2015_09
20
(Sun)12:00

【新譜情報】スティーヴン・ハフ 『スクリャービン&ヤナーチェク/ソナタと詩曲』 

最新記事:スティーヴン・ハフ 『スクリャービン&ヤナーチェク/ソナタと詩曲』
-----------------------------------------------------------------------


ハフのボーウェンアルバムを試聴しようとして、偶然hyperionサイトで発見したハフの新譜は、スクリャービン・イヤーに合わせたのか、スクリャービンのピアノ・ソナタと詩曲、それになぜかヤナーチェク。

English AlbumScriabin & Janáček: Sonatas & Poems
(30 October 2015)
Stephen Hough (piano)

試聴ファイル
 CDジャケットの写真のイメージだと、”漆黒の夜の音楽”みたいな...。

<収録曲>
スクリャービン:ピアノ・ソナタ第5番 Op.53
ヤナーチェク:『草かげの小径にて』第1集 JW.VIII/17
スクリャービン:詩曲 嬰ヘ長調 Op.32-1
スクリャービン:詩曲『焔に向かって』 Op.72
ヤナーチェク:ピアノ・ソナタ『1905年10月1日、街頭にて』
スクリャービン:ピアノ・ソナタ第4番嬰ヘ長調 Op.30

ピアノ・ソナタと詩曲は、全てスタインウェイで、4年前の2011年に録音。
《草かげの小径にて》のみ、ヤマハCFXで2013年録音。


Scriabin & Janáček—Sonatas & Poems—Presented by Stephen Hough (piano)



試聴した限りでは、妖しげな雰囲気と濃密な情念は薄めのスクリャービン、透明感のある叙情が美しいヤナーチェク。
スクリャービンは凄く好きと言うわけではないけれど、年代によって作風を変わっていくのを聴いていくのが面白い。
特に初期のピアノ・ソナタ(第3番まで)は、響きの濃厚なショパン風でロマンティックだし、第4番は独特の浮遊感があって、どれも好き。
ショパンの影響を受けた初期の練習曲集や前奏曲集の名曲も録音して欲しかったけど。

ヤナーチェクのピアノ曲はスクリャービンよりもはるかに好きなのだけど、今まで聴いてきた録音(フィルクスニーとアンスネスなど)と比べて、ハフらしく叙情感はさっぱり爽やか。
《草かげの小径にて》は、残響がやや短めで、音に木質感があって少し篭った感じがする。(狭い部屋で聴いているような室内楽的な?音というのか...)

どの曲も、ハフの硬質でも柔らかで包み込むような響きがとても綺麗。
ヤマハで弾いた《草かげの小径にて》は、硬質でも柔らかで包み込むような響きに親密感が漂っている。
逆に、スタインウェイで弾いた《ピアノ・ソナタ》は、音に煌きがあり残響も多くて、情感の揺れの激しさがよく伝わる。
この新譜も、好みのタイプの曲がほとんどという選曲に加えて、演奏も期待にたがわぬ良い感触だったので、購入予定。


[追記 2015.9.24]
アファナシエフのアルバム『Homages & Ecstasies』を試聴していたら、スクリャービンの《Prelude No. 10 In C-Sharp Minor, Op. 11》は、まるでヤナーチェクみたいな音楽。


タグ:スティーヴン・ハフ スクリャービン ヤナーチェク

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。

2 Comments

takataka  

こんばんは。

久しぶりのコメントです。

スティーヴン・ハフは殆ど聴いたことがありません。
モンポウかなんか?で少々接触しているかもしれません(?)

ヤナーチェクとスクリャービンのプログラミングとは、刺激的です。
スクリャービンの新刊を購入して読む準備はしているんですが
いつになることやら。

2015/09/21 (Mon) 00:37 | EDIT | REPLY |   

yoshimi  

ハフらしい演奏です

takataka様、こんばんは。

スクリャービンとヤナーチェクというのは、面白いカップリングですね。
ハフはスクリャービンを以前録音していたので、レパートリーには入っているのでしょう。
あまりオドロオドロしくないスクリャービンかもしれませんが、ソノリティの美しさは堪能できるのではないかと思います。

ハフのヤナーチェクは初めて聴きましたが、試聴した限りでは、フィルクスニーとアンスネスの録音を聴き慣れていたので、ちょっと違う感じはしました。
民俗性が薄いというのか、チェコの音楽風ではないような...。CDで全部聴けば、もっと違うところが出てきそうです。

2015/09/21 (Mon) 00:46 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment