2015_05
27
(Wed)12:00

【新譜情報】ペーター・レーゼル『楽興の時~ピアノ小品集』  

最新記事:ペーター・レーゼル『楽興の時~ピアノ小品集』(2015.06.09)

-----------------------------------------------------------------------

発売前になって、ようやく収録曲リストが公開されたレーゼルの新譜『楽興の時~ピアノ小品集』。

楽興の時~ピアノ小品集楽興の時~ピアノ小品集
(2015年06月03日)
ペーター・レーゼル


<収録曲>
● フランス組曲第5番~ガボット ト長調(J.S.バッハ)
● ピアノ・ソナタ K.331~トルコ行進曲(モーツァルト)
● ロンド op.51-1(ベートーヴェン)
● エリーゼのために(ベートーヴェン)
● ワルツ イ短調 op.34-2(ショパン)
● 無言歌集 op.62-6『春の歌』(メンデルスゾーン)
● 抒情小品集 第5集~小人の行進(グリーグ)
● 抒情小品集 第5集~夜想曲(グリーグ)
● 子供の情景 op.15~トロイメライ(シューマン)
● 子供の情景 op.15~見知らぬ国と人びとから(シューマン)
● 四季 op.37a~舟歌(チャイコフスキー)
● ユーモレスクop.10-2(チャイコフスキー)
● 即興曲 変イ長調 D.935-2(シューベルト)
● 楽興の時 ヘ短調 D.780-3(シューベルト)
● 舞踏への勧誘 op.65(ウェーバー)
● 楽興の時 op.16-5(ラフマニノフ)
● スペイン組曲『アンダルシア』~コルドバ(レクオーナ)
● スペイン組曲『アンダルシア』~マラゲーニャ(レクオーナ)

アルバムタイトルどおり、ポピュターなピアノ小品がほとんど。
聴いたことがないのは、レクオーナの『スペイン組曲』だけ。(後で確認すると、「コルドバ」はどこかで聴いたようなことがあるメロディだった)
よくある「ピアノ名曲アルバム」みたいなラインナップなので、CDを買いたいという気があまり起こらない。
選曲はレーゼル自身によるもの。(アルバムの企画・コンセプトはレーベル側で?)

私の特に好きな作曲家といえば、ベートーヴェンとバッハが入っているくらい。
苦手な作曲家(モーツァルト、ショパン、シューベルト、チャイコフスキー、ラフマニノフとか)と曲の方が多い....。
個人的な好みとしては、(ハフのコンセプトアルバムのような)技巧的でピアニスティックな曲や隠れた名曲・佳曲とかもいろいろ入っていたら良かったのだけど。

タグ:レーゼル

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。

2 Comments

芳野達司  

同感です。

こんにちは。
全容が判明しましたね。なるほど、購買意欲はイマイチかも。名曲アルバムのような選曲は嫌いではないですが、いささか細かすぎるような気がしなくもない。演奏はきっといいのでしょうけどね。

2015/05/27 (Wed) 17:59 | EDIT | REPLY |   

yoshimi  

価格のわりに選曲が...

芳野様、こんにちは。

オムニバスのピアノ小品集は何枚かもってますので(ケンプのベートーヴェン小品集とか、アラウのピアノ名曲集とか)、全然買わないというわけでもないのですが、選曲と価格の兼ね合いですね。
国内盤をSACD仕様にしてかなり高くなってますので、レーゼルのCDコレクターとはいえ、さすがにこの選曲だと買いにくいです。(選曲したレーゼルには申し訳ないんですが...)

2015/05/27 (Wed) 18:19 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment