*All archives* |  *Admin*

【新譜情報】ブッフビンダー ~ バッハ/パルティータとイギリス組曲
レコ芸の新譜レビューで取り上げられていて興味を惹かれたのは、ブッフビンダーが録音したパルティータ第1番&第2番、イギリス組曲第3番というバッハ作品集。

試聴してみると、ペダルを多用したピアノの豊かな残響が柔らかく、音楽に流麗さ漂うところは、バロック音楽というよりはロマン派に近くも思える。でも、情感自体は全体的にあっさり。
(若い頃とは違う)今のブップビンダーのベートーヴェンのピアノ・ソナタを聴いた時と同じように、自由で開放的な雰囲気がある一方で、タッチが精緻で表現が繊細...という印象ではなかった。(ちょっと”粗い”というか何と言うか...)
バッハ奏法上の面白さ(対位法や音色の色彩感とか)や斬新さが際立っているいうわけでもなく(少なくとも私にはわからなかった)、ソノリティが綺麗かなと感じる以外には、強く魅かれる何かが私には感じられなかった。
好みの問題もあるとはいえ、もともとブップビンダーとは相性悪いのかも...。


バッハ・アルバムバッハ・アルバム
(2013/3/5)
ルドルフ・ブッフビンダー

試聴する

tag : バッハ ブッフビンダー

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます
Secret
(非公開コメント受付中)

こんにちは。

ブッフビンダーのベートーヴェンは、ソナタ全集は未聴なのですが、バガテル集を持っています。ブレンデルのまったり系?の演奏も好きですが、こちらも溌溂としたエネルギッシュな演奏で気に入っています。彼のハイドン全集も気になっているのですが、ネット上を見ていると賛否両論真っ二つですね。少し聴いた感じだと、アゴーギクやディナーミクがケレン味がかっているというか、良くも悪くもピアニスティックな演奏という印象でした。ハイドンはもっとシンプルで素朴な演奏の方が好き、という方が多いのかもしれません。

バッハもまだ聴いていないのですが、彼も今年で70歳ですし、やはり技巧的には衰えがあるのかもしれませんね。パルティータやイギリス組曲も、もっと若い頃に録音していたら、また違った演奏になっていた可能性は大いにあると思います。
 
かかど様、こんばんは。
若い頃のブップビンダーのベートーヴェンはいくつか聴きました。
演奏自体は好きではありませんが、隅々まで切れ味鋭い怜悧な演奏で完成度が高く思えました。
でも、今聴き直してみると、過度な感情移入を排して、シャープで曖昧さがなく隙のないように感じますが、それが爽快で気持ちよいですね。
こういうベートーヴェンなら全集で聴きたい気がしてきました。
2012年にリイシュー盤の独奏曲全集が出ていますので、そのうち買うかもしれません。

今のブッフビンダーの演奏は、技巧的な問題が気になるというよりも、頻繁に揺れるテンポとか、歌い回しや表現が私にはどうも合わないようです。
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

愛聴するのはベートーヴェンとブラームス、それにバッハ。ロマン派ならリスト。​さらに現代(20​世紀)の音楽を探検中。特に好きなのはピアノ音楽(ソロ、コンチェルトに室内楽)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなピアノ曲:ベートーヴェン/ピアノ・ソナタ第30・31・32番,ピアノ協奏曲第3番&第4番。ブラームス/ピアノ協奏曲第1番&第2番、ヘンデル変奏曲、後期ピアノ作品集。バッハ:パルティータ、フランス組曲、イギリス組曲

好きなヴァイオリン曲:バッハ・ベートーヴェン・ブラームスのヴァイオリンソナタ(ピアノ&ヴァイオリン)、シベリウス/ヴァイオリン協奏曲

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿と思われるコメントや、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。