ローカルなお店の話題 

2015, 10. 10 (Sat) 18:00

パンとおやつは、ほとんど自家製なので買うことはあまりないけれど、評判の良いお店があると、味見のために時々買っている。

最近見つけたのは、ちょっとお洒落で美味しい小さなブーランジェリ「Les pains favoris(レ パン ファボリ)」。
レ パン ファボリ (Les pains favoris)[PAN POTA!]
パンとお店と“私”のストーリー/Les pains favoris 店主 石原 純子さん[PAN POTA!]
Les pains favoris レ パン ファボリ - Facebook

百貨店に入っているベーカリーショップのようなシンプルで洒落た雰囲気の店内に食パン、惣菜パン、菓子パンが少しずつ並べられている。
価格はあまり高くはないけれど、全体的にパンは小ぶり。
合成添加物無添加らしく、天然酵母パンも数種類。
この界隈で天然酵母パンを作っているベーカリーは少ないので、ちょっと珍しい。

私が買ったのは、北海道産小麦使用の天然酵母食パンと、バケットトラディション(ハーフサイズ)。
自家製天然酵母を使ったらしき食パン(1斤)は、天然酵母独特のしっとりした食感と風味があり、結構重みもあって、300円(税抜)とかなり安い。
天然酵母食パンは、500円前後くらいのをよく見かけるので、これはとってもお買い得。

バケットトラディション(ハーフサイズ)は、120円(税抜)。くるみ入り(ハーフサイズ)は170円。
風味も味もしっかりしていて美味しい。ホームベーカリーで焼くフランス風食パンよりも、当然のこととはいえ、はるかに美味。
やっぱりフランスパンは、きちんと作っているベーカリーショップの焼き立てを買うのが一番。(袋入りのフランスパンは、1本300円以上する石窯焼きで材料が良くても、風味も味も弱くて全然美味しくない)
重さが100gもなくて小さめ。もう少し重かったら嬉しいけど。


                             

大判焼といか焼のお店「しんたろう」。
京阪電鉄の広報誌に載っていたし、行きつけの美容院のオーナーと美容師さんもオススメのお店。
たこ焼きやお好み焼きを店先で焼いている町の個人商店はほとんど消えてしまったけれど、安くて美味しいので、ず~っと昔から繁盛しているらしい。(たぶん私が子供だった頃から)
お客さんが次々とやって来るので、お店の前に数人待っている。
近くの住民だけでなく、まとめ買いしている会社員風の人もいた。

大判焼80円、いか焼(卵なし)100円、いか焼(卵あり)150円。
大判焼の餡は、かなり柔らかい粒餡。皮は三笠風にやや薄め。(私は「御座候」の回転焼風の皮が厚くて餡も固いのが好きだけど)
いか焼の生地は薄くてもちもち。(たぶん片栗粉を入れていると思う)
有名な阪神百貨店のいか焼きと比べて、ずっと安くて、この味ならお買い得。

散策マップ[京阪電車の沿線情報誌「K PRESS」2015年11月号]
しんたろう[食べログ]
しんたろう いか焼き、他[千林商店街あれこれ日記]

0 Comments

Leave a comment