2015_12
16
(Wed)18:00

今年のクリスマスに聴きたい曲 ~ ブゾーニとレーガー、バッハのピアノ編曲 

来年メモリアルイヤーを迎える作曲家のクリスマス曲を探してみると、すぐに見つかったのは、ブゾーニとレーガーの2曲。

ブゾーニ/Nuit De Noel(ノエルの夜)
深々と雪が静かに降るクリスマスに、雪の精が舞っているかのように幻想的。

Busoni Nuit De Noel



レーガー/Weihnachtstraum(クリスマスの夢)(”Aus der Jugendzeit, 20 Pieces Op.17 (1898)”の第9番)
”きよしこの夜”をピアノソロに編曲したもの。巨漢レーガーがこんなに可愛らしい曲を書いていたというのが、彼の写真から連想するイメージとずれていて、ちょっと面白い。

クリスマスの夢(ピアノ独奏:渡辺泉)



クリスマス向けのピアノ曲があまり見当たらなかったので、例年どおりバッハのピアノ編曲版のうち、クリスマスにぴったりの曲を3曲。

ジロティ編曲「G線上のアリア」
Johann Sebastian Bach "Air on the G String", BWV 1068 | Alessio Bax

Youtube上では、ランランの演奏のアクセス数が最多。(私には情緒過剰すぎて、もたれる)

ヘイミッシュ・ミルンの《バッハ編曲集》(hyperion盤)の演奏の方が私にはぴったりくる。

Bach Piano Transcriptions, Vol.5: Russian Transcriptions - Goedicke, Kabalevsky, Catoire & SilotiBach Piano Transcriptions, Vol.5: Russian Transcriptions - Goedicke, Kabalevsky, Catoire & Siloti
(2005/06/14)
Hamish Milne

試聴する(hyperionサイト)




アンダンテ(ジロティ編曲)

無伴奏ヴァイオリンソナタBWV1003の”Andante”は、フランク・ペーター・ツィンマーマンのアンコール曲の定番。
ジロティのピアノ編曲はほのぼの~と暖かい。

Bach-Siloti - Andante from the Violin Sonata BWV 1003 (Alessio Bax, piano.)



高橋悠治編曲「Erbarme dich mein Gott/憐れみ給え、わが神よ」(《マタイ受難曲》より)
合唱で聴くときは、カウンターテナー、マイケルチャンスの独唱。
ピアノ編曲版があるのを最近まで知らず、教えていただいて聴いてみたら、独唱と同じくらいに素敵。
今では独唱よりもピアノソロで聴くことのほうが多いかも。

Bach/ Erbarme dich mein Gott


プレイズ・バッハプレイズ・バッハ
(2000/05/24)
高橋悠治

試聴ファイル(HMV)




<過去記事>
ヘイミッシュ・ミルン ~ ロシアのバッハ・ピアノ編曲集
高橋悠治 『Yuji Plays Bach』

タグ:ブゾーニ レーガーバッハ ジロティ ミルン 高橋悠治

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。

2 Comments

passo  

暖冬ですが、「ノエルの夜」も「クリスマスの夢」も、どちらの曲も雪が降ってくるようです。
ピアノの高い音というのは、雪の舞う音や、星の瞬きなども表せますね。
「クリスマスの夢」 ろうそくを灯すと天使が回る置物、そういえばあったなぁ…と、
子供の頃を思い出しました。

2015/12/16 (Wed) 20:56 | EDIT | REPLY |   

yoshimi  

 

passoさん、こんばんは。

こちらは毎年雪が降ることはほとんどないので、音楽を聴いて雪のクリスマス気分..というところですね。
「ノエルの夜」は、編曲物とは違って、晩年のブゾーニらしい幻想的な和声が綺麗です。
「きよしこの夜」も、合唱よりもピアノで聴くほうが高音が綺麗でいいですね。

クリスマスの思い出というと、あまり記憶がないのですが、子供の頃に目が覚めると、お菓子がたくさん入ったサンタクロースの大きな靴下が、ベッドの脚にぶら下がっていたのを思い出します。
毎年、あの靴下のお菓子とチョコレートをたっぷり使ったクリスマスケーキを食べるのが楽しみでした。
と書いていたら、久しぶりにチョコレートケーキを食べたくなってきました。

2015/12/17 (Thu) 01:12 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment