スクリャービンの練習曲集&前奏曲集 

2015, 09. 26 (Sat) 18:00

アファナシエフのアルバム『Homages & Ecstasies』を試聴していて、初めて聴いたスクリャービンの《前奏曲集No.11》第10番
まるでヤナーチェクのピアノ曲を聴いているかのような旋律と和声。
ハフの新譜がスクリャービン&ヤナーチェクという珍しいカップリングなのは、この2人の作曲家に相通じるものがあるからなのかも...と思えてきた。

《前奏曲集No.11》の第2番と第4番は、スクリャービンのピアノ小品集の楽譜に収録されていたので、随分昔に練習したことがある曲。
アファナシエフのCDに収録されていたので、試聴していたらすぐに思いだした。
スクリャービンのピアノ独奏曲には好きな曲が結構多い。
前奏曲集や練習曲集などの初期(Op.29まで)は、後期ロマン派的な作風で、”激情と密やかさが交錯した濃密な情感漂う”ショパンみたいに聴こえる。
旋律も和声も色彩感豊かで甘美だけれど、ショパンの”甘さ”とは違って、(私には)まとわりつくような甘さではなく。
特に好きなのは、《12の練習曲Op.8》の第12番。

Sviatoslav Richter plays Scriabin Préludes Op. 11 (selection)
No.10(6:39~)



スクリャービンの演奏で名高いヴラディーミル・ソフロニツキーの音源。
柔らかな弱音と妖艶で濃密な情感漂うリヒテルよりも、(リマスタリング音質のせいか?)鋭く研ぎ澄まされた硬質なタッチ。
濃密だけれどガラスのように冷んやりとした叙情感がある。

Vladimir Sofronitsky plays Scriabin 20 Preludes from 24 Preludes Op. 11



《12の練習曲 Op.8》第12番
若い頃のキーシンが渾身の力を込めた演奏は、ダイナミックで激情ほとばしる熱演。

Scriabin Etude op 8 no 12 by Evgeny kissin




《5つの前奏曲 Op.16》第4番
イーゴリ・ジューコフの音源。ギレリス、ゲンリフ・ネイガウスに師事した人で、2回録音したスクリャービンのピアノ・ソナタ全集は有名らしい。

Scriabin - 5 Preludes Op 16 - IGOR ZHUKOV
(at 6:55 ) Prelude No 4 in E flat Minor



《3つの小品 Op.2》第1番「練習曲」
ギレリスというと、ロシア物ではチャイコフスキーとプロコフィエフのイメージが強かったのだけど、調べてみたらスクリャービンも録音していた。

Gilels plays Scriabin: Etude op.2 no. 1


タグ:スクリャービン リヒテル ソフロニツキー キーシン ギレリス

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。

2 Comments

木曽のあばら屋  

「前奏曲」最多作曲家?

こんにちは。
スクリャビンの前奏曲は、綺麗な曲が多いですね。
ところで、音楽史上最も多くの「前奏曲」を書いた作曲家は
スクリャビンではないかと思っているのですが、さて・・・?

2015/09/26 (Sat) 22:33 | EDIT | REPLY |   

yoshimi  

そのとおりかも...

木曽のあばら屋様、こんばんは。

バロック時代の前奏曲(とフーガ、トッカータなどのセット)やコラール前奏曲を除けば、単独の前奏曲としては、スクリャービンが最も多作家なのかもしれませんね。

2015/09/27 (Sun) 00:01 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment