*All archives*



今年のクリスマスに聴きたい曲は...
毎年クリスマスに近づくと聴きたくなる曲をいくつかピックアップ。(私には定番の曲なので、毎年代わり映えしないけど)

バッハ=ブゾーニ編曲《前奏曲とフーガニ長調BWV 532》
この曲は、CDでは聴いているのに、Youtubeの音源がなかったので、今まで載せていなかった。
レーゼルが東ドイツ時代に多数録音した曲のなかでも、最も好きな曲の一つ。
レーゼルの明るくクリアな音質と、力強くも軽やかで躍動感のある切れの良いタッチがとてもよく映えて、いつ聴いても惚れ惚れするような鮮やかさ。
清々しく心弾むような気分になるので、クリスマスが近づくといつも聴きたくなってくる。

Bach / Busoni - Prelude & Fugue in D major BWV 532 - Rösel



プラッゲ《クリスマス変奏曲~クリスマス・キャロルによる即興変奏曲》
ヴォルフガング・プラッゲは1960年オスロ生まれの作曲家。
この《クリスマス変奏曲》は北欧の有名なクリスマス・キャロルの変奏曲。15の変奏曲があるので演奏時間は50分あまり。
プラッゲの他の作品とは違い現代音楽的では全然なくて、美しいピアノの音とメロディに心ほのぼの。

Julevariasjoner [Hybrid SACD]Julevariasjoner [Hybrid SACD]
January 1, 2005
Wolfgang Plagge (Piano)

試聴する




バッハ《Jesu,joy of men's desiring/主よ、人の望みよ喜びよ》(マイラ=ヘス編曲)
クリスマスに必ず聴くのが《主よ、人の望みよ喜びよ》。
原曲は、カンタータ第147番《口と心と行いと生きざまもて》の第6曲&第10曲のコラール”Jesu,joy of men's desiring”。
ピアノ編曲版で有名なのはマイラ・へスとヴィルヘルム・ケンプ。ヘス編曲版の方がよく演奏されている。
有名なのはリパッティの録音。私はいつもカッチェンのピアノで。

Julius Katchen play Bach : Jesu,joy of men's desiring Cantata,BWV174 arrange by Myra Hess



フォーレ《夢のあとに》(フィオレンティーノ編曲》
とろけそうなくらいに甘美でムーディ。こんなにロマンティックなフィオレンティーノの編曲が素晴らしく。
フィオレンティーノのバッハなら、《パルティータ第1番》と彼自身が編曲した《無伴奏ヴァイオリンソナタ第1番 BWV1001(ピアノ独奏版)》も素敵。

Fiorentino plays Fauré Après Un Rêve




R.シュトラウス《Morgen/あすの朝》
ピオーの美しい歌声で、しっとりした叙情感と透きとおるような清らかで静寂な”Morgen”。
Morgen!(from Vier Lieder)/詩:ジョン・ヘンリー・マッケイ (梅丘歌曲会館「詩と音楽」)

Sandrine Piau: "Morgen" by Richard Strauss  (音源が削除されてました)


バッハ《前奏曲とフーガ イ短調BWV.543》(リスト編曲)
コロリオフの瑞々しい潤いのあるソノリティとやや抑制されたタッチから湧き出てくる端正で深い叙情感が美しく、教会建築のように荘重華麗なバッハ。どちらかというと、クリスマスよりも、大晦日に聴きたくなる。

BWV543 Prelude & Fugue in a (F.Liszt) Evgeni Koroliov 2010



<参考>クリスマスに関連した過去記事リスト

tag : バッハ フォーレ シュトラウス プラッゲ レーゼル カッチェン フィオレンティーノ ピオー

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。
Secret
(非公開コメント受付中)

プラッゲのアルバム
yoshimiさん、こんにちは。

こちらの記事を拝見して、プラッゲのアルバムを求めに行ったところ
輸入元のメーカーにも在庫がないとのことで、現在取り寄せ中なんです。
今年のクリスマスには間に合わないかもしれませんが、時間がかかっても
私の手元に届くといいな〜と思ってます。
プラッゲさんは作曲家でもあるんですね。
北欧のクリスマスキャロル…楽しみです。


素敵なアルバムです
ANNAさん、こんにちは。

現代音楽の作曲家とは思えないほど、プラッゲのクリスマスアルバムはとても優しくほのぼのしてますね。それに、音質が良いので、ピアノの音がとても綺麗です。
クリスマスに限らず、冬の寒い夜に聴くと心温まってきます。
マイナーレーベルなのでプレス数が少ないのでしょうが、無事入手できると良いですね。
yoshimiさん、こんにちは。お久しぶりです。

取り寄せ中だったプラッゲのアルバム、2月末にようやく届きました。このまま入荷しないのかな?と思っていた矢先の入荷の連絡。

1日のおわりに、このアルバムを聴くと、心が落ち着いてきます。

プラッゲというピアニストも初めてでしたし、私一人では見つけられなかった
yoshimiさんにご紹介いただいたからこそ出会えたアルバムだと思ってます。
ご紹介ありがとうございました。




 
ANNAさん、こんにちは。

ようやくお手元に届いたようで、良かったですね!お役に立てて何よりです。

私もナクソスのNMLで偶然見つけたアルバムでした。
現代音楽の作曲家の作品は、最後まで聴いてみないと(聴いてみても)、よくわからない曲が多いですが、この曲は冒頭を聴いただけでとっても素敵なのがわかります。
クリスマスに限らず、いつ聴いてもほのぼの~として、癒される音楽ですね。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。