2016_04
01
(Fri)09:00

ヨゼフ・スーク ~ ドヴォルザーク/4つのロマンティックな小品 

ドヴォルザークの《4つのロマンティックな小品》の第1番を聴いていると、雪解けの後に滔々と流れる川の情景が浮かんでくる。
トットコトットコと弾むような足取りのピアノと滑らかで息の長いレガートなヴァイオリンの旋律との対照的な動きが、優美で躍動的。
爽やかで期待に満ちたような明るさが春や初夏の季節に似合っている。

この曲を聴くときは、いつもスークのヴァイオリンで。
スークのスタジオ録音は2種類あり、ピアノ伴奏がホレショフ(1971年)とハーラ(90年)。有名なのは71年盤。
Youtubeにあるライブ音源は、ピアノ伴奏がパネンカとフィルクスニー。
パネンカがピアノ伴奏している演奏会のピアノはチェコ製「PETROF」。スークのCDジャケットの写真に写っているピアノにも、「PETROF」というロゴが映し出されていることがある。
このライブ演奏では、スタジオ録音よりも速めのテンポで強奏時のタッチが鋭く、特に第2番ははるかに激しいタッチでパッショネイト。
最後の第4番は哀感漂い叙情美しい曲。

演奏場所の豪華絢爛なホールは、9世紀に建造されたプラハ城のスペイン・ホール(Španělský sál)。
プラハ城は世界でもっとも大きな城の複合建築の一つで、スペイン・ホールは16世紀に建設されたという。

Dvořák Romantické kusy No. 1 and 2 , Josef Suk & Jan Panenka


Dvořák Romantické kusy No. 3 and 4 , Josef Suk & Jan Panenka




ついでに、スークの演奏するヴァイオリンの名曲《ユモレスク》。
《ユモレスク》自体は特に好きな曲ではないけれど、スークの演奏で聴くといい曲だなあと思う。

Josef Suk, A. Dvorak Humoresque




とても珍しい曲は、ヤン・イルジー・ベンダの《ヴァイオリン協奏曲ト長調》より「グラーヴェ」(編曲:Thuri)(1992)
ベンダはチェコの作曲家。ベンダ家は1700年代に有名な作曲家や器楽奏者を輩出した音楽家一族。
スークはベンダ・ファミリーの『協奏集』をNAXOSに録音している。
「グラーヴェ」は、バッハの無伴奏ヴァイオリンソナタ第2番第3楽章アンダンテにちょっと似た旋律が出てくる。

Josef Suk plays Grave by Jan Benda



<スークのヴァイオリン名曲集>
スークはヴァイオリン名曲集をLotosと Supraphonに多数録音している。
輸入盤は廃盤が多く、その音源を抜粋した国内盤が2種類出ている。
今でも新譜で入手できるのが、DENON盤の『タイスの瞑想曲~ヴァイオリン名曲集』。
このアルバムにベンダ《協奏曲ト長調》の「グラーヴェ」が収録されている。

タイスの瞑想曲~ヴァイオリン名曲集タイスの瞑想曲~ヴァイオリン名曲集
(2010/12/22)
ヨゼフ・スーク(ヴァイオリン)、ヨゼフ・ハーラ(ピアノ)

試聴ファイル
 


ビクターの国内盤(たぶん廃盤)は、DENON盤と一部曲目が重複しているけれど、こちらの方がポピュラーな名曲が多い。
少しエコーがかったような響きで、ヴァイオリンの音色が伸びやかでよく鳴っていて、スークの美音にうっとり。

愛の挨拶/夢のあとに ベスト・オブ・ヴァイオリン名曲愛の挨拶/夢のあとに ベスト・オブ・ヴァイオリン名曲
(2002/2/21)
スーク(ヨゼフ), ハーラ(ヨゼフ)

試聴ファイル
 


DENONからは『、ドヴォルザーク:ヴァイオリンとピアノのための作品全集』も出ている。
《4つのロマンティックな小品》は、昔からこのCDを聴き続けているので、他のヴァイオリニストの演奏だとどうもしっくりこない。

ドヴォルザーク:ヴァイオリンとピアノのための作品全集ドヴォルザーク:ヴァイオリンとピアノのための作品全集
(2010/9/22)
ホレチェク(アルフレート)、 スーク(ヨゼフ)

試聴ファイル
 

輸入盤の『ドヴォルザーク:ヴァイオリンとピアノのための作品集』は、ヨゼフ・ハーラのピアノ伴奏。
1995年の録音で、若い頃のDENON盤よりもタッチと音がまろやかで、肩の力が抜けたように和やかなところがある。

ドヴォルザーク:ヴァイオリンとピアノのための作品集  (Dvorak,A.  Violin Sonata, Romantic Pieces,Sonatina, Nocturne, Ballad/Suk/Hala)ドヴォルザーク:ヴァイオリンとピアノのための作品集 (Dvorak,A. Violin Sonata, Romantic Pieces,Sonatina, Nocturne, Ballad/Suk/Hala)
(2002/02/06)
Josef Suk , Josef Hala

試聴する


<過去記事>
スーク ~ スメタナ・ドヴォザーク・スーク/ヴァイオリンとピアノのための作品集
スーク ~ ドヴォルザーク/ヴァイオリンとピアノのためのソナチネ

タグ:スーク ドヴォルザーク

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。

0 Comments

Leave a comment