思議な雰囲気。
「風の魔法」は楽しげな遠足風(あまり魔法的な感じはしないけど)。
軽快な「月の魔法」は、次から次へと魔法がかかっていくような目まぐるしさが面白い。






ついでに、クラリネットではなくフルートだけど、吉松隆《デジタルバード組曲》
これは新進フルーティスト上野星矢さんのセカンドアルバムのSP映像。
「いわゆる伝統的なフルートらしさに縛られることのない斬新な演奏スタイル」らしい。(フルート曲はほとんど聴かない私にはよくわからない)
ポピュラーな名曲とポップスで構成したデビューアルバム『万華響』よりも、私の好きなプーランク&吉松作品が入った『デジタルバード組曲』の方が面白い。
ちなみに、「僕は音を聴いた瞬間にある決まった色が浮かぶんです。」と発言しているので、彼は音に色が見える共感覚である「色聴」らしい。



デジタルバード組曲デジタルバード組曲
(2013/08/21)
上野星矢

試聴ファイル

吉松隆が評するに、「まるで羽根が生えて天空を翔るようなフルートだ。鋼のように研ぎ澄まされていながら、羽毛のように優しく、その翼の向こうには星をめぐる夢までもが聞えてくる。」

タグ:吉松隆

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。

コメント

非公開コメント

◆カレンダー◆

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

◆ブログ内検索◆

◆最近の記事◆

◆最近のコメント◆

◆カテゴリー◆

◆タグリスト◆

マウスホイールでスクロールします

◆月別アーカイブ◆

MONTHLY

◆記事 Title List◆

全ての記事を表示する

◆リンク (☆:相互リンク)◆

◆FC2カウンター◆

◆プロフィール◆

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

◆お知らせ◆

ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿と思われるコメントや、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。