糖尿病死亡者数と統計方法

2015.04.08 18:00| ・ 医療全般
厚生労働省発表の「人口動態統計の概況」によると、平成25年の糖尿病による死亡数は1万3,812人。
糖尿病を死因とする死亡者数は、主にこの人口動態統計のデータが使われている。
死因をどうやって決定しているのか、統計方法を調べてみたところ、死亡届に添付されている死亡診断書上の「死亡の原因」が元々のデータになっている。

死因を決定するステップ:
死亡届・死亡診断書 ⇒ 人口動態統計死亡票 ⇒ (ICD分類とWHOの統一的手法による)原死因の選択・決定 ⇒ 死因分類表による分類 ⇒ 人口動態統計(死因統計)

ということは、実態としては同一の死因であっても、死亡診断書の記載内容によっては、死因が異なる可能性もある。


<糖尿病死亡者数の死因別内訳>
人口動態統計(2013年/平成25年、確定数)(下巻)

死亡 第1表-2 死亡数,性・死因(死因基本分類)別(総数、ICD-10コード A~T) (統計表/CSV))

(E10-E14)糖尿病 13,812
E10 インスリン依存性糖尿病〈IDDM〉 143
E10.0  昏睡を伴うもの 11
E10.1  ケトアシドーシスを伴うもの 12
E10.2  腎合併症を伴うもの 36
E10.3  眼合併症を伴うもの 2
E10.4  神経(学的)合併症を伴うもの 2
E10.5  末梢循環合併症を伴うもの 2
E10.6  その他の明示された合併症を伴うもの 9
E10.8  詳細不明の合併症を伴うもの 1
E10.9  合併症を伴わないもの 68

E11 インスリン非依存性糖尿病〈NIDDM〉 1,025
E11.0  昏睡を伴うもの 201
E11.1  ケトアシドーシスを伴うもの 23
E11.2  腎合併症を伴うもの 491
E11.3  眼合併症を伴うもの 1
E11.4  神経(学的)合併症を伴うもの 8
E11.5  末梢循環合併症を伴うもの 38
E11.6  その他の明示された合併症を伴うもの 73
E11.7  多発合併症を伴うもの 3
E11.9  合併症を伴わないもの 187

E12 栄養障害に関連する糖尿病 1
E12.9  合併症を伴わないもの 1

E13 その他の明示された糖尿病 8
E13.0  昏睡を伴うもの 1
E13.1  ケトアシドーシスを伴うもの 2
E13.6  その他の明示された合併症を伴うもの 1
E13.9  合併症を伴わないもの 4

E14 詳細不明の糖尿病 12,635
E14.0  昏睡を伴うもの 404
E14.1  ケトアシドーシスを伴うもの 280
E14.2  腎合併症を伴うもの 6,114
E14.3  眼合併症を伴うもの 11
E14.4  神経(学的)合併症を伴うもの 138
E14.5  末梢循環合併症を伴うもの 547
E14.6  その他の明示された合併症を伴うもの 1,283
E14.7  多発合併症を伴うもの 97
E14.8  詳細不明の合併症を伴うもの 18
E14.9  合併症を伴わないもの 3,743

(注)統計表では、男女別の人数しか記載されていない。上記の人数は計算した合計値。

◆人口動態統計における死亡統計の集計方法
「疾病、傷害及び死因分類の正しい理解と普及に向けて(ICD-10(2003年版)準拠)」(7~9枚目)に解説がある。

1)人口動態統計における死亡統計では、死亡届に添付される死亡診断書(死体検案書)の記載に基づき、国でICD分類を用いてWHOによって統一された方法による「原死因」の選択を行い、決定する。
2)死亡統計では、死亡診断書(死体検案書)に記載された直接死因を、死亡統計上の死因としているわけではない。
3)死因統計に用いる死亡原因、いわゆる死因は、上述の原死因を使用。

(例示)死亡診断書の記載に基づいた腎不全の死因分類
1欄(ア)直接死因 腎不全 9年 ⇒原死因:腎不全 コード:N19
1欄(ア)直接死因 糖尿病性腎不全 9年 ⇒原死因:糖尿病性腎不全 コード:E14.2



◆ICD-10に準拠した「疾病、傷害及び死因の統計分類」の解説

上述の「腎不全」については、「死因分類表」では、以下のように分類されている。

4100:糖尿病 E10-E14
14200:腎不全 N17-N19
14201:急性腎不全 N17
14202:慢性腎不全 N18
14203:詳細不明の腎不全 N19


従って、原死因が「糖尿病性腎不全」(ICDコード:E14.2 )と決定されれば、死因分類上は「糖尿病」となる。
人口動態統計上の死因「4100:糖尿病」は、ICD-10における「E10-E14」が該当。糖尿病合併症も含まれる。


◆現行のICD-10における糖尿病の分類
ICD-10の分類の構成(基本分類表)(「一 疾病、傷害及び死因の統計分類基本分類表」参照)
「第4章 内分泌、栄養及び代謝疾患(E00-E90)」(Excelファイル)

糖尿病(E10-E14)
下記の4桁細分類項目は項目E10-E14に使用する:
   .0  昏睡を伴うもの
   .1  ケトアシドーシスを伴うもの
   .2†  腎合併症を伴うもの
   .3†  眼合併症を伴うもの
   .4†  神経(学的)合併症を伴うもの
   .5  末梢循環合併症を伴うもの
   .6  その他の明示された合併症を伴うもの
   .7  多発合併症を伴うもの
   .8  詳細不明の合併症を伴うもの
   .9  合併症を伴わないもの
E10  インスリン依存性糖尿病<IDDM>
E11  インスリン非依存性糖尿病<NIDDM>
E12  栄養障害に関連する糖尿病
E13  その他の明示された糖尿病
E14  詳細不明の糖尿病

出典:「疾病、傷害及び死因の統計分類」(厚生労働省)


<参考資料>
「ICDのABC」(厚生労働省)

コメント

非公開コメント

◆カレンダー◆

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

◆ブログ内検索◆

◆最近の記事◆

◆最近のコメント◆

◆カテゴリー◆

◆タグリスト◆

マウスホイールでスクロールします

◆月別アーカイブ◆

MONTHLY

◆記事 Title List◆

全ての記事を表示する

◆リンク (☆:相互リンク)◆

◆FC2カウンター◆

◆プロフィール◆

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

◆お知らせ◆

ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿と思われるコメントや、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。