*All archives*



アルミニウムフリーのベーキングパウダー
フライパンを買うときに、アルミ製は健康に良くない、アルツハイマーの原因の一つになっている、というブログをいくつも見た。
アルミ製のものはもとから持っていないので、気にも留めなかったが、ベーキングパウダーに実はアルミニウム(みょうばん)が入っているのを初めて知った。

日本アルミニウム協会のホームページでは、アルミと健康とくにアルツハイマー病との関係についての情報提供をしている。
「アルミニウムと健康 Q&A」を読むと、確かに過剰摂取は健康には良くはないらしい。
アルミニウムに限らず、過剰摂取が良くないものは山ほどあるが。

「WHO(世界保健機構)では、例えば体重50kgの人が1週間あたり最大350mgまで生涯摂取し続けても、健康には影響を及ぼすことはないという基準値を設定しています。」ということだが、日常の生活における成人1人あたりの平均摂取量は、1日あたり10mg以下らしい。

ベーキングパウダーを5g使っても、そのうちアルミニウムは一部しか使われていないから、ベーキングパウダーだけをとれば問題にはならない。
毎日、ケーキを1ホール食べる人はほとんどいないだろうし。
他の食品・飲料水からもアルミニウムを摂取しても、毎日継続的に過剰摂取する可能性は低いようだ。

そうであっても、わざわざアルミニウムを入っている食材を使うよりは、入っていない食材を使いたくなる。
日本製のアルミニウムフリー・ベーキングパウダーは出回っていないようだ。
ネットで売られているのは、ほとんど米国のラムフォードアルミニウムフリーベーキングパウダー
114gで263円。

日本のベーキングパウダーのメーカーが、アルミニウムフリー製品を作ったら、危険性があると認めたかのように誤解されるからだろう。
いろいろとしがらみの多い食品業界だから、日本メーカーからアルミニウムフリーのベーキングパウダーが販売されるのは、あまり期待できないかも。

クオカで探していると、メーカー名をなぜか書いていない製品で、生産国は日本となっているアルミニウムフリーのベーキングパウダーが販売されていた。200gが294円。
やっぱり、大々的にはメーカー名を出せないのかな?
この日本製アルミニウムフリー・ベーキングパウダーは、楽天やyahooでも見かけない。
売られているのは、ラムフォード社製。
でも、この日本製の方が、ケーキなどの仕上がりが良いらしい。
それに、ラムフォードは缶入りのくせに、なぜか密封性がないらしい。
日本製は密封パックらしい。
新宿高島屋のタイムズスクエアにある東急ハンズでも、アルミニウムフリーのベーキングパウダーを売っていた。製造メーカーは多分中小企業。

今持っているベーキングパウダーが無くなったら、クオカか東急ハンズで買ってみよう。

Secret
(非公開コメント受付中)


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ベーキングパウダーベーキングパウダーは、パンや焼き菓子に使われる膨張剤の一種で、膨らし粉とも呼ばれる。二酸化炭素|炭酸ガスを発生する炭酸水素ナトリウム|重曹が基剤となり、酒石酸水素カリウム、第一リン酸カルシウム、酒石酸、焼ミョウバン、フマル酸、リン酸ナトリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。