2016_03
29
(Tue)18:00

【新譜情報】ペーター・レーゼル『ピアノ名曲小品集2』 

ペーター・レーゼルの『 ピアノ名曲小品集2』が6月にリリース予定。
Vol.1と同じく、収録曲目だけ見ると、購買意欲があまり刺激されない。
好きな曲はバッハの「イギリス組曲」、その他に聴きたいと思うのがドビュッシーの「沈める寺」、スクリャービン「プレリュードとノクターン」くらい。
でも、試聴ファイルを聴けば、やっぱりCD買ってしまうような気がする。

前回に引き続き今回の小品集でも、あえてブラームスを外したとしか思えない。
ロマン派では、シューマン、ショパン、メンデルスゾーンにチャイコフスキーやドヴォルザークまで入っているから、普通ならブラームスを1曲くらいは録音するはず。
やはりブラームスのピアノ作品集を再録音する計画があるのでは?(と勝手に期待している)

 ピアノ名曲小品集2(仮) SACD
2016年6月1日
ペーター・レーゼル

試聴ファイルなし


<収録曲目>
メヌエットK.1(モーツァルト)
イギリス組曲第3番~ガヴォット (J.S.バッハ)
ロンドop.51-2 (ベートーヴェン)
ワルツ第6番変ニ長調op.64-1「子犬のワルツ」 (ショパン)
無言歌op.19-1 (メンデルスゾーン)
ロマンスop.28-2 (シューマン)
四季op.37b~11月 トロイカで (チャイコフスキー)
即興曲ロ長調D.935-3 (シューベルト)
楽興の時ハ長調D.780-1 (シューベルト)
ユーモレスクop.101-7 (ドヴォルザーク)
舟歌ト短調op.65 (アルカン)
沈める寺 (ドビュッシー)
民謡の旋律による3つのロンドBB.92~第1番 (バルトーク)
華麗なロンド変ホ長調op.62 (ウェーバー)
左手のための2つの小品op.9 プレリュードとノクターン (スクリャービン)
(SACDハイブリッド、2016年3月録音)

タグ:レーゼル

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。

2 Comments

ANNA  

yoshimiさん、こんばんは。

ドビュッシーの沈める寺が好きなので、レーゼルはあの曲をどんなふうに弾くのかな〜聴いてみたい〜と興味津々です。

2016/03/29 (Tue) 19:59 | REPLY |   

yoshimi  

 

ANNAさん、こんばんは。

レーゼルは旧東ドイツ時代にドビュッシーをCD1枚分録音してます。
明晰なタッチとクリアな音が綺麗なのですが、ドイツ風(?)とでもいうか、ちょっと生真面目で歌い回しが硬く感じました。
その録音から数十年経ちますので、今度はちょっと違ったドビュッシーを聴かせてくれるかもしれません。

2016/03/30 (Wed) 00:21 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment