*All archives* |  *Admin*

Panasonic スモーク&ロースター けむらん亭
Panasonicが新発売した「スモーク&ロースター けむらん亭」。
マイコン制御のフィッシュロースター「おさかなけむらん亭」に、スモーク機能を追加した製品。
スモーク専用鍋は多数あるけれど、マイコン式スモーカーは今まで見たことがない。

Panasonic スモーク&ロースター けむらん亭 ブラウン NF-RT1000-TPanasonic スモーク&ロースター けむらん亭 ブラウン NF-RT1000-T
(2015/7)
パナソニック(Panasonic)

スモーク&ロースター けむらん亭 NF-RT1000[パナソニック公式サイト]

燻製時は加熱時間を設定するだけで、あとは機械におまかせ。
コンロみたいに温度制御がでいないので、熱燻専用。温燻・冷燻はムリ。半熟たまごの燻製は難しそう(燻製時間を短くしたらできるかも)
普通のスモーカーは、フタを取ると、燻し煙がモクモクを立ち上がるのに、「けむらん亭」は名前の如く、「オートクリーン」モード搭載で、除煙・脱臭する。
その仕組みは、「庫内ファンで煙を触媒フィルターへ誘導。触媒が有機物(油、煙、におい等)の酸化・分解を 加速して、無色・減臭の気体として外部に排出」。

価格は約2万5千円。
新発売なのでそのうち多少値下がりするだろうけど、スモーク専用鍋なら数千円~1万円くらい。

燻製だけが目的なら、今使っている専用スモーカー「ソト(SOTO) いぶし処 スモークポット」で十分用が足りている。
燻製の薫り自体は好きなので、煙が多少漏れて家中に立ち込めても、全然気にならない。

ロースター兼用と思えば、購買意欲が多少そそられるのだけど、今持っているアイリスオーヤマのセラミックロースター(ガスコンロで使う大きなグリルプレートみたいなもの)も月に数回使うだけ。
それも、焼きそば、焼き芋、餃子とかが多いので、今のところ買い換える必要がない。
面白い製品でも、それほど頻繁に使わないので、(もっと安くならない限り)たぶん買う気にはならない。


<試用レポート>
煙らない&ニオイも少ないって本当? 燻製作りの難易度と実力を徹底検証!!部屋で燻製が作れる“世界初”のロースター「けむらん亭」を使ってみた![価格.comマガジン]
燻製するとムラ無く茶色く色づいて、出来上がりはかなり良さそう。
「ニオイはするが、煙はまったく視認できず」ということなので、やっぱり臭いは漏れるらしい。
どのみち、燻製したものを取りだせば、臭いが室内に多少漂うのは、防ぎようがないけど。
ロースターとして使うとすると、下側についているシーズヒーターでは、上面ほどに焦げ目がつかないらしい。
魚とか肉を両面こんがり焼こうとすると、途中で裏返さないといけないのかも..。(電気式ロースターってそういうものなんだろうか?)

Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

愛聴するのはベートーヴェンとブラームス、それにバッハ。ロマン派ならリスト。​さらに現代(20​世紀)の音楽を探検中。特に好きなのはピアノ音楽(ソロ、コンチェルトに室内楽)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなピアノ曲:ベートーヴェン/ピアノ・ソナタ第30・31・32番,ピアノ協奏曲第3番&第4番。ブラームス/ピアノ協奏曲第1番&第2番、ヘンデル変奏曲、後期ピアノ作品集。バッハ:パルティータ、フランス組曲、イギリス組曲

好きなヴァイオリン曲:バッハ・ベートーヴェン・ブラームスのヴァイオリンソナタ(ピアノ&ヴァイオリン)、シベリウス/ヴァイオリン協奏曲

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿と思われるコメントや、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。