*All archives* |  *Admin*

低糖質パン ~ ローソン「ブランパン」、鳥越製粉「パンdeスマート」、低糖質パンレシピ
----------------------------------------------------
ローソン「ブランパン」シリーズ
----------------------------------------------------
低糖質で人気のあるローソンの「ブランパン」シリーズ

「原材料メーカーとの共同開発によるイノベーション “米ブラン”を配合した新しいブランパンが誕生「ブランパン」がより美味しく、より低糖質に」(2014年5月16日,ニュースリリース)

次々と発売されるコンビニのPBパンのなかでは、セブンイレブンの「金の食パン」」と並んで、オリジナリティがあるヒット商品。
「金の食パン」は糖質たっぷりなので食べる気はしないけれど、「ブランパン」のコンセプトは好感できる。
最近初めて買ったブランパンは、糖質が一番少ない丸パンの「ブランパン 2個入」。
価格は116円(税込125円)。巷の低糖質パンに比べて、とても安いのは◎。さすがに大量販売できるローソン。
ローソンのデータによれば、リピート率は46%と、通常のパンの2倍以上。
2014年のブランパンシリーズ売上高は、2013年の倍近くになる見込み。

普通の丸パンに比べると、ブランパンは見るからにちょっと小さい。
米粉ではなく、“米ブラン(米のふすま)”入りの生地なので、もっちりしっとり。
小麦ふすまというのは、糖質カットのためによく使われるけれど、「米のふすま」というのがあるのは初めて知った。

ブランパンシリーズのメーカーは、山崎製パン。乳化剤や甘味料など添加物が多いのは、(山崎パンに限らず)普通の袋物の菓子パンと同じ。
それに、増粘剤か米ブランを入れた影響なのか、「ネチャネチャ」感がある。
味はそれほど悪くないけれど、凄く美味しいというわけでもない。でも、毎日食べ続けられるくらいには美味しい。
1個あたり熱量67kcal、糖質2g少々と、低カロリー、低糖質。
普通のロールパンの15%くらいの糖質量なので、2個食べても糖質が全然気にならないのが最大の利点。

スイーツ代わりにブランパンを食べてみたい気もしたので、クリスマスに「ほろにがショコラ&ホイップブラン」を食べてみた。
糖質が11gくらいで、小麦で作った場合の1/3くらいの糖質量。
ケーキっぽい生地を期待していたら、普通のチョコ風味のパン生地だった。
ナイフで半分に切ってみると、空洞が多くて、生地部分が少ない。
生地は米ブランとシトラスファイバーのおかげでしっとりもちもち。米粉パン風の食感と味がするのがかなり好き。
チョコクリームはビターで美味しかったけれど、ホイップクリームが甘くなくて、もう一つ。
パンとしては普通に美味しいけれど、リピートしたいほどではない。
デザート代わりなら、(売り切れていた)ケーキのクグロフの方を食べた方がよかった気がする。
どうやら、温めて食べるとチョコとホイップクリームが溶けて美味しいらしい。
そこで、カット面を上にして、トースターのロールパンコースで少し温めから、パンをペチャンコにしてチョコ&ホイップクリームをサンドして食べてみた。
トロトロになったチョコ&ホイップクリームとパン生地が一緒に口の中にはいってきて、これはかなり美味しい。
こういう味と食感なら、リピートしたくなったくらい。

それでも、ブランパンを常食しようとは思わない理由は、普通の菓子パンと同じように、多種類の添加物が使われているし、割高な小麦&米ブランを使っているので価格の割りにどれも小ぶり。
それより、おから蒸しパンなら自分でも簡単に作れるし、大豆粉や小麦ふすまはネットで買えるので、(味や食感はともかく)自分で低糖質パンを作った方が添加物もほとんどなくて、低糖質パンを頻繁に買うよりは低コスト。
今度は、ホームベーカリーで大豆粉と小麦グルテンを作った低糖質パンを作りたくなってきた。

パンだけでなく、デザートにもブランシリーズがあるのを発見。
ロールケーキ1切れの糖質7.6gで、税込み180円。
プレミアムシリーズの普通のロールケーキと比べると、糖質量は半分くらいで、価格が2割くらい高い。
普通のロールケールと比べて、糖質量がかなり少ないわけでもないので、これはパス。

プレミアム ブランのロールケーキ


<関連データ>
日本人の長寿を支える「健康な食事」のあり方に関する検討会 「ローソンの取り組み」(H25.12.16)
ブランパン発売(2012年6月~)以降、累計1,500万個販売(2012年6月~2013年9月)
-2013年売上高:約60億円
-2014年度売上高予測:約100億円超
-「ブランパン2個入」のリピート率(顧客が繰り返し購入される割合):46%(通常のパンの2倍以上)


<参考ブログ>
ローソン「ブランパン」新シリーズ登場!(2)[WADA-blog]
初★ローソン・ブランパン[ローカーボ女子]
米ふすまパワーに驚いた!ローソンの新しいブランパンは腹持ちがめっちゃいい!【PR】[ちわわのまま]
ローソン 『ほろにがショコラブラン』 買ってみました♪[鍵穴のない部屋 日記]



----------------------------------------------------
鳥越製粉「「パンdeスマート」と低糖質ミックス粉シリーズ
----------------------------------------------------
鳥越製粉は、ローソンのブランパンの原料粉を製造している製粉メーカー。
同社が発売している「パンdeスマート」は、焙煎した小麦皮の微粉末と小麦たんぱくが主成分のパン用ミックス粉。
これを使えば、自宅でも糖質80%オフの自家製低糖質パンが簡単に作れる便利なお粉。

ブラン粉は、原料に小麦や米などの穀物の皮(ふすま)を使用。
ふすまを使うと、全粒粉パンと同じく、膨らみが悪くなるので、吸水性が優れているオレンジの皮の内側の繊維を粉状にして加えることで、でんぷんがなくても、ふんわり膨らむという。
(原材料)小麦たんぱく、小麦ふすま(国産)、シトラスファイバー、 食塩、増粘多糖類。

TV「がっちりマンデー」で紹介された鳥越製粉 糖質80%OFFの粉がローソンのブランパンに使われています[暮らしの空間]

この「オレンジの皮を剥いた内側の白い繊維」は、シトラスファイバーのこと。
「ブランパン」や、「パンdeスマート」の原材料表示をみると「シトラスファイバー」が記載されている。
シトラスファイバーは、オレンジなどのかんきつ類の皮の裏の白い部分から取れる食物繊維。
寒天のように、多量の水を吸収して膨張するので、ダイエット用食品によく使われている。
パン生地などに加えることでやわらかくふわっとした食感を 持続することが出来るというので、大豆粉パンやふすまパンのレシピにも使われている。
シトラスファイバーの代わりに、吸水性と保水性の高いおからパウダーをつかっても、ふわふわしっとりしそうな気がする。

同社では、「パンdeスマート」に加えて、オーツブラン、ホットケーキ、お好み焼、めん(麺)用の低糖質ミックス粉も発売中。
最近発売されたのが、フィリップス製ヌードルメーカー専用のミックス粉。糖質を最大70%カット。
原材料は、小麦たんぱく、難消化性とうもろこしでん粉(遺伝子組換え不分別)、 オーツブラン、加工でん粉、セルロース、増粘剤(アルギン酸エステル)、 グルコマンナン。

「パンdeスマート」は、一度使ってみたいなあと思うけれど、1kg2000円近くと、市販の強力粉(国産/輸入)の5倍~10倍くらい、小麦粉のパン用ミックス粉の5倍ほどと、かなり高額。
今のところ、糖尿病でも肥満でもなく、そういう高コストの低糖質パンを常食する必要がないので、買う気にはならない。
自分で作るとしたら、大豆粉・小麦ふすま・小麦グルテンを買ってホームベーカリーで作るほうが、美味しいかどうかは別として、コスト的にはかなり安くなる。


----------------------------------------------------
小麦ふすまや大豆粉を使った手作りパンレシピ
----------------------------------------------------
自家製低糖質パンを作るのに必要なのは、小麦ふすまや大豆粉といった糖質が低い粉と小麦グルテン。
他にアーモンドパウダーやシトラスファイバーなどを加えることもある。

『大豆粉でつくる、糖質オフでもこんなにおいしいパンとお菓子』
このレシピブックは、大豆粉と小麦グルテンがベースなので、アーモンド粉を使うレシピよりも手軽でコスト的には安い。
味の方は、たぶんアーモンド粉を使った方がずっと美味しくなると思うけど。
ほとんどが手捏ね用レシピで、ホームベーカリー用レシピは1つだけ。
大豆粉に対する小麦グルテンの比率は、40%(もっちり)、60%(しっとり)、80%(さっくり)の3パターン。
パンの種類も多く、クッキーやマフィンなどのお菓子のレシピも入っているので、バリエーションは豊富。
お味の方は、一度作って食べてみないとわからないけれど、シンプルな材料から考えて、大豆粉独特の風味と食感がありそう。
カスタマーレビューを読むと、なかなか上手く作れない場合も多いらしい。
大豆粉とグルテンはメーカーによっていろいろ特性が違っているので、まず粉選びがポイント。

大豆粉でつくる、糖質オフでもこんなにおいしいパンとお菓子大豆粉でつくる、糖質オフでもこんなにおいしいパンとお菓子
(2013/07/23)
森田 康行、栗崎 優子 他

商品詳細を見る




低糖質パン レシピ一覧[キッチンは実験室~Experiment in the kitchen : 血糖値を上げない、ふとらないお菓子やパンのレシピの研究]
小麦ふすま、大豆粉、アーモンド粉などを使った低糖質パンレシピ集。
手捏ねとホームベーカリー用のレシピが多種類あり、市販の低糖質パン並みに材料がかなり凝っている。
特に参考になったのは、「HBで低コスト・低カロリーな全粒粉風・湯捏ね大豆粉パン(珠美人)~低糖質」のレシピ。
メーカーによる大豆粉の違いが書いてあって、失活処理をしている「みたけ」の大豆粉は膨らみにくく、よく膨らむユウテックの「珠美人」は捏ねる前に熱湯をかけると、特有の青臭さが消えると言う。
Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

愛聴するのはベートーヴェンとブラームス、それにバッハ。ロマン派ならリスト。​さらに現代(20​世紀)の音楽を探検中。特に好きなのはピアノ音楽(ソロ、コンチェルトに室内楽)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなピアノ曲:ベートーヴェン/ピアノ・ソナタ第30・31・32番,ピアノ協奏曲第3番&第4番。ブラームス/ピアノ協奏曲第1番&第2番、ヘンデル変奏曲、後期ピアノ作品集。バッハ:パルティータ、フランス組曲、イギリス組曲

好きなヴァイオリン曲:バッハ・ベートーヴェン・ブラームスのヴァイオリンソナタ(ピアノ&ヴァイオリン)、シベリウス/ヴァイオリン協奏曲

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿と思われるコメントや、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。