シンガポールの伝統食品「カヤジャム」

2016.04.27 18:00| ・ お菓子づくり
ココナッツミルク、卵そして砂糖で作られるシンガポール名物の「カヤ」。日本では「カヤジャム」という名前の方がポピュラー。
現地では、トーストした食パンにバターとカヤジャムをたっぷり塗って食べるのが定番らしい。

甘すぎる!?それでも、やみつきになるシンガポールの“カヤトースト”

たまたまカルディで「メイヤーインターナショナル シンガポールカヤ(パンダンリーフ)」がセール中だったので、お試しで購入。
このカヤジャムは、amazonでは取り扱いがなく、ケンコーコムで販売中。


メイヤーインターナショナル シンガポールカヤ(パンダンリーフ) 220g[ケンコーコム]
E451226H_M2.jpg


パッケージは、一番有名なラッフルズホテルのカヤジャムにそっくり。味も似ているんだろうか?

一口食べてみると、白いんげん(手坊豆)と栗で作ったココナッツミルク風味の白餡クリーム....みたいな味と食感。
私好みの味でとっても美味しい。
原材料は、砂糖、ココナッツミルク、卵、パンダン果汁、増粘剤(加工でん粉)、カラメル色素、香料。定価が高いわりには、着色料や香料が使われているところが▲。
ラッフルズホテルの高級品や少し安めのAYAMのカヤジャムは、そういう添加物は不使用。

パンダンは、「アジアのバニラ」と言われるタコノキ属の植物。
甘い香りがするニオイタコノキ=バンダンの葉は、料理の香りづけのため、飯・カレー料理から、カヤ(カヤジャム)、パンダンケーキなどのデザートなどに使われている。
マレーシアおもしろ図鑑/なぜ多い?緑色のデザート

このジャムの瓶には、成分表示が貼られていないので、カロリー・炭水化物の量がわからない。
ココナッツミルクは糖質が少ないし、普通のジャムよりほどに甘くはないとはいえ、材料中砂糖が一番多いので、100g中50gくらいは炭水化物だと思っておいたほうが無難。

購入したカヤジャムには、バンダンリーフが使われているので、黄土色。バンダンリーフを入れなければ、褐色になる。
バンダンリーフを除けば、自分でも簡単に作れる。
普通のジャムと違って、10~15分くらい煮詰めると出来上がり。
沸騰すると分離するようなので、煮立てないように弱火で煮詰める。
市販ジャムの材料には、タピオカでん粉や増粘剤が使われているので、片栗粉や米粉を混ぜた方が良いのかも。

カヤの作り方[シンガポール日本人学校の記憶 - So-net]
材料は、卵、ココナッツミルク、砂糖だけ。

カヤジャム&カヤトーストを作ろう! [cookpad]
全卵1個の代わりに、卵黄2個で作ると濃厚なジャムに。

カヤジャム [cookpad]
「シンガポール人の先生に習ったレシピ」で、片栗粉使用。


試しに、ココナッツミルク100cc、全卵1個、砂糖40gでカヤジャムを作ってみた。
ジャム状になってから裏ごししたのに、市販品のように滑らかにならず、もこもことした塊が残る。
出来上がったカヤジャムを食べると、固まったままのココナッツミルクの粒が残っているようなので、ココナッツミルクが固まっていたまま、卵と混ぜたのが良くなかったのかも。
食感が滑らかになるかもと思って水溶き片栗粉(5ccくらい)も投入してみたけれど、あまり変わらない。
逆に、片栗粉が入ると、冷蔵庫で固まってしまったので、入れない方が良かった。
それに、滑らかさに欠けているのは煮詰めすぎ(20分以上は加熱していた)が原因のような気がする。
味はココナッツミルク風味の固まったカスタードクリーム風で、これはこれで美味しい。
でも、購入したカヤジャムの方が食感も滑らかで、バンダンリーフの風味があって、ずっと美味しい。

コメント

yoshimiさん、こんばんは。
カヤジャム、私は初めてなのですが美味しそうです。
私、トーストした食パンにバター、ジャムを重ねて塗って食べるのが好きなんです。カヤジャムも食べてみたいな。
カルディ、見ているだけでも楽しいですよねー。ちょくちょくのぞいてます。

 

ANNAさん、こんばんは。

カヤジャムは、ジャムだけ食べてもとても美味しいです。
芋餡・マロン餡・白餡などがお好きなら、かなりおすすめです。
トーストに塗る場合は、かなりたっぷり使わないと、ジャムの味がしっかり味わえないように思いました。
バターと一緒に食べる方が、カロリーかなり高いですが、美味しいです。
すぐに食べ切ってしまいそうなので、もう1個追加購入しました。

わたしが買ったカヤジャムは、カルディが常時販売しているカヤジャム(ハイズ)とは違う製品です。
臨時に入荷したので、200円くらいでセール中とお買い得でした。
私もよくカルディに行くのですが、ほんとに楽しいですね。
お気に入りの商品がたくさんあるので、ついつい買ってしまいます。
ボンヌママンのマロンクリームも大好きなジャムです。

親戚からもらった手づくりイチジクジャムがほんのり小豆風味みたいな味で、これも気に入りました。
アオハタのイチジクジャムを買ってみましたが、こっちはちょっと味が薄いですね。
イチジクが出回る頃に、もっと濃厚なイチジクジャムを作ってみようかと思ってます。
非公開コメント

◆カレンダー◆

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

◆ブログ内検索◆

◆最近の記事◆

◆最近のコメント◆

◆カテゴリー◆

◆タグリスト◆

マウスホイールでスクロールします

◆月別アーカイブ◆

MONTHLY

◆記事 Title List◆

全ての記事を表示する

◆リンク (☆:相互リンク)◆

◆FC2カウンター◆

◆プロフィール◆

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

◆お知らせ◆

ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿と思われるコメントや、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。