*All archives*



クリスマスに聴きたいジャズ
クリスマスには全然関係ないけど、クリスマスになると聴きたくなってしまうジャズのピアノソロとピアノトリオがいくつか。
クラシックなら明るい曲の方が好きだけど、ジャズになるとなぜか哀感漂う曲を聴きたくなる。


クールで清々しくて、とてもロマンティックな”Sunday Song”
バイラークの硬質で澄んだピアノの音が美しくて素敵。

Sunday Song Richie Bairach




お酒が良く似合うムーディで渋いバラード”You Don't Know What Love Is”

John Coltrane - You Don't Know What Love Is




クリスマスの夜にひとり静かに過去の追憶するなら”We Will Meet Again”

Bill Evans We Will Meet Again (Piano Trio)

タイトルは、”We Will Meet Again”なのだけど、この曲は録音した年に亡くなり二度と会うことはないエヴァンスの兄ハリーに捧げられている。
ピアノソロバージョンもあるけれど物悲しすぎて、このピアノトリオの方が。哀しいけれどほんの少しだけ明るい。



最後は新しい年に向けた期待のようにポジティブで明るい”Hope”

Lars Jansson Trio - Hope

tag : エヴァンス ヤンソン バイラーク コルトレーン

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。
Secret
(非公開コメント受付中)

yoshimiさん、おはようございます。
だいぶ前に、yoshimiさんの記事を読んで聴いてみたくなって求めたのが
ラーシュ・ヤンソンのアルバム「hope」でした。希望と幸福感に満ちた音楽
ですよね。おかげさまで、お気に入りの曲、アルバムとなっていますよ。

今回聴いてみて、いいなーと思ったのがバイラークの「Sunday Song」です。
バイラーくの硬質で澄んだ音色は、冬のひんやり冷たい空気のよう。素敵ですね。
これからまたゆっくり聴いてみたいと思ってます。
 
ANNAさん、こんばんは。

ヤンソンの「hope」、お気に召して何よりです。
タイトルどおり、いつ聴いても気持ちがポジティブに明るくなる曲ですね。

バイラークの「Sunday Song」は、若い頃のECM時代の録音です。
音色がキース・ジャレットに少し似ているような気はしますが、曲はキースのような理屈っぽさみたいなところがなくて聴きやすいです。
この曲は、ECMのソロアルバム『ヒューブリス』に収録されていますが、どちらかというと”Leaving”の方が好きですね。
ピアノ・トリオなら、クラシックをモチーフにしたアルバム『Round About Bartok』と『哀歌』が出ていますが、アレンジがかなり凝ってますので、ジャズとして楽しめます。
Youtubeにも音源がいくつもありますが、同じ曲名でもアレンジが違っていて、CDの演奏とは違うこともあります。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。