デュシャーブル ~ プーランク/ピアノ協奏曲、2台のピアノのための協奏曲

デュシャーブルのディスコグラフィを調べていたら、プーランクのピアノ協奏曲を録音していた。
そのCDのジャケットに見覚えがあるので、CDラックを探したら、すぐに発見。
ジャン=フィリップ・コラールと共演した《2台のピアノのための協奏曲》もカップリングされていたので、なぜかコラールの名前の方だけ覚えていたのに、デュシャーブルが弾いていたとは今まで全然気が付かなかった。

2曲とも調性音楽で旋律も馴染みやくて聴きやすいわりに、過去のロマン派音楽とは全く違う現代的な感性が煌くように流れる。
両方とも結構好きだったので、随分昔によく聴いていた。

Poulenc : Concerto for 2 Pianos in D Minor Poulenc : Concerto for 2 Pianos in D Minor
(2008/3/11)
François-René Duchable, Jean-Philippe Collard, James Conlon & Rotterdam Philharmonic Orchestra

試聴ファイル(廉価盤にリンク)



今入手できるのは廉価盤。
Poulenc : Piano Concertos & Aubade - ApexPoulenc : Piano Concertos & Aubade - Apex
(2006/8/15)
François-René Duchable, Jean-Philippe Collard, James Conlon & Rotterdam Philharmonic Orchestra

試聴ファイル


ピアノ協奏曲 FP 146 (ピティナの作品解説)
第1楽章の冒頭主題は、映画音楽みたいにロマンティックで、この旋律を聴けばすぐにこの曲だとわかる。
流麗なフレージングと明るく洗練されたところが似ているせいか、この曲を聴いていると、いつもサン=サーンスを思い出してしまう。
第3楽章は茶目っ気があってコメディ風なところがプーランクらしいかも。

Poulenc - Concerto pour piano
Duchable - Rotterdam Philharmonisch Orkest - James Conlon




協奏曲 ニ短調(2台のピアノと管弦楽のための) (ピティナの作品解説)
初演は1932年のヴェネツィア国際音楽祭で、プーランク自身とジャック・フェヴリエのピアノで。
↓のライブ映像は、初演時(1932年)よりもずっとお年を召しているけれど、初演時と同じくプーランクとフェヴリエによる演奏。
どこかで聴いたような気がする曲だと思ったら、思い出したのはプロコフィエフ。
第1楽章は慌ただしく急転直下するような目まぐるしさ。
曲想と屈折した旋律や和声とかが良く似ているせいか、”フランス風”に洗練されて洒落たプロコフィエフ...みたい。
第2楽章はどこか昔懐かしいレトロな雰囲気。第3楽章は時々”シニカルなサン=サーンス”を聴いている気がする。

Poulenc Two Piano Concerto First Movement


Poulenc Two Piano Concerto Second Movement


Poulenc Two Piano Concerto Third Movement

タグ:プーランク デュシャーブル

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。

コメント

非公開コメント

◆カレンダー◆

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

◆ブログ内検索◆

◆最近の記事◆

◆最近のコメント◆

◆カテゴリー◆

◆タグリスト◆

マウスホイールでスクロールします

◆月別アーカイブ◆

MONTHLY

◆記事 Title List◆

全ての記事を表示する

◆リンク (☆:相互リンク)◆

◆FC2カウンター◆

◆プロフィール◆

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

◆お知らせ◆

ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿と思われるコメントや、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。