米価暴落の原因 

2014, 09. 20 (Sat) 18:00

今年の秋は、お米が異常に安い。
お米の消費量は以前の半分から1/3くらいまで減っているので、お米を買う頻度も半年ごとくらい。
精米したものは酸化していくので大量に買いだめできないから、いくら安くても今は買わないけど。
でも、冷蔵庫で保存しておけばストックできる玄米の方は、店頭価格を見る限りでは、全然安くなっていない。
買う側としては、玄米の方が白米よりもずっと高いので、こちらの方も安くなって欲しい。

【米価暴落】空前の低米価 農家経営を直撃[農業協同組合新聞、2014年9月21日]
農家悩ますコメ余り 止まらない価格下落[東京新聞、2014年9月6日]


ネットニュースだけでは、この暴落を招いた米の過剰在庫の原因がもう一つよくわからない。
このレポートを読んだら、過剰在庫が積みあがったのは、需給バランスを無視した供給サイドの思惑が原因。
さらに、今年は平年並み以上の収穫となる地域が多いことが、在庫過剰感と米価暴落に拍車をかけている。

秋に米価は暴落する[山下 一仁,キャノングローバル戦略研究所,2014年8月18日]
米価低下の原因と対策[同上,2014年9月25日]

<関連記事>
兼業稲作農家の退場迫る。傍観のメディアよ動け[団藤保晴、2014年10月23日、BLOGOS]

0 Comments

Leave a comment