ドミトリー・マスレエフ ~ バッハ/プレリュードとフーガ BWV848 

2016, 06. 19 (Sun) 13:30

昔からコンクールには興味がないので、最近のチャイコフスキー国際コンクールの優勝者が誰か全然知らなかった。
伊熊よし子さんのドミトリー・マスレエフに関するブログ記事を読んで、ちょっと興味を惹かれたので、Youtubeでバッハの《平均律曲集第1巻BWV848》ライブ演奏を聴いてみた。(バッハに限らず、CDがまだ出ていない)

ドミトリー・マスレエフ[伊熊よし子のブログ]

明瞭で切れの良い打鍵と線のしっかりした音で、硬軟・強弱の起伏が大小とりどりに散りばめられ、構成感とスケール感があって、物語を聴いているようにとても表情豊かなバッハ。
弱音や緩徐部分でも、タメを入れたり淀んだりして、情感過剰にならないのが私の好みと合うところ。
あまり好きではない平均律集でも、他の曲ならどう弾くのか聴きたい気になるくらい。
コンクール時に弾いたベートーヴェンの《告別ソナタ》やプロコフィエフの《ピアノ協奏曲第3番》も楽しんで聴けた。
いつかバッハやベートーヴェンなど好きな曲を録音したCDがリリースされることがあれば、聴いてみたいと思うピアニスト。

Bach. Prelude and Fugue in С-sharp major, Book 1, BWV 848 Дмитрий Маслеев / Dmitry Maslee




リサイタル/バッハ、ベートーヴェン、リスト、ショパン、ラフマニノフ
Конкурс Чайковского 2015. Фортепиано. I тур. Дмитрий Маслеев / Dmitry Masleev


プロコフィエフ/ピアノ協奏曲第2番。
#TCH15 - Winners Concert I: Dmitry Masleev



タグ:マスレエフ

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。

2 Comments

かかど  

こんにちは。

マスレエフは私も初めて聴きましたが、非常に良いピアニストですね。テクニックも音色の美しさも素晴しい。これだけ音色が綺麗だと、スタジオ録音ではかえって良さがスポイルされてしまうかも…と思うほどです。

実は私は平均律はあまり好きではないのですが(ショスタコーヴィチの24の前奏曲とフーガの方がずっと好きです)、彼の演奏なら全曲聴いてみたい、と思わせるだけの説得力がありますね。ただ上手いだけではなく、バッハ的な構築性もしっかり感じられます。これは今後も要チェックのピアニストですね。

2016/06/20 (Mon) 20:07 | REPLY |   

yoshimi  

 

かかど様、こんばんは。

伊熊さんのブログ記事どおり、素晴らしい若手ピアニストですね。
最近のピアノコンクールの入賞者のなかで、CDを買って聴いたのはガヴリリュクくらいだったと思うのですが、マスレエフも聴いてみたいと思わせられました。

平均律は最後まで集中して聴くのに苦労するので、あまり聴かないのですが、今聴くとすれば、流麗な美しさのあるティル・フェルナーですね。(最近暑くて、重たい演奏を聴くのはちょっと避けたいので)
マスレエフなら、音・表情・構築感のバランスがとれた平均律を聴かせてくれそうな気がします。
パルティータとかを入れたバッハ作品集を録音して欲しいなあと思っています。

2016/06/21 (Tue) 00:15 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment