ほんのり甘いベビービーツ 

2016, 10. 06 (Thu) 18:00

「ビーツのピクルス」という真っ赤な色の瓶詰めをカルディで見かけて、どんな味なんだろう?と以前から興味があったビーツ。
歯のエナメル質には良くなさそうな酢漬け(ピクルス)は食べないので、買わなかったけれど、ベビービーツの水煮パックをイオンで見つけて、試しに1パック(6個入)買ってみた。

ほんのり甘くて、味自体はそこそこ美味しい。ニンジンやスイートコーンよりも糖分が多いのがよくわかる。
難点は、(土の中から掘り出したままのタケノコみたいな)土っぽい匂いがすること。
茹でると匂いは消えるかマシになるらしいけど、私の買った茹でビーツはそのままサラダに混ぜても、トマトシチューに入れて煮込んでも、どうも土っぽさが残っている。
でも、味はそこそこ気に入ったので、賞味期限は来年7月とストックしておけるし、3パック追加購入した。
ビーツを使うと、他の野菜やスープまで真っ赤に染まるので、サラダに混ぜるときは、一番最後にビーツを入れて混ぜない方が良い。

そういえば、「てんさい糖」の原料は、ビート(甜菜)。
ビート(甜菜)は、お店で売っているビーツ(テーブルビーツ、ベビービーツなど)の砂糖用品種(SUGAR BEET)なので、私の買ったビーツよりもさらに糖分の含有量が多い。

<ビーツについて>
ボルシチに不可欠な野菜、ビーツってな~に![辻調グループ/世界の料理]
「食べる輸血」って変なネーミングだけど、それほど血みたいに栄養豊富ということ。
ビーツの色は、真っ赤ではなく、赤紫色なので、鮮血よりも品の良い色合い。
ボルシチの定番野菜がビーツだとは全然知らなかった。そもそもボルシチ自体を食べたことがない。

テーブルビート/ビーツ:特徴や旬の時期[旬の食材百科]

コストコ人気のビートはどう扱う?レシピや効果まとめ[iemo]

0 Comments

Leave a comment