*All archives* |  *Admin*

ラヴェル/ソナチネ、き王女のためのパヴァーヌ
《ソナチネ》
《ソナチネ》を初めて聴いたのは、ソコロフのライブ録音。
どの楽章も繊細でロマンティック。ラヴェルのピアノ独奏曲のなかでは、一番好きかもしれない。
第1楽章Moderéは、蝶のように軽やかに舞う高音が煌くように綺麗。
第2楽章Menuetはとりわけ繊細で優しく、時に大らかに歌い上げるように。
第3楽章は、《水の戯れ》のように力強く華やかで、生き生き(Anime)。

Sokolov - Ravel Sonatine.wmv



《亡き王女のためのパヴァーヌ》
子供の頃に使っていたピアノ名曲集の楽譜によく載っていたのが、ドビュッシーの《亜麻色の髪の乙女》。
その頃は、ピアノで弾く曲としてラヴェルがあまり流行っていなかったせいか、《亡き王女のためのパヴァーヌ》が楽譜に載っていなくて、弾いたことがない。
でも、《亡き王女のためのパヴァーヌ》を初めて聴いたら、ドビュッシーよりも断然好きな曲だった。

ゆったりしたテンポと柔らかい音色がとても素敵なリヒテルの《亡き王女のためのパヴァーヌ》。
リヒテルより速いテンポで弾く人が多いけれど(ラヴェル自身のピアノロールでもかなり速い)、これくらい遅めのテンポの方が残響の響きが長く手美しく、想い出を回想するような深い味わいがある。

Richter - Ravel - Pavane pour une infante défunte


tag : ラヴェル ソコロフ リヒテル

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます
Secret
(非公開コメント受付中)

yoshimiさん、こんばんは。

ラヴェルのピアノ曲、私は高速系?の曲よりゆったりとした緩徐系の曲が
好きなので「亡き王女のためのパヴァーヌ」も大好きです。
リヒテルの演奏で聴いてみました。ご紹介ありがとうございます。
とってもいいですね〜
リヒテルは、私が好きなピアニストのひとりなのですが、ピアノコンチェルトなどで聴く、強靱なタッチ、スケールの大きな表現のリヒテルより、
愛らしい小品や緩徐系の曲で聴くことのできる、繊細で柔らかなピアニッシモ、叙情的な表現に、とても惹かれます。
 
ANNAさん、こんばんは。

ラヴェルのピアノ曲は、ドビュッシーほど印象派風ではないですが、じっくり聴くといい曲が多いですね。
「亡き王女のためのパヴァーヌ」は、もっと速いテンポの演奏が多いように思いますが、リヒテルの演奏は曲想にぴったり合っていて、とても素敵ですね。

(伝記か何かで)リヒテル自身、”弱音を繊細に美しく弾くピアニストは少ない”.とか何とか言っていたように記憶していますが、リヒテルは弱音の響きには特に神経を集中して弾いていたのではないでしょうか。
逆に、フォルテのときは、切りつけるようにきついタッチで弾いてたりしますので、そこは私の好みではないところなのですが...。
今では繊細で色彩感の美しい弱音を弾く人は多くなっているようですが(メルニコフとか)、フォルテを美しく弾く人は意外に少ないと思えます。
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

愛聴するのはベートーヴェンとブラームス、それにバッハ。ロマン派ならリスト。​さらに現代(20​世紀)の音楽を探検中。特に好きなのはピアノ音楽(ソロ、コンチェルトに室内楽)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなピアノ曲:ベートーヴェン/ピアノ・ソナタ第30・31・32番,ピアノ協奏曲第3番&第4番。ブラームス/ピアノ協奏曲第1番&第2番、ヘンデル変奏曲、後期ピアノ作品集。バッハ:パルティータ、フランス組曲、イギリス組曲

好きなヴァイオリン曲:バッハ・ベートーヴェン・ブラームスのヴァイオリンソナタ(ピアノ&ヴァイオリン)、シベリウス/ヴァイオリン協奏曲

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿と思われるコメントや、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。