*All archives*



2017年にメモリアルイヤーを迎える作曲家
この時期になると、いつもチェックするのが、翌年メモリアルイヤーを迎える作曲家。
毎年、↓の2つのサイトで該当する作曲家を確認している。

クラシック作曲家生没記念年一覧

メモリアルの作曲家[クラシックの演奏会情報サイト「i-amabile(アマービレ)」]
暦年と、検索する暦年の間隔(10、50、100年単位)を設定して検索する。


2017年は知っている作曲家自体が少なく、名前を知っているのは、

●クラウディオ・モンテヴェルディ 生誕450年  (1567年 ~ 1643年)
●グラナドス 生誕150年  (1867年 ~ 1916年)
●テレマン 没後250年  (1681年 ~ 1767年)
●スコット・ジョプリン 没後100年  (1868年 ~ 1917年)
●コダーイ 没後50年  (1882年 ~ 1967年)
●エイミー・ビーチ 生誕150年  (1867年 ~ 1944年)

ピアノ作品に限れば、確実に聴いたことがあるのは、グラナドスくらい。
ラグタイムで有名なジョプリンは、たぶんどこかで曲を聴いたことはあるだろうけど、自分から進んで聴こうと思ったことはない。
ビーチは聴いたことはあるのだけど、曲は全然覚えていない。amazonの試聴ファイルで何曲か聴いてみたら、ブラームスを少し軽やかで優美にして、リストやショパンを融合したような、かなりロマンティックな作風。
結構好みに合いそうなので、NMLでもう少ししっかり聴いてみたくなってきた。

グラナドスの方は、CDはほとんど持っていないし、録音があったとしても、たまたまカップリング曲として収録されていただけ。
”スペインのショパン”と言われる作風が、ショパン苦手の私にはどうにも合わない。”スペインのドビュッシー”のアルベニスの曲は好きなんだけど。

グラナドスのピアノ作品で一番有名なのは、たぶん組曲「ゴイェスカス」(作曲年:1909~11年)。
全曲通して聴いたことはないので、ラローチャの音源で初めて聴いてみた。
もともと劇伴組曲とかスペイン舞曲風の曲があまり好きではない上に、煌びやかな旋律や和声が私の好みに合わないようなので、やっぱりグラナドスとは相性が悪い。

Goyescas (with El Pelele) - Enrique Granados - Alicia De Larrocha


第1部 1 .愛の言葉 / I No.1 "Los requiebros"
第1部 2. 窓辺の語らい / I No.2 "Coloquio en la reja"
第1部 3. ともしびのファンタンゴ / I No.3 "El fandango del candil"
第1部 4. 嘆き、またはマハと夜鳴きうぐいす / I No.4 "Quejas o la maja y el ruisenor"
第2部 5. 愛と死(バラード) / II No.5 "El amor y la muerte(Balada)"
第2部 6. エピローグ 「幽霊のセレナード」 / II No.6 "Epilogo 'La serenada del espectro'"
第2部 7. わら人形(ゴヤ風な情景) / II No.7 "El pelele - Escena goyesca"


[追記 2016.12.03]
過去のブログ記事をチェックすると、2年前にコダーイのピアノ作品集について書いていた。
そういえば、バルトークのピアノ作品をいろいろ聴いているときに、コダーイの作品もついでに聴いたような気がする。
でも、曲の方は全然覚えていないので、少しだけ聴いてみると、かなり渋~い作風で、バルトーク、ドビュッシー、ヤナーチェクを連想するようなところがあって、かなり相性は良さそう。

tag : グラナドス

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。
Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。