リゲティ/ピアノ協奏曲

ちょっとジャジーな雰囲気のするリゲティの《ピアノ協奏曲》。
《練習曲集》や《ムジカ・リチェルカーレ》と比べると、ピアノ協奏曲というわりに、第1楽章のピアノパートはリズム音楽みたいで、独奏曲のような音色とソノリティの多彩さや幻想性はそれほど味わえず。
逆に、伴奏しているオケの方が、楽器の音色が色とりどり。
特に、第2楽章は雅楽みたいで、このオケパートはとっても面白い。

下行するピアノパートはどこかで聴いたことがあると思ったら、とってもメシアン風。
それ以外にも、メシアンを連想することが度々。
好みとしては、ピアノを聴くという点では、やっぱりピアノ独奏曲の方がずっと魅力的。

Piano Concerto (1985-1988)
 I. Vivace molto ritmico e preciso
 II. Lento e deserto
 III. Vivace cantabile
 IV. Allegro risoluto, molto ritmico
 V. Presto luminoso

György Ligeti - Piano Concerto, I-II
Pierre-Laurent Aimard, piano、Asko Ensemble、Reinbert de Leeuw


György Ligeti - Piano Concerto, III-V


タグ:リゲティ エマール

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。

コメント

非公開コメント

◆カレンダー◆

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

◆ブログ内検索◆

◆最近の記事◆

◆最近のコメント◆

◆カテゴリー◆

◆タグリスト◆

マウスホイールでスクロールします

◆月別アーカイブ◆

MONTHLY

◆記事 Title List◆

全ての記事を表示する

◆リンク (☆:相互リンク)◆

◆FC2カウンター◆

◆プロフィール◆

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

◆お知らせ◆

ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿と思われるコメントや、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。