*All archives* |  *Admin*

お洒落で可愛いクッキーアソート ~ グマイナー 《テーゲベック》
クッキー好きの叔母&従姉妹親子に送るお中元は、いつもクッキー。
お中元・お歳暮とも毎回違うクッキーを送るので、今回はグマイナーの《テーゲベック》をチョイス。
グマイナーは、高島屋日本橋店に日本初出店したドイツのパティスリー。

ドイツの老舗パティスリー「グマイナー」が日本初出店!日本橋・髙島屋にオープン[2014年11月16日、OZmall]

フォルカー・グマイナー氏は、ドイツ・シュヴァルツヴァルト地方で1898年創業というカフェ「グマイナー」の4代目。
100年間の経験に裏打ちされた歴史と伝統を重んじる「グマイナー」は、創業当初からのブランド哲学である「良質な素材をふんだんに使用して、添加物を極力使用しない」を守ったお菓子作りを行っている。
また、グマイナー氏は修行先をドイツ国内にとどまらず、フランス・オーストリア・スイス・イタリアに滞在することで、ヨーロッパ各国の菓子知識にも長けている。
そのように、故郷ドイツの菓子をベースに様々な文化を融合した彼が作る菓子は、他にはないオリジナリティーを強く感じさせる。
高島屋オンラインストアのお店紹介

《テーゲベック》は、バターたっぷり、ジャムやチョコも使った11種類のクッキーが40個入っている。
ドイツ菓子にしては、見た目がとってもカラフルで、形もおしゃれで可愛らしくて、とっても美味しそう。女性へのギフトにぴったり。
ブログなどでの評判も良く、クッキーを食べた叔母や従姉妹によると、日本で作られているクッキーとは風味がちょっと違って、添加物が入っていないような素朴な味。

グマイナーは高島屋日本橋店にしか出店していないので、こちらでは買えない。そのうちオンラインストアで買ってみようかと。

gmainer
オンラインショップで購入できるのは、高島屋オンラインストアのみ。
中元期は送料無料。(通常は送料324円がかかる)
チョコレートを使っているため、クール便にて配達。
今の時期だと、室温ではチョコが柔らかくなってしまうので、保存は涼しいところで。

グマイナーのテーゲベック[おいしいお取り寄せ]

グマイナーのfacebook

Secret
(非公開コメント受付中)

おいしそうです
カラフルで可愛らしいですね。
アメリカンクッキーより、こういうクッキーが好みです。
自分用に買いたいけれど、この半分でいいですね。
日本橋で買うのが一番よいのかもしれません。
お土産に、いつか買ってみようと思います。
食べてみたいですね!
passoさん、こんばんは。

こんなに可愛らしいクッキーは、ギフト用でもあまり見かないですね。
食べるのがもったいなくなってきます。
お店では、小さなサイズのセットも販売しているようです。
私は東京近辺に行く機会はあまりないので、チョコレートが溶けない冬のお歳暮シーズンにでもオンラインショップで買いたいな~と思ってます。
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

愛聴するのはベートーヴェンとブラームス、それにバッハ。ロマン派ならリスト。​さらに現代(20​世紀)の音楽を探検中。特に好きなのはピアノ音楽(ソロ、コンチェルトに室内楽)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなピアノ曲:ベートーヴェン/ピアノ・ソナタ第30・31・32番,ピアノ協奏曲第3番&第4番。ブラームス/ピアノ協奏曲第1番&第2番、ヘンデル変奏曲、後期ピアノ作品集。バッハ:パルティータ、フランス組曲、イギリス組曲

好きなヴァイオリン曲:バッハ・ベートーヴェン・ブラームスのヴァイオリンソナタ(ピアノ&ヴァイオリン)、シベリウス/ヴァイオリン協奏曲

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿と思われるコメントや、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。